プライベート・パーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プライベート・パーツ
Private Parts
監督 ベティ・トーマス
脚本 レン・ブラム
マイケル・カレスニコ
原作 ハワード・スターン
製作 アイヴァン・ライトマン
製作総指揮 ダニエル・ゴールドバーグ
ジョー・メジャック
キース・サンプルズ
音楽 ヴァン・ダイク・パークス
撮影 ウォルト・ロイド
編集 ピーター・テスクナー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年3月7日
日本の旗 1997年11月22日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000[1]
興行収入 $41,230,799[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

プライベート・パーツ』(Private Parts)は、1997年のアメリカ合衆国の映画。実在の過激なDJハワード・スターンを題材としており、本人が自身の役で主演。

あらすじ[編集]

あるユダヤ人のさえない大学生が卒業後、田舎でDJをやるが、カントリーミュージックしかかけられないなどの理由で、他の局に移り、過激なスタイルを追求してゆく。卑猥な企画をやるわりには私生活では愛妻家で、ファンのセクシーな女に誘惑されても応じない。そんななか、妻は流産してしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハワード・スターン 大塚芳忠
ロビン・クイヴァース 山田栄子
フレッド・ノリス 小室正幸
アリソン・スターン メアリー・マコーマック 田中敦子
ケニー ポール・ジアマッティ 塩屋浩三

参考文献[編集]

  1. ^ a b Private Parts”. Box Office Mojo. 2011年9月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]