ピーター・トラヴァース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Peter Travers.jpg

ピーター・トラヴァース(Peter Travers)は、アメリカ合衆国映画評論家である。『ピープル』誌や『ローリング・ストーン』誌で映画評を書いている。

キャリア[編集]

ピープル』誌で4年間活動した後、1989年に『ローリング・ストーン』誌に移った[1]。トラヴァースは読みやすさを優先する為にあえて高度な分析を避けることで有名である。efilmcritic.comによると、トラヴァーズは国内で最も宣伝文に使われた映画批評家であるという[2][3]

マーティン・スコセッシデヴィッド・リンチポール・トーマス・アンダーソンクリント・イーストウッドクリストファー・ノーランコーエン兄弟アン・リーらを評価しており、彼らの監督作品はトラヴァースの年間トップ10リストの常連である。一方でマイケル・ベイとその監督作の多くには否定的である。また、ニコラス・スパークス原作の映画が毎年のようにバレンタイン前後に公開されることに関して、大きな不満を持っている[4]

レビュー[編集]

2002年より4つ星満点での採点を開始している。これまでに満点を与えたのは、『ミラーズ・クロッシング』、『摩天楼を夢みて』、『レザボア・ドッグス』、『バッド・チューニング』、『プライベート・パーツ』、『エネミー・オブ・アメリカ』、『アメリカン・ビューティー』、『ファイト・クラブ』、『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ブラックホーク・ダウン』、『モンスターズ・インク』、『千と千尋の神隠し』、『アバウト・シュミット』、『アダプテーション』、『エデンより彼方に』、『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『パンチドランク・ラブ』、『シティ・オブ・ゴッド』、『ロスト・イン・トランスレーション』、『ミスティック・リバー』、『リング』、『バッド・エデュケーション』、『キル・ビル』、『サイドウェイ』、『ブロークバック・マウンテン』、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』、『キング・コング』、『シリアナ』、『バベル』、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』、『硫黄島からの手紙』、『パンズ・ラビリンス』、『ディパーテッド』、『ユナイテッド93』、『ボルベール〈帰郷〉』、『つぐない』、『ノーカントリー』、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、『4ヶ月、3週と2日』、『ミルク』、『WALL・E/ウォーリー』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『かいじゅうたちのいるところ』、『預言者』、『ソーシャル・ネットワーク』、『ドライヴ』、『ファミリー・ツリー』、『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』、『ザ・マスター』、『ゼロ・ダーク・サーティ』、『ビフォア・ミッドナイト』、『ゼロ・グラビティ』、『それでも夜は明ける』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『6才のボクが、大人になるまで。』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、『フォックスキャッチャー』である[5]

逆に星0個だったのは、『バッドボーイズ2バッド』、『デュークス・オブ・ハザード』、『フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石』、『マッド・ファット・ワイフ』、『ブラックサイト』、『ブライダル・ウォーズ』、『インフォーマーズ セックスと偽りの日々』、『オブセッション 歪んだ愛の果て』、『トランスフォーマー/リベンジ』、『ウルトラ I LOVE YOU!』、『Crazy on the Outside』、『クロッシング』、『Furry Vengeance』、『ラスト・ソング』、『ほぼトワイライト[6]、『ツーリスト[7]、『Atlas Shrugged: Part I』、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』、『ジャックとジル』、『The Human Centipede 2』、『ニューイヤーズ・イブ』、『デビル・インサイド』、『One for the Money』、『ゴーストライダー2』、『私だけのハッピー・エンディング』、『ヘンゼル & グレーテル』、『セイフ ヘイヴン』、『ゲッタウェイ スーパースネーク』、『Vampire Academy』、『ニューヨーク 冬物語』、『トランスフォーマー/ロストエイジ』、『Teenage Mutant Ninja Turtles』、『ANNIE/アニー』である[5]

各年のトップ10リスト1位の作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ New York Film Critics Circle: Peter Travers”. New York Film Critics Circle. 2010年4月3日閲覧。
  2. ^ Childress, Erik. “Criticwatch 2008 - The Whores of the Year”. eFilmCritic.com. 2010年4月3日閲覧。
  3. ^ Childress, Erik. “Criticwatch 2009 - The Whores of the Year”. eFilmCritic.com. 2010年8月3日閲覧。
  4. ^ Safe Haven”. 2013年12月7日閲覧。
  5. ^ a b Movie Reviews : Rolling Stone”. Rolling Stone. 2010年4月3日閲覧。
  6. ^ Travers, Peter (2010年8月26日). “Vampires Suck” (英語). Rolling Stone. 2010年12月28日閲覧。
  7. ^ Travers, Peter (2010年12月9日). “The Tourist” (英語). Rolling Stone. 2010年12月28日閲覧。
  8. ^ ピーター・トラヴァース選定2010年ベスト10発表” (日本語). allcinema ONLINE (2010年12月9日). 2010年12月28日閲覧。
  9. ^ 12 Years a Slave Tops Peter Travers 2013 Top Ten List”. 2013年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]