ザ・マスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・マスター
The Master
監督 ポール・トーマス・アンダーソン
脚本 ポール・トーマス・アンダーソン
製作 ポール・トーマス・アンダーソン
ミーガン・エリソン
ダニエル・ルピ
ジョアン・セラー
製作総指揮 テッド・シッパー
アダム・ソムナー
出演者 ホアキン・フェニックス
フィリップ・シーモア・ホフマン
エイミー・アダムス
音楽 ジョニー・グリーンウッド[1]
撮影 ミハイ・マライメア・Jr
編集 レスリー・ジョーンズ
ピーター・マクナルティ
製作会社 アナプルナ・フィルムズ
Ghoulardi Film Company
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ファントム・フィルム
公開 イタリアの旗 2012年9月1日VIFF
アメリカ合衆国の旗 2012年9月14日
日本の旗 2013年3月22日
上映時間 143分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[2]
興行収入 $28,258,060[3]
テンプレートを表示

ザ・マスター』(The Master)は、ポール・トーマス・アンダーソン監督・脚本・共同製作による2012年アメリカ映画。主演はホアキン・フェニックスフィリップ・シーモア・ホフマンエイミー・アダムス。アメリカ合衆国とカナダでは2012年9月14日にワインスタイン・カンパニー配給で公開される[4]。プレミア上映は第69回ヴェネツィア国際映画祭で行われる[5]

同作品でポール・トーマス・アンダーソン監督はヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を獲得し、世界三大映画祭の監督賞を制覇した。他にホアキン・フェニックスフィリップ・シーモア・ホフマンヴェネツィア国際映画祭最優秀男優賞を授与され、アカデミー賞にもノミネートされた。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦後のアメリカ合衆国、カリスマ的な素質を持った一人の聡明な男が大衆の信望を集めていた。その男、ランカスター・ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)に興味を抱いた青年フレディ・サットン(ホアキン・フェニックス)は、次第に彼の思想に傾倒して付き従うようになる。

やがてランカスターの周囲に熱心な人々が集い、集団は大きな力を持ち始める。だがそれと並行するようにして、フレディは次第にランカスターの言葉に疑問を抱くようになる[6]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フレディ・クエル ホアキン・フェニックス[7] 小山力也
ランカスター・ドッド フィリップ・シーモア・ホフマン[8] 後藤哲夫
ペギー・ドッド エイミー・アダムス[9] 落合るみ
ヘレン・サリヴァン ローラ・ダーン[10]
エリザベス・ドッド アンビル・チルダーズ[11] 下山田綾華
ヴァル・ドッド ジェシー・プレモンス[12]
クラーク ラミ・マレック[13] 中村和正
ジョン・モア クリストファー・エヴァン・ウェルチ 魚建
ビル・ウィリアム ケヴィン・J・オコナー
ドリス・ソルスタッド マディセン・ベイティ 佐藤美由希
ソルスタッド夫人 レナ・エンドレ[14]

製作[編集]

企画[編集]

2009年12月、アンダーソンがフィリップ・シーモア・ホフマン演じるキャラクターが新興宗教(サイエントロジーに似ていると説明)を設立する物語の脚本を書いていると初めて報じられた[15][16]。当初、ユニバーサル・ピクチャーズの下でプロジェクトは進行していたが、脚本の問題により最終的にワインスタイン・カンパニーへと移った[15][16]。後にリバー・ロードが映画の資金を調達するために重大な交渉中であると報じられた[17]。2011年2月、ラリー・エリソンの娘であるミーガン・エリソンが、『ザ・マスター』と、トマス・ピンチョンの小説『Inherent Vice』のアンダーソンによる翻案作品に融資すると報じられた[18]。5月、ハーヴェイ・ワインスタインが世界配給権を手に入れた[2][15]

ホフマンは主役のランカスター・ドッドを演じ、また、ジェレミー・レナーが敵役のフレディ・サットンになると報じられた[16][19]。しかし後に、レナーは出演しないことが明らかとなり、同役はホアキン・フェニックスが演じると公式発表された[2][18]。また、マリー・スー・ドッド役にはリース・ウィザースプーンがオファーされていると報じられたが、後に彼女ではなくエイミー・アダムスに決まった[9][20]。さらにドッドの娘役にはアマンダ・サイフリッドエマ・ストーンデボラ・アン・ウォールが、最終的には新人のアンビル・チルダーズに決まった[11]

撮影[編集]

元々撮影はジェレミー・レナーを含めて2010年8月に開始する予定だったが、2010年9月に無期限延期が発表された[21][22]。2011年5月、資金を確保した後、撮影にゴーサインが出て6月初めよりヴァレーホサクラメントで開始された[2][23][24]。6月末にはバークレーヒルサイド小学校英語版でも行われた[25]。今作の撮影監督には、これまでアンダーソンの作品を手掛けてきたロバート・エルスウィットではなく、ミハイ・マライメア・Jrが起用された[26]

音楽[編集]

本作のスコアは、ロックバンドのレディオヘッドジョニー・グリーンウッドが作曲する[1][27]。グリーンウッドがアンダーソン作品のスコアを手掛けるのは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』に続いて2度目である[1]

公開[編集]

マーケティング[編集]

最初のティーザーポスターは、2011年5月に第64回カンヌ国際映画祭にて『Untitled Paul Thomas Anderson Project』の題で公開された[28]。2枚目のプロモーションポスターは2011年11月にアメリカン・フィルム・マーケット英語版で発表された[29]。2012年5月21日、ホアキン・フェニックスをフィーチャーしたティーザー予告がオンライン上で、数分のフッテージ映像が第65回カンヌ国際映画祭でそれぞれ公開された[30][31]。6月19日、フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムスをフィーチャーした2本目のティーザーが公開された[32][33]。2012年7月19日、ワインスタイン・カンパニーより予告編がオンラインで公開された[34]。映画はアメリカ映画協会によりR指定とされた[35]

批評家の反応[編集]

映画レビューサイトのRotten Tomatoesでは、224件のレビューを集め、支持率は85%、平均点は10点中8.1となった。「知性的で、力強い演技と美しい映像が見る者を釘付けにする映画だ。ザ・マスターはポール・トーマス・アンダーソン監督の名作の一つになった。」と総括している[36]

論争[編集]

作品に登場するランカスターが創設した新興宗教は実在する団体であるサイエントロジーが参考にされている[37][38][39]。宗教問題を風刺する映画を作る上でサイエントロジーをモチーフとした理由の一つとして、同団体の創始者L・ロン・ハバードと映画の主演を務めるホフマンが極めて似通った風貌である事が挙げられている[24][37][40]。一方で制作会社側は映画とサイエントロジーやロン・ハバードとの関連を否定しており、製作陣の一人であるジョアン・セラーは「これは第二次世界大戦を描いた物語であり、大戦後の社会を漂流する人々を描いた物語なんだ」と解説している[24]

複数のウェブサイトでは映画を通じてアメリカ映画界内のサイエントロジー支持者からの圧力があった」という噂が出回り、サイエントロジー教会ユニバーサル・ピクチャーズに映画公開を差し止めさせるのではないかとも噂された[24][40]しかしながら現在の所、サイエントロジー側からの製作者側に対する反応や接触は特に確認されていない[7]サイエントロジー教会スポークスマンとして知られるカリン・パウルは「映画について懸念を抱いているか」との質問に対して、「内容を見ていないので分からない」と回答した。また映画の内容についてどの程度把握しているのかという質問については「報道以上の事は我々も知らない」と返答した[7]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Jagernauth, Kevin (2011年12月5日). “Jonny Greenwood To Score Paul Thomas Anderson's 'The Master'”. The Playlist. indieWire. 2011年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d Fleming, Mike (2011年5月9日). “Harvey Weinstein Buys World Rights To Paul Thomas Anderson's Untitled Next Film”. Deadline. Mail.com Media Corporation. 2011年6月2日閲覧。
  3. ^ The Master”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年12月27日閲覧。
  4. ^ Sneider, Jeff (2012年7月27日). “Plemons joins P.T. Anderson drama”. Variety. Reed Business Information. 2012年7月29日閲覧。
  5. ^ Fleming, Mike (July 30, 2012). “Paul Thomas Anderson’s ‘The Master’ Joins Venice Competition”. Deadline New York. http://www.deadline.com/2012/07/paul-thomas-andersons-the-master-joins-venice-competition/ 2012年8月7日閲覧。. 
  6. ^ Chitwood, Adam (2011年11月2日). “Synopsis and Promo Poster for Untitled Paul Thomas Anderson Project”. Collider.com. 2011年11月12日閲覧。
  7. ^ a b c Cieply, Michael (2012年4月18日). “Filmmaker’s Newest Work Is About ... Something”. NYTimes.com. The New York Times Company. 2012年4月18日閲覧。
  8. ^ Brooks, Xan (2009年12月4日). “Master reunites PT Anderson and Philip Seymour Hoffman”. guardian.co.uk. Guardian News and Media Limited. 2011年6月2日閲覧。
  9. ^ a b Jagernauth, Kevin (2011年6月1日). “Amy Adams Joins Paul Thomas Anderson’s ‘The Master’”. The Playlist. indieWire. 2011年6月3日閲覧。
  10. ^ Jagernauth, Kevin (2011年5月31日). “Laura Dern, David Warshofsky & Jesse Plemons Join Paul Thomas Anderson’s ‘The Master’”. The Playlist. indieWire. 2011年6月3日閲覧。
  11. ^ a b Dang, Simon (2011年10月4日). “Little-Known Ambyr Childers Books PTA’s ‘The Master’ & Ruben Fleischer’s ‘Gangster Squad’”. The Playlist. indieWire. 2011年10月9日閲覧。
  12. ^ Sneider, Jeff (2011年5月31日). “Plemons joins P.T. Anderson drama”. Variety. 2011年6月2日閲覧。
  13. ^ Sneider, Jeff (2011年6月3日). “Malek converts to P.T. Anderson pic”. Variety. 2011年6月4日閲覧。
  14. ^ Jagernauth, Kevin (2011年6月1日). “Exclusive: Swedish Actress Lena Endre Joins Paul Thomas Anderson’s ‘The Master’”. The Playlist. indieWire. 2011年6月3日閲覧。
  15. ^ a b c Konjicanin, Anja (2011年5月10日). “Paul Thomas Anderson’s Scientology film back on track”. The Vancouver Observer. Can Do Media Inc.. 2011年6月2日閲覧。
  16. ^ a b c Fleming, Michael (2009年12月2日). “Anderson working on 'Master'”. Variety. Reed Business Information. 2011年6月5日閲覧。
  17. ^ Fleming, Mike (2011年3月16日). “Paul Thomas Anderson Talking Religion With Philip Seymour Hoffman And Jeremy Renner”. Deadline. Mail.com Media Corporation. 2011年6月5日閲覧。
  18. ^ a b Brodesser-Akner, Claude (2011年2月10日). “Paul Thomas Anderson’s Scientology Movie and Inherent Vice Adaptation Close to Finding Financing”. NYMag.com. New York Media Holdings. 2011年6月5日閲覧。
  19. ^ Cambell, Christopher (2010年3月3日). “Jeremy Renner Joins Paul Thomas Anderson’s Religious Cult Movie”. MTV.com. MTV Networks. 2011年6月5日閲覧。
  20. ^ Davis, Edward (2010年5月24日). “Reese Witherspoon Offered A Role In Paul Thomas Anderson's Untitled Religion Pic? Shooting Starting In June?”. The Playlist. indieWire. 2011年6月5日閲覧。
  21. ^ Jagernauth, Kevin (2010年7月15日). “Paul Thomas Anderson's Untitled Religious Film/'The Master' To Shoot In August”. The Playlist. indieWire. 2011年6月5日閲覧。
  22. ^ Dang, Simon (2010年9月20日). “Paul Thomas Anderson's Untitled Religious Drama Starring Philip Seymour Hoffman & Jeremy Renner "Postponed Indefinitely"”. The Playlist. indieWire. 2011年6月5日閲覧。
  23. ^ 'The Master' converts 2 thesps”. Variety (2011年6月17日). 2011年6月17日閲覧。
  24. ^ a b c d Raskin-Zrihen, Rachel (2011年6月7日). “Controversial Hollywood movie to begin filming in Vallejo, California”. Vallejo Times-Herald. San Jose Mercury News. 2011年6月8日閲覧。
  25. ^ Taylor, Tracey (2011年6月27日). “Paul Thomas Anderson shoots new movie in Berkeley”. Berkeleyside. 2011年7月3日閲覧。
  26. ^ Davis, Edward (2011年6月10日). “‘Tetro’ Cinematographer Mihai Malaimare Jr. Is Shooting Paul Thomas Anderson’s ‘The Master’”. The Playlist. indieWire. 2011年6月12日閲覧。
  27. ^ Battan, Carrie (2011年12月8日). “Jonny Greenwood Confirmed to Score New Paul Thomas Anderson Film”. Pitchfork Media. 2011年12月8日閲覧。
  28. ^ Davis, Edward (2011年5月18日). “Intern Gets To Design Teaser-Sale Promo Poster For Paul Thomas Anderson’s Untitled New Project”. The Playlist. indieWire. 2011年6月5日閲覧。
  29. ^ Chitwood, Adam (2011年11月2日). “Synopsis and Promo Poster for Untitled Paul Thomas Anderson Project”. Collider.com. Collider. 2011年11月12日閲覧。
  30. ^ Labrecque, Jeff (2012年5月21日). “'The Master' teaser: Welcome back, Joaquin Phoenix”. People.com. Time Inc.. 2012年5月21日閲覧。
  31. ^ Jagernauth, Kevin (2012年5月21日). “Cannes Report: First Footage From 'The Master' Impresses & Yes It's About Scientology”. The Playlist. indieWire. 2012年5月21日閲覧。
  32. ^ Beard, Lanford (2012年6月19日). “Behold 'The Master': Philip Seymour Hoffman surfaces in new tease -- VIDEO”. People.com. Time Inc.. 2012年6月21日閲覧。
  33. ^ Lyttleton, Oliver (2012年6月19日). “Watch: Second Trailer For Paul Thomas Anderson's 'The Master' Provides First Looks At Philip Seymour Hoffman & Amy Adams”. The Playlist. indieWire. 2012年6月21日閲覧。
  34. ^ Buchanan, Kyle (2012年7月19日). “'The Master' Trailer: Paul Thomas Anderson Will Make You a Believer”. Vulture. New York Magazine. 2012年7月20日閲覧。
  35. ^ Jagernauth, Kevin (2012年7月18日). “Shocker: Paul Thomas Anderson's 'The Master' Will Be Rated R”. The Playlist. indieWire. 2012年7月18日閲覧。
  36. ^ The Master (2012)”. 2013年7月20日閲覧。
  37. ^ a b Brown, Lane (2010年12月3日). “So This New Paul Thomas Anderson Movie Is Definitely About Scientology, Right?”. NYMag.com. New York Media Holdings. 2011年6月5日閲覧。
  38. ^ Brown, Lane (2010年3月17日). “Universal Passes on Paul Thomas Anderson’s Scientology Movie”. NYMag.com. New York Media Holdings. 2011年6月5日閲覧。
  39. ^ Pilkington, Ed (2011年4月26日). “Church of Scientology snaps up Hollywood film studio”. Guardian.co.uk. Guardian News and Media Limited. 2011年6月12日閲覧。
  40. ^ a b Yamato, Jen (2010年6月10日). “Will Scientologists Declare War on Paul Thomas Anderson’s The Master?”. Film.com. RealNetworks. 2011年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]