ポーリン・ベインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーリン・ベインズ
Pauline Baynes
Pauline Baynes.png
誕生 1922年9月9日
イギリスの旗 イギリス ホヴ
死没 2008年8月1日
職業 挿絵画家
ジャンル 児童文学
代表作 ナルニア国ものがたり」シリーズ
主な受賞歴 ケイト・グリーナウェイ賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ポーリン・ベインズPauline Diana Baynes, 1922年9月9日 - 2008年8月1日)は、イギリス挿絵画家ポーリン・ベーンズと表記されることもある。「ナルニア国ものがたり」の挿絵で知られる。

略歴[編集]

ポーリン・ダイアナ・ベインズは、1922年にイングランドホヴに生まれ、父親の赴任先だったインドで幼年期を過ごした。学校に通うために5歳の時にイングランドに戻り、15歳からファーンハムの芸術学校に2学期通った後、第二次世界大戦により中断されるまでスレイドの美術学校に通った。

戦後、駆け出しでまだ無名だったベインズは、「農夫ジャイルズの冒険」の挿絵画家としてJ・R・R・トールキンによって見出された。その後のトールキンとの親交がきっかけとなり、C・S・ルイスの児童文学「ナルニア国ものがたり」全7巻の挿絵を手がけることになった。また、ペーパーバック版のカバー絵や関連図書に描きおろしを提供し、1998年には元のモノクロだった挿絵に彩色をするなど、たびたびナルニアのイラストを手がけた。その他、100冊以上にのぼる著作にカバー絵・挿絵などのイラストを提供した。生涯精力的に作家活動をし、亡くなる数週間前まで作品を制作していたという。

1961年にドイツ人のフリッツ・ガッシュ(Fritz Otto Gasch, 1988没)と結婚、1度息子を授かったが死産だった。晩年、夫の戦前の妻との娘と家族になった。

2008年8月、サリー州の自宅にて85歳で亡くなった [1] [2] [3] [4] [5]

受賞作品[編集]

1968年のDictionary of Chivalry(「西洋騎士道事典」)と1972年のSnail and Caterpillar(「カタツムリのぼうけん」)で、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞した[6]

ベインズと著作者[編集]

夫とともにトールキンとは家族ぐるみの親交があった。これとは対照的に、ルイスと会ったのは2度だけである。ルイスはベインズに面しては作品を褒めたが、他では批判的な評価を語っていたという[7]。一方、「彼女(ポーリン・ベインズ)はジャック(ルイス)に彼女の挿絵が好まれていないと感じていましたが、実際にはジャックは彼女の作品がとても好きでした。」というルイスの義息ダグラス・グレシャムによる言及がある[8]

日本で出版された主な掲載作品[編集]

  • ナルニア国ものがたりシリーズ全7巻(岩波書店), C・S・ルイス【著】, 瀬田貞二【訳】
  • スペシャル エディション ナルニア国物語(岩波書店), C・S・ルイス【著】, 瀬田貞二【訳】
  • スペシャル エディション ライオンと魔女(岩波書店), C・S・ルイス【著】, 瀬田貞二【訳】
  • ナルニア国の住人たち(岩波書店), C・S・ルイス【原作】
  • ようこそナルニア国へ(岩波書店), ブライアン・シブリー【著】, 中村妙子【訳】
  • 小人たちの新しい家(岩波書店), メアリー・ノートン【著】, 猪熊葉子【訳】
  • ビルボの別れの歌(岩波書店), J・R・R・トールキン【著】, 脇明子【訳】
  • 星をのんだかじや(評論社), J・R・R・トールキン【著】, 猪熊葉子【訳】
  • 農夫ジャイルズの冒険(評論社), J・R・R・トールキン【著】, 吉田新一【訳】
  • 新版 西洋騎士道事典—人物・伝説・戦闘・武具・紋章(原書房), グラント・オーデン【著】, 堀越孝一【監訳】
  • どうぶつのくらしシリーズ の一部(偕成社), イリアン・ロールス【著】, 東明【訳】
    • 6. キアゲハ
    • 7. マルハナバチ
    • 8. カエル
    • 9. マガモ
  • 昆虫おはなし絵本シリーズ (偕成社), ヘレン・ピアーズ【著】, 小田英智【訳】
    • 1. カタツムリのぼうけん
    • 2. チョウとヤブキリ

注釈[編集]

  1. ^ PAULINE BAYNES: QUEEN OF NARNIA AND MIDDLE-EARTH, BRIAN SIBLEY : the blog, Brian sibley, 4 August 2008.
  2. ^ Pauline Baynes: Illustrator who depicted Lewis's Narnia and Tolkien's Middle-earth, The Independent, Brian sibley, 6 August 2008.
  3. ^ Pauline Baynes, The Guardian, David Henshall, 6 August 2008.
  4. ^ Pauline Baynes: artist and illustrator of Narnia and Middle Earth, Times Online Obituariy, 9 August 2008
  5. ^ Pauline Baynes, Telegraph.co.uk, 8 August 2008.
  6. ^ Books and Writers - Greenaway, Kate Medal Winners
  7. ^ The Woman Who Drew Narnia: Pauline Baynes, WEEKEND TELEGRAPH, Charlotte Cory, 19 September 1998.
  8. ^ BookPage Interview March 1999: Douglas Gresham, BookPage, Miriam E. Drennan, March 1999.

外部リンク[編集]