グリーン・ホーネット (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーン・ホーネット
The Green Hornet
監督 ミシェル・ゴンドリー
脚本 エヴァン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン
製作 ニール・H・モリッツ
製作総指揮 エヴァン・ゴールドバーグ
マイケル・グリロ
オリ・マーマー
セス・ローゲン
ジョージ・W・トレンドル・Jr
出演者 セス・ローゲン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 マイケル・トロニック
製作会社 オリジナル・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年1月14日
日本の旗 2011年1月22日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $120,000,000[1]
興行収入 $225,868,000[1]
テンプレートを表示

グリーン・ホーネット』(The Green Hornet)は、2011年公開のアメリカ映画。テレビドラマやラジオドラマなどで知られる『グリーン・ホーネット』の映画化である。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスの新聞社の社長の息子・ブリットは父が蜂に刺されショック死したことがきっかけに急遽、社長の座についた。社長になったことでブリットはそれまでの放蕩ぶりを反省して正義感に目覚め、「ロスから悪党を消す」ことを誓う。ブリットは父の運転手をしていた上海出身の日本人でエンジニア兼バリスタのカトー(ケイトー)とコンビを組み、「発明家」でもあるカトーが開発したスーパーマシン「ブラック・ビューティー」を愛車に、緑の仮面で素顔を隠す「グリーン・ホーネット」として悪党たちに挑む。 しかし、新しく秘書として雇ったセクシーなインテリ美女をめぐり、ブリットとカトーの間には不協和音が生じる。

やがてブリットは父の死に「ロスの暗黒街の大物」がかかわっていることを知り、これに立ち向かおうとする…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ブリット・リード / グリーン・ホーネット セス・ローゲン 山寺宏一
カトー ジェイ・チョウ 森田成一
レノア・ケース キャメロン・ディアス 林真里花
ベンジャミン・チュドノフスキー クリストフ・ヴァルツ 安原義人
ジェームズ・リード トム・ウィルキンソン 小島敏彦
フランク・スカンロン デヴィッド・ハーバー 丸山壮史
マイケル・アックスフォード エドワード・ジェームズ・オルモス 斎藤志郎
ポパイ ジェイミー・ハリス 家中宏
チリ チャド・コールマン 乃村健次
タッパー エドワード・ファーロング 佐藤せつじ
ダニー・“クリスタル”・クリア ジェームズ・フランコカメオ出演 小西克幸

製作[編集]

ソニー・ピクチャーズは、香港のアクション・コメディ俳優のチャウ・シンチーがカトー役で出演することを発表した[2]。当初は監督も兼任すると発表されたが、後に製作上の意見の相違のために出演のみになることがわかった[3]。チャウ・シンチーは後にジャック・ブラックとのパロディ映画のためにカトー役も降板し[4]、代わりに台湾のジェイ・チョウが抜擢された[5]。また、悪役のミスターXには当初ニコラス・ケイジが予定されていた[6][7]が降板し、キャスト不在のまま撮影は進んだ。2009年9月14日、代わってオーストリアクリストフ・ヴァルツが出演することが報じられた[8]。10月8日にはアンヴィルのカメオ出演シーンが撮影された[9]。2010年6月21日、予告編と写真が初公開された[10]

北米公開日は2010年12月22日を予定していたが、3Dにコンバートする作業のために2011年1月14日に延期された[11]

音楽はダニー・エルフマンが手掛ける予定だったがスケジュールの都合の為に降板し[12]、代わりにジェームズ・ニュートン・ハワードが担当した。

出典[編集]

外部リンク[編集]