キャメロン・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャメロン・ディアス
Cameron Diaz
Cameron Diaz
2012年
本名 Cameron Michelle Diaz
生年月日 1972年8月30日(41歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
ジャンル 女優
活動期間 1989年 -
主な作品
マスク
メリーに首ったけ
チャーリーズ・エンジェル』シリーズ
シュレック』シリーズ
ホリデイ

キャメロン・ミシェル・ディアスCameron Michelle Diaz, 1972年8月30日 - )は、アメリカ合衆国女優。公称身長175cm。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州サンディエゴにて生まれる。父エミリオ・ディアス(1950年 - 2008年)はスペインキューバ移民2世の石油工場の現場監督、母ビリー・ディアス(旧姓:アーリー)はアメリカ・インディアンチェロキー族イングランド人、ドイツ人の血を引く。1970年生まれの姉チミーヌがいる。

地元の名門高校、ロングビーチポリテクニク高等学校に在籍していた。

キャリア[編集]

16歳の時にエリート・モデル・マネジメントと契約し、17歳の時にファッションモデルとしてデビュー。1992年に日本に約2ヶ月間滞在したこともある。その後、カルバン・クラインリーバイスのモデルをしていた。1990年7月号のSeventeenで表紙を飾り、特集が組まれた。

21歳の時に『マスク』(1994年公開)のオーディションに合格し映画デビューを果たす。その後は地味な活躍ぶりだったが、1998年公開の『メリーに首ったけ』が1億ドルを超える大ヒットとなり本作でニューヨーク映画批評家協会賞女優賞を受賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にもノミネートされ一躍スター女優となる。

2000年からは『チャーリーズ・エンジェル』シリーズに出演し、2001年からはアニメ映画シュレック』シリーズのフィオナ姫の声優を務めている。

2005年よりMTVで『TRIPPIN' キャメロン・ディアス世界(珍)冒険紀行』に出演。この番組はドキュメンタリー番組で、彼女が友人と共に世界の辺境の地や世界遺産を巡っている。彼女は同番組のプロデューサーも務めている。

私生活[編集]

過去にマット・ディロンジャレッド・レトとの交際歴がある。2006年まで歌手のジャスティン・ティンバーレイクと交際していたが2007年1月、「ロマンチックな関係を終えた」と破局を発表した。一説によれば、ジャスティンが自身の曲のPV内で女優のスカーレット・ヨハンソンと恋人を演じ、それを見たキャメロンが嫉妬し、破局。その後イギリス人モデルのポール・スカルフォーと交際し、ロンドンで物件を探していたことから一時は結婚かといわれていたが、結局破局に至った。その後メジャーリーガーでニューヨーク・ヤンキースの主砲であるアレックス・ロドリゲスと交際中と報道されたが同年9月の時点で別れている[1]

2006年9月に亡くなったスティーブ・アーウィンのファンであった。

ベジタリアンである。

エピソード[編集]

  • 日本での人気も高いが、中々来日しなかった事もあり、かつては「キャメロン・ディアスは日本が嫌いなのでは?」と言われていた。一方、日本嫌いではなく、10代の時に日本で仕事をしていたときホームシックになり、孤独を味わったこと、そして日本における外国人モデルの待遇の悪さなどから、辛い経験をしたことから来日したがらないのではないかとも言われていた[2]。2008年に来日した際は「私がどうして日本好きか、自分の目で確認してほしかった」と語っている[3]。好きな日本食は鍋焼きうどんである[4]
  • モデルだけあり、『スクリーン』誌(近代映画社)のベストドレッサーランキング、オリコンが行った「オシャレな海外スター」ランキングで1位に輝いた。
  • 2010年に放映されたイギリスBBCの自動車番組『トップ・ギア』第15シーズンで、同番組の有名企画「Star in a Reasonably Priced Car」にトム・クルーズと共に出演。番組が用意したキア・Cee'dを駆り、1分45秒2のタイムを出す。これは放映時ではトム・クルーズに次ぐ第2位である。また、司会者であるジェレミー・クラークソン同乗によるドーナツターンを披露した。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1994 マスク
The Mask
ティナ・カーライル
1995 最後の晩餐/平和主義者の連続殺人
The Last Supper
ジュード
1996 彼女は最高
She's the One
ヘザー
フィーリング・ミネソタ
Feeling Minnesota
フレディ・クレイトン
真夏の出来事
Head Above Water
ナタリー
1997 ブラック・メール/脅迫
Keys to Tulsa
トゥルーディ
ベスト・フレンズ・ウェディング
My Best Friend's Wedding
キンバリー・ウォレス
普通じゃない
A Life Less Ordinary
セリーヌ・ネヴィル
1998 ラスベガスをやっつけろ
Fear and Loathing in Las Vegas
金髪のテレビレポーター
メリーに首ったけ
There's Something About Mary
メリー・ジェンセン
ベリー・バッド・ウェディング
Very Bad Things
ローラ・ガレッティ
1999 マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
ロッテ・シュワルツ
エニイ・ギブン・サンデー
Any Given Sunday
クリスティーナ・パグニアーチ
2000 彼女を見ればわかること
Things You Can Tell Just by Looking at Her
キャロル・ファーバー
チャーリーズ・エンジェル
Charlie's Angels
ナタリー・クック
2001 姉のいた夏、いない夏。
The Invisible Circus
フェイス
シュレック
Shrek
プリンセス・フィオナ 声の出演
バニラ・スカイ
Vanilla Sky
ジュリアナ・“ジュリー”・ジャンニ
2002 クリスティーナの好きなコト
The Sweetest Thing
クリスティーナ・ウォルターズ
My Father's House 少女
マイノリティ・リポート
Minority Report
カメオ出演
ギャング・オブ・ニューヨーク
Gangs of New York
ジェニー・エヴァディーン
2003 チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
Charlie's Angels: Full Throttle
ナタリー・クック
2004 シュレック2
Shrek 2
プリンセス・フィオナ 声の出演
2005 イン・ハー・シューズ
In Her Shoes
マギー・フェラー
2006 ハリウッドわんわんスター大集合
HOLLWOOD'S TOP DOGS
本人役
2006 ホリデイ
The Holiday
アマンダ・ウッズ
2007 シュレック3
Shrek The Third
プリンセス・フィオナ 声の出演
Shrek the Halls プリンセス・フィオナ 声の出演
テレビシリーズ
2008 ベガスの恋に勝つルール
What Happens in Vegas
ジョイ・マクナリー=フラー
2009 私の中のあなた
My Sister's Keeper
サラ・フィッツジェラルド
運命のボタン
The Box
ノーマ・ルイス
2010 シュレック フォーエバー
Shrek Forever After
フィオナ姫 声の出演
ナイト&デイ
Knight and Day
ジューン・ハヴンス
2011 グリーン・ホーネット
The Green Hornet
レオノア・ケース
バッド・ティーチャー
Bad Teacher
エリザベス・ハルセイ
2012 恋愛だけじゃダメかしら?
What to Expect When You're Expecting
ジュールズ・バクスター
モネ・ゲーム
Gambit
PJ・プズナウスキー
2013 悪の法則
The Counselor
マルキナ

CM[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “キャメロン・ディアスと破局!アレックス・ロドリゲスが認める「僕らは友達でい続ける」”. シネマトゥデイ. (2011年9月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0035642 2013年3月1日閲覧。 
  2. ^ 日経エンタテインメント!』誌(日経BP社)の連載「負け組ハリウッドの肖像」
  3. ^ デイリースポーツ 2008年8月6日記事[1]
  4. ^ 2009年10月3日TBS系列オールスター感謝祭

外部リンク[編集]