最後の晩餐/平和主義者の連続殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最後の晩餐/平和主義者の連続殺人
The Last Supper
監督 ステーシー・タイトル
脚本 ダン・ローゼン
出演者 キャメロン・ディアス
撮影 ポール・キャメロン
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年4月5日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

最後の晩餐/平和主義者の連続殺人』(The Last Supper)は、1995年アメリカ映画政治的対立を描いたブラックコメディである。『マスク』以降の仕事選びに悩んでいたキャメロン・ディアスが出演している。

スタッフ[編集]

  • 監督:ステーシー・タイトル
  • 脚本:ダン・ローゼン

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

テレビでは保守的なイデオローグが演説する番組が好評であるようなご時世のお話。

アイオワ州左派的な思想を持つ大学院生たちが共同生活を送る家に、帰還兵がやって来る。院生たちは、はじめは彼を温かく迎え入れるが、晩餐での会話で彼がきわめて保守的な考え方を持っていることが分かり、口論の末に死なせてしまう。そのことがきっかけで、彼らは保守思想を持つ人物を片っ端から家に招き、一人ずつ毒殺していくことを決めた。だんだんとエスカレートしていって、ついには『ライ麦畑でつかまえて』を批判しただけで毒を盛られてしまう者まで出てくる始末。彼らにとっての最後の標的は、テレビに出てくるあの保守論客だった…。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]