グッド・シャーロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッド・シャーロット
2007年のメンバーショット}
2007年のメンバーショット
基本情報
別名 グッシャー
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州
ジャンル パンク・ロック
活動期間 1996年 - 現在
レーベル キャピトル・レコード
エピック・レコードDaylight Records
公式サイト オフィシャルウェブサイト
メンバー
ジョエル・マッデン
ベンジー・マッデン
ポール・トーマス
ビリー・マーティン
ディーン・バターワース
旧メンバー
アーロン・エスコロピオ(Dr)
クリス・ウィルソン(Dr)

グッド・シャーロット (Good Charlotte) は、1996年アメリカ合衆国メリーランド州で結成された5人組パンク・ロックバンドである。日本では「グッシャー」と略されることがある。

来歴[編集]

2000年に1stアルバム『グッド・シャーロット(Good Charlotte)』でメジャーデビュー。

2002年に発売された2ndアルバム『ヤング・アンド・ホープレス(The Young And The Hopeless)』収録の「Lifestyle Of The Rich & Famous」や「The Anthem」がヒット。アルバム自体の全世界トータルセールスも、500万枚を超えるモンスターアルバムとなる。

2004年には、前作より、更にダークでポップなアルバム『クロニクル・オヴ・ライフ・アンド・デス(The Chronicles of Life and Death)』をリリース。

2005年ソニックマニアでは当初トリを務める予定だったBECKとの交渉が纏まらず、替わりにトリを務めた。

2007年発売の『グッド・モーニング・リバイバル(Good Morning Revival)』では、ダンサブルなパンク・ロックへと路線を変更したが、大成功を収めた。

2010年、過去4作のアルバムにおいて、所属・販売していたエピック・レコードを離れ、新たにキャピトル・レコードへ移籍した。キャピトル・レコードからのバンドとしての5thアルバム『カーディオロジー(Cardiology)』は2010年10月に日本で先行発売された。アルバムの日本盤ボーナス・トラックには、同レーベル所属の雅-MIYAVI-が参加している。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

  • ジョエル・マッデン(Joel Madden, 1979年3月11日 - ):リードボーカル
双子の弟。ヒラリー・ダフとの熱愛で知られていたが2006年11月破局。その後ライオネル・リッチーの養女であるニコール・リッチーとの交際を経て結婚。二児の父。
  • ベンジー・マッデン(Benji Madden, 1979年3月11日 - ):リズムギター、ボーカル
双子の兄。2005年平成17年)9月には、当時土屋アンナの義姉であったタレント・こずえ鈴(フリーディア・ニムラ)とカリフォルニア州同棲していることが報じられた[1]。その後女優ソフィー・モンクと婚約していたが破局。その後パリス・ヒルトンと交際していたが破局したと報じられている。
ベンジーにギターを教えた。
プロデューサーになるという夢を叶えるために色々な楽器に挑戦するなど努力家である。
  • ビリー・マーティン(Billy Martin, 1981年6月15日 - ):リードギター、キーボード
Level27というブランドを経営している。
ティム・バートン監督の大ファンで、ナイトメアー・ビフォア・クリスマスのグッズを集めている。
漫画家になるのが夢だったせいかアニメーターとしての腕はプロ級。
  • ディーン・バターワース(Dean Butterworth, 1976年9月26日 - ):ドラムス
イギリス人。10歳でアメリカに移住、13歳でドラムを始めた。彼はこれまでモリッシーベン・ハーパージョン・リー・フッカーとプレイしたこともあるベテランドラマーである。彼についてジョエルは「彼はすごいドラマーというだけではなく、本当にいい人なんだ。とにかく安定しているし助かるよ」と発言している。

元メンバー[編集]

  • アーロン・エスコロピオ(Aaron Escolopio, - ):ドラムス
1996年加入、2001年脱退。現在はウェイクフィールドに在籍。
  • クリス・ウィルソン(Chris Wilson, 1981年5月5日 - ):ドラムス
2002年加入、2005年脱退。現在はザ・サマー・オブセッションに在籍。

メンバー脱退について[編集]

クリス・ウィルソン[編集]

クリス・ウィルソンのクビの理由は彼がドラッグに溺れていたためである。 また、彼は脱退後の2006年、曲に対する印税が入っていないとグッド・シャーロットに文句をいい(彼のブログに掲載)、訴えるとまで脅しをかけた。 これに対して、マッデン兄弟とビリー、ポールは同年9月に、彼は曲作りには参加していないから印税は関係ないはず、とコメントを出し、また「あんなによくしてやったのに…」ともらしていた。

エピソード・プライベート[編集]

  • 親日家として知られ、日本語を勉強している。楽曲でも日本語が用いられたものが複数ある。
  • マッデン兄弟はデビュー当時は酒もタバコも無理だったが、今はどちらもたしなんでいる。
  • 中心メンバーのマッデン兄弟は実兄のジョシュ・マッデンらと「DCMA Collective」というブランドを経営するなど、幅広い分野で活躍している。

兄弟仲[編集]

兄弟仲はとても良い。その仲の良さは、記者会見中、お互いよく見合ってニコニコすることも多々見られ、またジョエルと現在交際中のニコール・リッチーと、ベンジーと婚約中の彼女ソフィー・モンクの4人でのダブルデートをしたり、身近なことはすぐお互い話して、それで満足して彼女に話すのを忘れてしまうぐらいだという。また、彼らの家の距離は500メートルほどとかなり近い。

彼ら兄弟の趣味は対照的で、ベンジーは少し暗めが、ジョエルは豪華で伝統的なものが好きらしく、それは彼らの家にも反映されている。雑誌「INROCK」の彼らのインタビューによると、ジョエル曰く「ベンジーの家はディズニー映画ホーンテッドマンションみたいで、ちょっとゴシックな家」、ベンジー曰く「ジョエルは趣味の悪い金持ちみたいな家」とのことである。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • グレイテスト・リミックス - Greatest Remixes (2008年) 日本盤のみボーナス・トラック5曲収録。
  • グレイテスト・ヒッツ - Greatest Hits (2011年) Sony(エピック)最後のアルバム。日本盤のみボーナス・トラック3曲収録。

DVD[編集]

  • ビデオ・コレクション - Video Collection(2003年)
  • ライヴ・アット・ブリクストン・アカデミー - Live At Brixton Academy(2004年)
2003年12月にイギリスのブリクストン・アカデミーで行われたライヴ映像とビハインド・ザ・シーンなどを収録。
  • ファスト・フューチャー・ジェネレーション - Fast Future Generation (2007)
CDとの2枚組で、ライブの裏とトークを収めたもの。CDにはGood Morning Revival に収められている「Keep Your Hands Off My Girl 」とそのPV(ストリートヴァージョン)がCDエクストラ仕様で収められている。CDの内容はこれだけ。

脚注[編集]

  1. ^ こずえ鈴 米人気ロッカーと同棲発覚 『SponichiAnnex』(スポーツニッポン新聞社) 2005年9月3日掲載、平成24年1月7日閲覧

外部リンク[編集]