バッド・エデュケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッド・エデュケーション
La Mala Educación
監督 ペドロ・アルモドバル
脚本 ペドロ・アルモドバル
製作 ペドロ・アルモドバル
アグスティン・アルモドバル
製作総指揮 エステル・ガルシア
出演者 ガエル・ガルシア・ベルナル
フェレ・マルティネス
音楽 アルベルト・イグレシアス
撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ
編集 ホセ・サルセド
配給 日本の旗 ギャガ
公開 スペインの旗 2004年3月19日
日本の旗 2005年4月9日
上映時間 105分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 $40,273,930[1]
テンプレートを表示

バッド・エデュケーション』(La Mala Educación, 英題: Bad Education)は2004年製作のスペインの映画。ドラマ。

かつてのフランコ政権下の抑圧的な神学校での少年二人の友情と初恋、神父による性的虐待、および現代の成人して再会した彼らの姿とが交錯して描かれる。かつて自らも保守的な神学校で少年時代を送った監督の半自伝的な作品と称されている。

ニューヨーク映画批評家協会賞外国語映画賞受賞。第57回カンヌ国際映画祭特別招待作品。

ストーリー[編集]

若き映画監督エンリケのもとに、かつての親友・イグナシオを名乗る男がやって来る。舞台俳優だというその男は、自らがしたためた脚本を手渡して去っていった。そこには、エンリケが少年時代を過ごした神学校での悲しい記憶が描かれていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
イグナシオ ガエル・ガルシア・ベルナル 三木眞一郎
エンリケ フェレ・マルティネス 咲野俊介
マノロ神父 ダニエル・ヒメネス・カチョ
パキート ハビエル・カマラ 松本保典
ベレングエル ルイス・オマール
モニカ レオノーラ・ワトリング 石塚理恵
トラ・マルチネス
イグナシオ(少年時代) ナチョ・ペレス
エンリケ(少年時代) ラウル・ガルシア・フォルネイロ

参考文献[編集]

  1. ^ a b Bad Education” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]