シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルク・ドゥ・ソレイユ3D
彼方からの物語
Cirque du Soleil: Worlds Away
監督 アンドリュー・アダムソン
脚本 アンドリュー・アダムソン
製作 マーティン・ボルダック
アンドリュー・アダムソン
アーロン・ワーナー英語版
製作総指揮 ジェームズ・キャメロン
ジャック・メーテ
ケイリー・グラナット
エド・ジョーンズ
出演者 エリカ・リンツ
イゴール・ザリポフ
音楽 スティーヴン・バートン英語版
撮影 ブレット・ターンブル
編集 シム・エヴァン=ジョーンズ
ダーク・ウェスターヴェルト
製作会社 リアルFXクリエイティヴ・スタジオズ英語版
ストレンジ・ウェザー・フィルムズ
Cirque du Soleil Burlesco
配給 パラマウント映画
公開 日本の旗 2012年10月20日TIFF
日本の旗 2012年11月9日
アメリカ合衆国の旗 2012年12月21日
上映時間 97分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $3,700,000[2]
テンプレートを表示

シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』(原題: Cirque du Soleil: Worlds Away)は、アンドリュー・アダムソン監督による2012年アメリカ合衆国3D映画である。2012年10月20日に第25回東京国際映画祭でプレミア上映され[1]、日本では11月9日に一般公開された。アメリカ合衆国では2012年12月21日に公開された[3]

あらすじ[編集]

田舎町にサーカス団「マーベラス・サーカス」がやってきた。

主人公の女性ミアは独りでサーカスへとやってきたが、ピエロに半ば押し付けられるように空中ブランコエアリアル)の青年(エアリアリスト)が描かれたチラシをもらい、サーカスのテントに入って行く。さまざまな大道芸が繰り広げられた後、リングマスターの紹介でいよいよ空中ブランコの演技が始まる。

空中ブランコ乗りの青年はミアと視線を合わせるが、ブランコを握り損ねて下に落ちてしまう。ミアは客席から駆け寄るが、エアリアリストは地面に吸い込まれてしまう。ミアも後を追い地面に吸い込まれてゆく。

やがて目を覚ましたミアは、月夜の砂漠に無数のサーカステントが立っている世界にいることに気付く。その後ミアは、消えてしまったエアリアリストを捜すため、チラシを片手に大きなテントに入って行く。一方、エアリアリストは何者かに捕えられていた。

数々のサーカステントとその中で繰り広げられる演技を経て、ミアとエアリアリストは再会し、互いの体に手足を絡ませて空中で喜び(エアリアルのパフォーマンス)を体現するのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ミア エリカ・リンツ 藤堂真衣
エアリアリスト イゴール・ザリポフ 川原慶久
リングマスター ルッツ・ハルフブナー 浦山迅
ピエロ曲芸師 ジョン・クラーク 山岸治雄

使用された常設公演[編集]

以下の常設公演の場面を映画用に撮影した演技が使用されている。

  • O (オー)
  • Kà (カー)
  • Mystère (ミステール)
  • Zumanity (ズーマニティ)
  • Love (ラヴ)
  • Criss Angel Believe (クリス・エンジェル・ビリーブ)
  • Viva Elvis (ビバ・エルヴィス)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]