素晴らしき哉、人生!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
素晴らしき哉、人生!
It's a Wonderful Life
監督 フランク・キャプラ
脚本 フランク・キャプラ
フランセス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
原作 フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン
『The Greatest Gift』
製作 リバティ・フィルムズ
フランク・キャプラ
出演者 ジェームズ・ステュアート
ドナ・リード
ライオネル・バリモア
ヘンリー・トラヴァース
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ジョセフ・ウォーカー
ジョセフ・バイロック
編集 ウィリアム・ホーンベック
製作会社 Liberty Films
配給 アメリカ合衆国の旗 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1946年12月20日
日本の旗 1954年2月6日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

素晴らしき哉、人生!』(すばらしきかな、じんせい!、It's a Wonderful Life)は、1946年アメリカ映画。監督はフランク・キャプラ

作品情報[編集]

フランク・キャプラ、ウィリアム・ワイラージョージ・スティーブンスの3人が協力して設立したリバティ・ピクチャーズの第1号作品。

アメリカ映画協会(AFI)が選ぶ「感動の映画ベスト100」では1位に、同協会の「アメリカ映画ベスト100」では11位にランクインしている。

2003年のAFI選定「ヒーローと悪役ベスト100」ではジョージ・ベイリーがヒーローの9位に、ポッターが悪役の6位にランクイン。

2008年のAFI選定「10ジャンルのトップ10」ではファンタジー部門3位にランクイン。

これまでのキャプラ映画の集大成として1946年に公開するも、当時は興行的には惨敗。

1946年(第19回)のアカデミー賞では作品賞を含めた5部門にノミネートされるも、『我等の生涯の最良の年』や『ヘンリィ五世』の台頭により無冠に終わった。

アメリカでは不朽の名作として毎年末にTV放映されることから、それまでキャプラを知らなかった若い世代から再評価され、今ではクリスマスにこの映画が流れるのは定番となり、アメリカで最も親しまれた作品としてよく知られる映画である。現在、パブリックドメインとなっている。

アメリカではどの大学の映画学科でも、この映画を必ず見せて、学生の指針としている。

脚本はフィリップ・ヴァン・ドーレン・スターンの作品『The Greatest Gift』から着想を得たもの。

あらすじ[編集]

自分の夢を追いながらも父親の急死に伴い家業の建築貸付組合(B&L)を継いで田舎の小さな町で過ごさざるを得なくなっていたジョージ・ベイリー(ジェームズ・ステュアート)は、町一番の富豪である銀行家ポッター(ライオネル・バリモア)の圧力に負けず、真面目に働いていた。家庭にも恵まれて、事業も好転しつつあったが、そんな彼に不運な出来事が起こる。そして、クリスマスの晩に自殺を図ろうとした彼に、翼をまだ持っていない二級天使のクラレンス(ヘンリー・トラヴァース)が翼を得るために彼を助ける使命を受け、現れた。

天使は「生まれて来なければよかった」と言う彼のため、特別に彼が生まれて来なかった場合の世の中を見せる。そして彼がいかに素晴らしい人生を送ってきたかを理解させようとする。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・製作:フランク・キャプラ
  • 脚本:フランク・キャプラ、フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット
  • 原作:フィリップ・ヴァン・ドレン・スターン
  • 撮影:ジョセフ・ウォーカー
  • 美術:ジャック・オッケイ
  • 音楽:ディミトリ・ティオムキン
  • 録音:リチャード・ヴァン・ヘッセン
  • 編集:ウィリアム・ホーンベック

受賞[編集]

余話[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ワンダフルライフ バージェス頁岩と生物進化の物語』「序言及び謝辞」(ハヤカワ文庫版15頁)より
  2. ^ アクターズ・スタジオ・インタビュー
  3. ^ 文藝春秋 1999年4月号
  4. ^ http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1319591328937/files/eiga.pdf

学術的参考文献[編集]

  • 杉野健太郎 「アメリカ映画における社会変動とスタイル変容 ― 『素晴らしき哉、人生!』から『クラッシュ』へ」、杉野健太郎編『映画のなかの社会/社会のなかの映画』(映画学叢書[監修加藤幹郎]、ミネルヴァ書房、2011年)所収。

外部リンク[編集]