ビュッシュ・ド・ノエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビュッシュ・ド・ノエル
ビュッシュ・ド・ノエル
ビュッシュ・ド・ノエル

ビュッシュ・ド・ノエル (: bûche de Noël) はケーキの一種。ブッシュ・ド・ノエルとも。

概要[編集]

フランス語でノエルが「クリスマス」、ビュッシュは「木、丸太」で「クリスマスの薪」の意。その名の通り(または木の切り株)の形をしている。基本的にクリスマスケーキとして食べられる。他のケーキ同様に洋菓子店で売られるが、一部出来合いの材料を使うことで、家庭でも比較的簡単に作ることができる。

輪切りにしていない長いままのロールケーキの表面をココアクリーム(ココアで茶色く着色したバタークリーム)で覆い、そこにフォークでひっかくようにして波型の筋をつけて、樹皮をかたどる。さらに枝を模したチョコレートや、を模したホイップクリームや粉砂糖でデコレーションして作られる。

なぜ薪の形なのかについては幾つかの説があるが、クリスマスがキリスト教以前の冬至祭を起源とするのと同様、もともと北欧の古い宗教的慣習「ユール」で使われた丸太を、田舎の風習を守るためにパリのお菓子屋が「ユール・ログ」(「ユールの丸太」)[1]を作ったものと考えられる。 もう一つには「キリストの誕生を祝い、幼い救世主を暖めて護るため、暖炉で夜通し薪を燃やした」ことに由来するとも言われる。

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デズモンド・モリス『クリスマス・ウォッチング』(扶桑社)「11 ユール・ログの由来は男だろうか?」。

関連項目[編集]