チャールズ・レイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・レイン
Charles Lane
本名 Charles Gerstle Levison
生年月日 1905年1月26日
没年月日 2007年7月9日(満102歳没)
出生地 カリフォルニア州サンフランシスコ
死没地 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Ruth Covell

チャールズ・レイン(Charles Lane, 本名: Charles Gerstle Levison, 1905年1月26日 - 2007年7月9日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ生まれの俳優。アメリカで最も長生きした俳優。102歳で老衰のため死去した。

生涯[編集]

保険会社のセールスマンとして短期間働いた後、舞台に立つようになり、1928年にパサデナ・プレイハウスに参加。1931年にエドワード・G・ロビンソンジェームズ・キャグニー主演の映画『夜の大統領』でデビュー。その後映画俳優組合(スクリーン・アクターズ・ギルド、SAG)に参加した最初の俳優の1人となる。当初は端役が多かったが、フランク・キャプラ作品の常連となる。

第二次世界大戦に従軍したために一時映画界を離れるが、終戦後はテレビに多く出演するようになる。

結婚は生涯1回で、1931年から2002年の妻との死別まで連れ添った。

トリビア[編集]

  • 女優のルシル・ボールとは良い友達だった。
  • 2005年にSAGにより1月30日は「チャールズ・ライン・デイ」と名づけられた。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 夜の大統領 Smart Money (1931)
  • 特急二十世紀 Twentieth Century (1934)
  • ロイドの牛乳屋 The Milk Way (1936)
  • オペラハット Mr. Deeds Goes to Town (1936)
  • 紐育の顔役 Internes Can't Take Money (1937)
  • 我が家の楽園 You Can't Take It with You (1938)
  • スミス都へ行く Mr. Smith Goes to Washington (1939)
  • 教授と美女 Ball of Fire (1941)
  • 毒薬と老嬢 Arsenic and Old Lace (1944)
  • 素晴らしき哉、人生! It's a Wonderful Life (1946)
  • 愛の立候補宣言 State of the Union (1948)
  • 猿人ジョー・ヤング Mighty Joe Young (1949)
  • 軍曹さんは暇がない No Time for Sergeants (1958)
  • 先生のお気に入り Theacher's Pet (1958)
  • パパは王様 Papa's Delicate Condition (1963)
  • おしゃれキャット The Aristocats (1970)<声>
  • テニス靴を履いたコンピュータ The Computer Wore Tennis Shoes (1995)

テレビドラマ[編集]

外部リンク[編集]