バベル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バベル
Babel
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本 ギレルモ・アリアガ
原案 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ギレルモ・アリアガ
製作 スティーヴ・ゴリン
ジョン・キリク
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演者 ブラッド・ピット
ケイト・ブランシェット
ガエル・ガルシア・ベルナル
役所広司
菊地凛子
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
撮影 ロドリゴ・プリエト
編集 ダグラス・クライズ
スティーヴン・ミリオン
製作会社 メディア・ライツ・キャピタル
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ヴァンテージ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年10月27日
日本の旗 2007年4月28日
上映時間 142分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
スペイン語
アラビア語
製作費 $25,000,000
興行収入 $34,302,837[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$135,330,182[1] 世界の旗
テンプレートを表示

バベル』(Babel)は、2006年アメリカ映画。監督は、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

2006年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、監督賞を受賞。菊地凛子が米映画批評会議賞新人女優賞を受賞。2006年10月にアメリカで、2007年4月末に日本で公開された。

イニャリトゥ監督の過去の作品と同じく、時間軸が交差する作品である。モロッコアメリカカリフォルニアメキシコティファナ、そして東京と、遠く離れた地域の人物たちのそれぞれのストーリーが、ある事件をきっかけに交差する。

キャッチコピー[編集]

  • 「届け、心。」
  • 「神よ、これが天罰か。」

ストーリー[編集]

バベルは『旧約聖書』の「創世記第11章」にある町の名。町の人々は天まで届くバベルの塔を建てようとしたが神はそれを快く思わず、人々に別々の言葉を話させるようにした。その結果人々は統制がとれずばらばらになり、全世界に散っていった。これを背景に、「言葉が通じない」「心が通じない」世界における人間を描く。

モロッコ
裏売買で父親が手に入れたライフルを狙うジャッカルの退治に渡された遊牧民の兄弟。羊の放牧に出た正直なアーメッドと要領のいいユシフは射撃の腕を競ううちに遠くのバスを標的にしてしまう。
たがいに心の中に相手への不安を抱えながら、旅行でモロッコを訪れたアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。観光バスで移動中にスーザンは銃撃を受けて負傷、観光客一行は近くの村へ身を寄せる。次第に事件が解明され、ライフルの入手元がモロッコに来た日本人のハンターであることが判明し、ストーリーが日本へとつながる。
アメリカメキシコ
リチャード・スーザン夫妻の子どものベビーシッター、メキシコ人不法就労者のアメリアが主人公。メキシコのティファナで催される息子の結婚式が迫るが、夫妻が旅行中のトラブルで帰国できず、代わりに子どもの面倒を見てくれるはずの親戚も都合がつかない。しかたなく彼女は子どもたちを結婚式に同行させる。その帰り道に運転をしていた彼女の甥は、酔ったはずみから国境を強行突破してしまう。
日本
チエコは父と二人暮しのろう者女子高生。母親を亡くした苦しみをうまくわかちあうことができない不器用な父娘関係に孤独感を深めるチエコだが、街に出ても聾であることで疎外感を味わっている。ある日、警察が父親に面会を求めて自宅を訪れるが、チエコは刑事の目的を母親の死と関係があると誤解する。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
リチャード・ジョーンズ ブラッド・ピット 松本保典
スーザン・ジョーンズ ケイト・ブランシェット 塩田朋子
ユセフ ブブケ・アイト・エル・カイド 津村まこと
アーメッド サイード・タルカーニ 木村良平
アブドゥラ ムスタファ・ラシーディ 原康義
アメリア アドリアナ・バラッザ 磯辺万沙子
サンティアゴ ガエル・ガルシア・ベルナル 小森創介
マイク・ジョーンズ ネイサン・ギャンブル 小林由美子
デビー・ジョーンズ エル・ファニング 川田妙子
アンワー モハメド・アクザム 落合弘治
国境の警察官 クリフトン・コリンズ・Jr 後藤敦
綿谷ヤスジロウ 役所広司
綿谷千恵子 菊地凛子
真宮賢治 二階堂智
千恵子が通う歯科医 小木茂光
日本人の声 ミチ・ヤマト

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

公開・反響[編集]

日本での映像点滅問題[編集]

同映画を上映していた愛知県名古屋市三重県四日市市、ならびに都内の映画館で、「東京」でのストーリーの中でチエコがクラブで踊る場面で、クラブの照明が1分程度早い点滅を繰り返すシーンがあり、それを見た観客計9人が光過敏性発作(詳しい症例などはポケモンショックを参照)により吐き気などの体調不良を訴えていたことが明かとなった。

配給元のギャガ・コミュニケーションズでは、日本に先行して公開された外国や、日本での試写会でこのような問題がなかったことから、様子を見守るとしているが、体調を悪くした観客の出た東宝の映画館チェーンを中心に、点滅を繰り返すシーンで注意するよう呼び掛ける文書の配布や、館内に張り紙をして注意を呼びかけていた。

その後、発売されたDVDではジャケット裏面に視聴注意喚起が記されている。

なお、映画業界においては、民放連の「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」に相当するものがなく、映倫では映像技法の審査はされない。

聾者コミュニティ内外での反応[編集]

この映画では、一部で日本の聾者が採り上げられているが[2]、手話で行われる会話以外の音声日本語による会話部分に当初日本語字幕が付いていなかった為、日本の聴覚障害者はこの映画の中で日本の聾者を採り上げた部分に限って楽しむことが出来なかった。本作の日本手話監修を担当した「きいろぐみ」を中心に、これを問題視する意見が大きくなり、日本語字幕を追加するよう要望する動きが広がった[3]

評価[編集]

健聴者が映像作品で聾者役を演じることに関連して、聾者コミュニティの内外からいくつかの問題提起がなされている。

聾者コミュニティの内側からは「聾者に関する誤ったイメージを流布させる」「聾者と手話の認識にマイナスの影響を与える」といった、ろう文化の描き方をめぐる意思表示が見られた。例えば、菊地凛子のアカデミー賞ノミネートに際し、聴覚障害者情報ウェブサイトの「デフユニオン」が、主宰者塩野谷富彦(聾者)名による、菊地の受賞に反対する抗議文を掲載し、菊地が落選した後にはその判断を賞賛する文章も追加された[4]

一方、聾者コミュニティの外側においては、健聴者のモラルを問う意見が見られた。例えば、アフリカの手話の研究を専門とする文化人類学者の亀井伸孝(健聴者)は、健聴者が聾者のふりをすることやそれを取材で披露すること、メディアがサクセスストーリーの一部として報道したことなど、耳が聞こえる人たちのろう文化への接し方を問題とし、謙虚な姿勢をもつことを呼びかけている[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Babel (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月4日閲覧。
  2. ^ 演じているのは健聴者の俳優である。
  3. ^ バベルの日本語音声にも字幕を!なお、4月末に日本で公開されたバベルでは日本語部分にも日本語字幕がついている。
  4. ^ NO!! Ms. Rinko Kikuchi's nomination for supporting role of Academy Award.
  5. ^ アカデミー賞の見識が問われる

外部リンク[編集]