シュトレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツのスシュトレン
スライスしたオランダのシュトレン

シュトレンStollen)は、ドイツ菓子パン。オランダ語ではストルstol)と呼ばれる。シュトーレンとも表記されるが、ドイツ語の発音規則としては正しくないとされる[1]。ドイツとオランダでは伝統的にクリスマスに摂取される食品で、その時期で売られるものはクリスマスのシュトレン(独:Christstollen, Weihnachtsstollen、欄:kerststol)という。

概要[編集]

生地にはドライフルーツナッツが練りこまれており、表面には砂糖がまぶされている。ドイツでは、クリスマスを待つアドベントの間、少しずつスライスして食べる習慣がある[2]。フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりもあさってと、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされる[3]

発祥はザクセン州ドレスデンで、その歴史は14世紀にさかのぼる。ドレスデンでは、12月の第1土曜日に巨大なシュトレンがパレードする祭りが行われる[4]

日本ではじめて製造・販売したのは福岡の千鳥饅頭総本舗だと言われている[5]

ドイツで作られる主なバリエーション[編集]

  • マンデルシュトレン(独:Mandelstollen):アーモンドパウダーなどを練りこんだもの
  • マルジパン / ペルシパンシュトレン(独:Marzipanstollen / Persipanstollen):マジパン、もしくはペルシパンを練りこんだもの
  • モーンシュトレン(独:Mohnstollen):ケシの実を練りこんだもの
  • ヌッスシュトレン(独:Nussstollen):各種ナッツを練りこんだもの
  • ブターシュトレン(独:Butterstollen):外側にバター、中にレーズン・アーモンド・ドライフルーツを練りこんだもの
  • クワルクシュトレン(独:Quarkstollen):クワルクチーズ、フレッシュチーズなどのチーズ製品を練りこんだもの

オランダのシュトレンのほぼ全てが一種のマルジパンシュトレンである。

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • ケルストストル - オランダにおいて、クリスマスを待つアドベントの時期などに食される菓子パン。英語圏や日本では「シュトレンに似た別の菓子」とされることが多いが、実際には「クリスマスのシュトレン」という意味の綴り・発音が言語によって違う(ChriststollenKerststol)のみであり、シュトレンとほぼ同一の菓子である。
  • ドイツ料理
  • クリスマスケーキ