ヴィエノワズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィエノワズリー
Pain au chocolat Luc Viatour.jpg
種類 ペイストリーあるいはパン
フルコース 朝食あるいは菓子
発祥地 フランス
主な材料 種類による

ヴィエノワズリー (: Viennoiserie) は イースト発酵させたパン生地または様々なペイストリー生地焼いた菓子パンの総称である。「ウィーンの物」の意。

概要[編集]

ヴィエノワズリーは、鶏卵バター牛乳クリーム砂糖などを用い、おごった味わいや甘さを強調する。[1]しばしば、ヴィエノワズリーの生地は薄く層化(ラミネート)される。ヴィエノワズリーは朝食や菓子として食べられるのが普通である。

1893年にオーストリア人の実業家アウグスト・ツァング英語版パリに開いたウィーン風パン屋を契機に、フランスにおいてウィーン風の焼き菓子が人気を博すようになった。 「ウィーン風パティスリー」("pâtisseries viennoises")という表現が最初に使われたのは、アルフォンス・ドーデが1877年に出版した『ナバブ』(Le Nabab)においてである[2]

種類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://atilf.atilf.fr/dendien/scripts/tlfiv5/advanced.exe?8;s=3108413280;
  2. ^ Viennois, -oise (definition)”. Centre National de Ressources Textuelles et Lexicales. 2011年6月19日閲覧。