三匹の子豚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三匹の子豚(さんびきのこぶた)は喋る動物たちが登場するおとぎ話である。この物語の出版は18世紀後半にさかのぼるが、物語そのものはもっと古くから存在していたと考えられる。この民間伝承として語り継がれてきた物語は、1933年ウォルト・ディズニーによるアニメーション映画「シリー・シンフォニー」の1話『三匹の子ぶた』により有名になった。

日本では1960年代に制作されたNHK総合テレビ着ぐるみ人形劇ブーフーウー』で有名。

あらすじ[編集]

三番目の子豚はレンガで家を建てる

母さんは三匹の子豚たちを自活させるために、外の世界に送り出す。

一番目の子豚はわらで家を建てるが、がわらの家を吹き飛ばし、子豚を食べてしまう。狼と子豚との遭遇は、以下の有名なフレーズで記述される。

One day the big bad wolf came and knocked on the first little pig's door and said "Little pig, little pig, let me come in." And the little pig answered "No, no, I won't let you come in, not by the hair on my chinny chin chin." "Well," said the wolf, "then I'll huff and I'll puff and I'll blow your house in." So he huffed and he puffed and he blew the house down and ate the little pig.

日本語訳 : ある日、大きな悪いオオカミが、最初の仔ブタの扉を叩いて言いました。「仔ブタくん仔ブタくん、おれを中に入れておくれ」仔ブタは答えて言いました「いやだ、いやだよ、入れてやらない。ぼくのあご、あご、あごのひげにかけて中にいれてやるもんか」「そうかい」オオカミは言いました「それならおれは腹を立て、ぷーぷー息を吹きつけて、おまえの家を吹き飛ばす」。そしてオオカミは腹を立て、ぷーぷー息を吹きつけて、仔ブタの家を吹きとばし、仔ブタを食べてしまいました。

二番目の子豚はで家を建てるが、やはり狼との同様のやり取りの末に、一番目の子豚と同じ運命を辿る。

三番目の子豚はレンガで家を建てる。狼はいくら息を吹き付けても、レンガの家を吹き飛ばすことはできなかった。狼は三番目の子豚を家の外におびき出そうとたくらむが、子豚は常に狼の裏をかく。最後に狼は煙突から忍び込もうとするが、三番目の子豚が用意した煮えたぎる一杯の熱湯に飛び込んでしまう。釜茹でにされ死んだ狼を子豚は料理すると、そのまま食べてしまう。

この物語の中で用いられるフレーズと得られる教訓は、西洋文化の伝統として受け継がれてきた。

近年の版では、他のおとぎ話と同様に、この物語もオリジナルの版より穏健な内容に差し替えられ、もはや狼と子豚はお互いに食べ合ったりはせず、一番目、二番目の子豚は三番目の子豚の家に無事逃げ込み、狼も熱湯で大火傷を負い、悲鳴をあげながら山へ逃げ帰っていくというストーリーが主流である。

物語の歴史[編集]

このおとぎ話は1812年に初版が発行され、1857年まで複数の加稿された版が重ねられた、ヤーコプ・グリムとヴィルヘルム・グリムによる童話集『グリム童話』(Kinder- und Hausmärchen、子供と家庭のための童話)に収録されている『狼と七匹の子山羊』と幾つかの共通点を持っている。

三匹の子豚と大きな悪い狼の物語は、イギリスのシェイクスピア学者ジェイムズ・オーチャード・ハリウェル=フィリップスにより1843年に初版が発行された『Nursery Rhymes and Nursery Tales』に収録されたことで、19世紀後半に広まったと考えられる。この物語のバリエーションは、共にジョエル・チャンドラー・ハリスによる1881年の『ウサギどんとキツネどん』(原題:Uncle Remus: His Songs and Sayings)と、1883年の『Nights with Uncle Remus』に見られ、これらのバリエーションでは子豚たちは「ウサギどん(ブレア・ラビット、Brer Rabbit)」というキャラクターに置き換えられている。最も知られたこの物語の形式は、ほぼ間違いなくジョセフ・ジェイコブスの『English Fairy Tales』によるものである。この本は1898年に初版が発刊され、資料としてハリウェルの名が記されている。

三匹の子豚が登場する作品[編集]

  • 今日におけるこの物語の最も有名なバージョンは、ウォルト・ディズニー製作、バート・ジレット監督により、ユナイテッド・アーティスツから1933年5月27日に配給された短編アニメーション映画「シリー・シンフォニー」の1話としての『三匹の子ぶた』(原題:Three Little Pigs)である。この短編では三匹の子豚に一番目から順に、ファイファー・ピッグ、フィドラー・ピッグ、プラクティカル・ピッグの名が与えられている。このアニメーション映画は大きな成功を収め、1934年度のアカデミー賞短編アニメーション部門を受賞した。三匹の子ぶたとビッグ・バッド・ウルフはディズニーの人気キャラクターであり、「三匹の子豚」と同じく西洋の伝統的な童話である「赤頭巾」を題材にした『赤ずきんちゃん』(原題:The Big Bad Wolf、1934年)や、イソップ寓話の「オオカミ少年」の物語による『オオカミは笑う』(原題:Three Little Wolves、1936年)でも主役として登場している。
  • ディズニーの短編映画の影響を受けて、ワーナーブラザーズも2本の三匹の子豚のアニメーション作品を製作している。一本目はブラームスの「ハンガリー舞曲」に合わせて伝統的な物語が展開される『子ブタのポルカ』(原題:Pigs in a Polka、1943年)である。もう一本の『3匹の子ブタロック』(原題:The Three Little Bops、1957年)では三匹の子豚がジャズバンドとして登場し、下手糞なトランペット奏者のウルフは子豚のバンドに入ろうとして何度も追い払われ続け、死んで地獄に落ちて上手にトランペットを吹けるようになって、ようやく子豚のバンドに加われる。この二作品は共に元ディズニーアニメーターのフリッツ・フレラングが監督した。
  • 『三匹の子豚』は、ティーチャー・イン・ロールにおける重要な実習問題でもある(詳細は英語版Teacher in roleの記事を参照)。
  • NHK総合テレビでは、『三匹の子ぶた』の後日談を描く着ぐるみ人形劇『ブーフーウー』(1960年~1967年)が放送された。このドラマでは三匹の子豚に、ブー、フー、ウーという名前が与えられている。
  • ビッグ・バッド・ウルフが主役として登場するビル・ウィリンガムアメリカン・コミックフェーブルズ』の二番目のシリーズで、三匹の子豚は重要な役割を演じる。
  • 『3びきのかわいいオオカミ』(原題:The Three Little Wolves and the Big Bad Pig)と題されたユージーン・トリビザスによる近年の改作では、伝統的な物語における登場人物たちの役割が交換されている。この改作では三匹の小さなオオカミの兄弟がレンガの家と鉄の家を大きな悪いブタに壊されるが、最後に花の家を建ててブタと和解する。
  • NHK教育テレビの『天才てれびくん』の枠内で放送されたアニメアリス探偵局』(1995年~1997年)には、「三匹の子豚」の子豚とオオカミをモデルにしたキャラクター、グー・スー・ピー三兄弟と大家のウルフさんが登場する。
  • 勝利はいただき』(Three Little Pups , 1953) - 子豚の代わりにドルーピーと兄弟を登場人物に翻案したアニメーション短編。また、『うそつき狼』(原題: The Blitz Wolf,1942年)があり、舞台を当時の第二次世界大戦風にした短編アニメがあり、狼はアドルフ・ヒトラーのパロディである「アドルフ・ウルフ」という名前になっている。この2作品は共にテックス・エイヴリーが監督した。
  • 『三びきのコブタのほんとうの話』(原題:The True Story of the Three Little Pigs)(作:ジョン・シェスカ、絵:レイン・スミス、日本語訳:いくしまさちこ、原著1989年、日本語訳1991年) - 「『三匹の子豚』の物語は子ブタたちに都合の良いように改竄されている」と主張する、大きな悪いオオカミ(本作ではアレクサンダー・T・ウルフという名前が与えられている)が『三匹の子豚』の真実を語るというコンセプト。
  • スーパーマリオランド2 6つの金貨』ではマリオゾーンのボスで子豚をモデルにしたブーロ、ブーポン、ブーチョがいる。
  • 映画『ハナミズキ』にて,新垣結衣が自作の本書を読むシーンがあり、2011年にはそれが出版された。

外部リンク[編集]