受胎告知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

受胎告知じゅたいこくち)はキリスト教の聖典である新約聖書に書かれているエピソードの1つ。聖告(せいこく)、童貞マリアのお告げ生神女福音(しょうしんじょふくいん)とも言う。一般に、処女マリアに天使ガブリエルが降り、マリアが聖霊によってイエスを身ごもることを告げ、またマリアがそれを受け入れることを告げる出来事。

マリア崇敬の思想を背景として、キリスト教文化圏の芸術作品の中で繰り返し用いられるモチーフでもある。


これを記念する祭日は東方に始まり、中世に西方につたわった。現在もカトリック教会などでは3月25日、東方教会では4月7日を祭日としている。カトリック教会では「お告げの祭日」と呼ぶ。正教会では「生神女福音祭」とし、十二大祭のひとつである。

福音書における記述[編集]

受胎告知が記述されているのは、「マタイによる福音書」と「ルカによる福音書」だが、それぞれ詳細が異なる。マタイ福音書では(1:18-25)、ナザレではない地(2:22-23、おそらくベツレヘム)で、ヨセフの夢に天使が現れる。マリアに関しては、天使による告知の記述はなく、聖霊による受胎をすでに知っていたことのみ書かれている。一方、ルカ福音書(1:26-38)では、ナザレにて、天使ガブリエルがマリアの前に現れ、受胎を告げる。ヨセフの方に対する言及はない。

旧約聖書における受胎告知[編集]

新約聖書における受胎告知は、旧約聖書中の『イザヤ書』(7:14)の預言に基づいている。

旧約聖書中に神が子を授ける例はたびたび見られる。 受胎告知らしきものは、不妊であったマノアのサムソンを授かる旨を天使が告げる『士師記』(13:3-5)などがある。

美術[編集]

『受胎告知』レオナルド・ダ・ヴィンチ 1472-1475

絵画では、この場面でのマリアは読書の最中であることが多いが、をつむいでいることもある。傍らには白百合(純潔の象徴)が置かれるが、天使が百合を携えている場合もある。二人の上には天上からのや聖霊のが描かれることが多く、これによって「聖霊によって身ごもる」ことを示す。

中世の作品としては、ランス大聖堂の彫像や、シモーネ・マルティーニ祭壇画が名高い。ルネサンスでは、天上と地上の邂逅という如何にもルネサンス的な性格が好まれ、もっとも人気のある主題の一つとなった。サン・マルコ修道院フラ・アンジェリコが描いた壁画レオナルド・ダ・ヴィンチによる絵画などが傑作として知られる。

正教会においては、イコノスタシスの門にこの場面を描く決まりがあり、作例が多い。ただし構図上、左右の扉に天使とマリヤを分けて配するため、鳩など聖霊を現す象徴は省略されることが多い。またこれとは別に、一枚のイコンにこの場面を描いたものもある。一枚絵の場合は、マリアが室内にいることを示す家が背景に描かれ、また神・父を象徴する丸い光が中央上端、天空に描かれる。そこから聖霊を示す光が差している場合も多い。

関連項目[編集]