イン・ハー・シューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イン・ハー・シューズ
In Her Shoes
監督 カーティス・ハンソン
脚本 スザンナ・グラント
原作 ジェニファー・ウェイナー
製作 リサ・エルジー
キャロル・フェネロン
カーティス・ハンソン
リドリー・スコット
製作総指揮 トニー・スコット
出演者 キャメロン・ディアス
トニ・コレット
音楽 マーク・アイシャム
撮影 テリー・ステイシー
編集 リサ・ゼノ・チャージン
クレイグ・キットソン
製作会社 スコット・フリー・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年9月24日
日本の旗 2005年11月12日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $32,880,591[1]
世界の旗 $83,073,883[1]
テンプレートを表示

イン・ハー・シューズ』(In Her Shoes)は、2005年公開のアメリカ映画

対照的な2人の姉妹が恋に仕事に、それぞれが人生の転機を迎える姿を描くハートフル・ヒューマン・ストーリー。ジェニファー・ウェイナー(Jennifer Weiner)の同名ベストセラーをキャメロン・ディアストニ・コレット主演で映画化。監督はカーティス・ハンソン。タイトルは「彼女の立場になって」という意味である。

キャッチコピーは、「私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。」

ストーリー[編集]

周りが羨むスタイルと美貌を持ちながら問題ばかり起す妹マギー。姉ローズはフィラデルフィア弁護士として成功しているものの、自分の容姿に自信が持てず、高価な靴を買いながらも履くことはない。定職にも就かず、ローズの家に居候していたマギーはある時、ローズの留守中に訪ねてきた彼女のボーイフレンドと寝てしまい、ローズに家を追い出される。行く当てのないマギーは仕方なく、祖母エラがフロリダにいることを知り、訪ねる。家族と絶縁していたことに罪悪感を抱くエラは埋め合わせができると思い、マギーを歓迎するが、マギーはエラの金を盗もうとする。エラはマギーに施設内の介護の仕事をするように言い渡す。そこでマギーは盲目の元大学教授と出会い、詩の素晴らしさを教わり、自分のコンプレックスであった難読症を克服しようと努力し、大きく変わっていく。一方、ローズも自分を見つめ直す生活を送る中で、元同僚のサイモンと愛を育む。やがてフロリダでローズとマギーは再会して和解。フィラデルフィアに戻ったローズはエラの靴を履いてサイモンと結婚式を挙げる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マギー・フェラー キャメロン・ディアス 朴璐美
ローズ・フェラー トニ・コレット 坪井木の実
エラ・ハーシュ シャーリー・マクレーン 翠準子
サイモン・スタイン マーク・フォイアスタイン 落合弘治
エイミー ブルック・スミス 山像かおり
トッド アンソン・マウント
ジム・ダンヴァーズ リチャード・バージ 中田譲治
サイデル・フェラー キャンディス・アザラ 定岡小百合
マイケル・フェラー ケン・ハワード 楠見尚己
グラント エリック・バルフォー 白熊寛嗣

受賞履歴[編集]

トリビア[編集]

  • 日本のオフィシャル・サイトでU2の『Stuck in a Moment You Can't Get Out Of』という楽曲が流れているが、これはアメリカの劇場予告でこの曲が使用されたためである。
  • キャメロン・ディアスが盲目の教授に読んで聞かせるのはエリザベス・ビショップOne ArtE・E・カミングスi carry your heart with meという詩 。
  • トニ・コレットがプリンストンのロゴが入ったトレーナーを着ているシーンがあるが、これは原作でローズがプリンストン大学出身という設定だからである。ちなみに原作者のジェニファー・ウェイナーもプリンストン大学出身。
  • 原作者のジェニファー・ウェイナーがローズとエイミーがでかけるイタリアン・マーケットのシーンでカメオ出演している。

脚注[編集]

  1. ^ a b In Her Shoes (2005)”. Box Office Mojo. 2009年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]