ペカンパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペカンパイ
1切れのペカンパイ

ペカンパイまたはピーカンパイ: pecan pie)とは、コーンシロップペカンナッツで作る甘いパイである[1]。よく感謝祭クリスマスなど祝日の食事に供され、ペカンの産地アメリカ合衆国南部の名物とされる。最も基本的なペカンパイは、パイ皿に練りパイ生地を敷き、コーンシロップ、砂糖、溶き、溶かしたマーガリンまたはバター、バニラエッセンス、ペカンナッツを混ぜ合わせたものを流し込んでからオーブンで焼いて作る。焼き上がったペカンパイの表面はペカンナッツで覆われ、その下に茶色の甘いカスタード状の層ができる。少量の塩を加えたり[2]チョコレートバーボン・ウイスキー等を添加して変化をつけることもある[3]。ペカンパイには、ホイップクリームやバニラアイスクリームが添えられることが多い。[4]

起源[編集]

ニューオーリンズに入植したフランス人がインディアンからペカンナッツのことを教えられてからすぐに砂糖サトウキビシロップを用いたペカンパイを考案したといわれており[5]、「ニューオーリンズ」の名を冠したペカンパイのレシピも見られる[6]。しかし、1897年以前に印刷されたペカンパイのレシピは無く[7]ファニー・ファーマー (Fannie Farmerや『The Joy of Cooking』等の著名な料理本には1940年まで記載されなかった。[8]

キャロ(Karo)社の販売する家庭用コーンシロップの人気とともに、ペカンパイとそのレシピが普及した。キャロ社のウェブサイトでは、この料理は1930年代の営業幹部の妻による「コーンシロップの新たな使用法」の「発見」であると主張している[9]。ほとんど全てのペカンパイのレシピがキャロ社のコーンシロップを材料に指定している。

アメリカ文学作品におけるペカンパイ[編集]

ベカンパイは、アメリカ文学およびアメリカのテレビ番組において、感謝祭やクリスマスなど特別な行事にまつわる料理として表現されている。

今夜はロストリバーコミュニティ協会の月一回の会合とポットラックディナーの夜だった...フランシスはカバーのついた料理2品とデザートを数品持ってきた。料理の一つはサヤインゲンキャセロールで、もう一つはマカロニ・アンド・チーズだった。フライドチキン豚肉ローストを用意したミルドレッドは電話が鳴るのを聞いたが、無視した...もう一度車からケーキと3つのペカンパイを取って来ても、電話はまだ鳴っていた。

ドゥーリーは果物、ナッツ、キャンディ、ハムの缶詰、そしてペカンパイの詰まったバスケットを渡し、「メリークリスマス!」と言った。

脚注[編集]

[ヘルプ]