ジョン・リー・フッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・リー・フッカー
John Lee Hookerat Long Beach Blues Fest., 1997
John Lee Hooker
at Long Beach Blues Fest., 1997
基本情報
出生名 John Lee Hooker
出生 1917年8月22日
出身地 米国ミシシッピ州クラークスデイル
死没 米国カリフォルニア州ロスアルトス
2001年6月21日(満83歳没)
ジャンル ブルース
職業 ギタリスト歌手
担当楽器 ギター
活動期間 1948年 - 2001年
レーベル モダン、ヴィージェイ、チェススタックスABCポイントブランク
共同作業者 エディー・テイラー、ヴァン・モリソン他
公式サイト JohnLeeHooker.com

{{{Influences}}}

ジョン・リー・フッカー (John Lee Hooker, 1917年8月22日 - 2001年6月21日)は、米国ブルースシンガーギタリスト。50年以上に渡るキャリアの中で、独特のリズム感覚を持ったブギ・スタイルを確立し、「キング・オブ・ブギ」の名でも親しまれた。1984年には来日公演も行っている。代表曲は"Boom Boom"、"Boogie Chillen"など。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第35位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第81位[1]

来歴[編集]

ミシシッピ州クラークスデイル生まれ。生まれた年については、1915年1920年など諸説あるものの、1917年説が最も一般的である。1943年デトロイトに移住。1948年にレコード・ディーラのバーニー・ベスマンの誘いを受け、初レコーディングを経験する。翌年1月、モダンより発表となった"Boogie Chillen"がR&Bチャートを昇りつめる大ヒットとなった。このヒットにより、他のレーベルからも誘いを受けるものの、モダンとの契約で縛られていたジョン・リーは、様々な変名を使い、複数のレーベルに作品をレコーディングしていった。

1955年、モダンとの契約が終了しヴィージェイ・レーベルと契約する。同レーベルには1965年まで在籍し、計8枚のアルバムを発表した。それまでの弾き語りスタイルから、R&B色の濃いバンドスタイルへと発展し、"Dimples"や"Boom Boom"といった代表曲を生み出す。1962年には、初のヨーロッパ・ツアーを行う。現地ではブルース・ブームが起こっていた頃で、彼は熱烈な歓迎を受けたという。

1965年ABCレコードへ移籍する。同レーベル並びに傘下のブルースウェイ、インパルス!レコードなどからも作品をリリースしていった。

1970年代に入ると、デトロイトを離れ、カリフォルニア州に移住する。この頃から、ロック・ミュージシャンとの共演を活発化させている。キャンド・ヒートと共演した『Hooker 'N Heat』 (1970年) を始め、『Endless Boogie』 (1971年) では スティーヴ・ミラージェシー・エド・デイヴィスらと共演、翌1972年にはヴァン・モリソンとの共演盤『Never Get Out Of These Blues Alive』を発表している。

1970年代半ば頃までABCに在籍するが、その後は暫く新作からは遠ざかっている。1980年の映画『ブルース・ブラザーズ』に出演し、シカゴのマックスウェル・ストリートのストリート・ミュージシャンを演じた。1984年7月には、ブラック・ミュージック・リヴュー招聘で、ロバート・クレイとともに来日を果たし、全国6都市で公演を行う。晩年ツアーを嫌ったジョン・リーにとって、結局これが唯一の来日公演となった。

新作から遠ざかっていたジョン・リーだったが、1989年カルロス・サンタナボニー・レイットロス・ロボスら豪華ゲストを迎えたアルバム『Healer』で華々しくカムバックを果たす。このアルバムは、グラミー賞を獲得し、再び存在感をみせつけることになった。翌1990年にはロックの殿堂入りも果たしている。

続く『Mr. Lucky』 (1991年) にもライ・クーダージョニー・ウィンターキース・リチャーズらが参加。旧知のヴァン・モリソンとの共演も実現している。モリソンは『Chill Out』 (1995年)、『Don't Look Back』 (1997年) にも参加している他、モリソンのアルバム『Too Long In Exile』(1993年) へのジョン・リーのゲスト参加もあった。

2001年6月21日、ジョン・リーはカリフォルニア州サンフランシスコ近郊ロス・アルトスの自宅で、就寝中に老衰のため死去した。

カムバック後は、幅広いアーティスト達との共演を重ねた。デニス・ホッパー監督の映画『ホット・スポット』のサウンドトラックでのマイルス・デイヴィスとの共演、ピート・タウンゼントの『Iron Man』 (1989年)、ビッグ・ヘッド・トッド& ザ・モンスターズの『Beautiful World』 (1997年)などへの参加がある。トミー・カストロの2001年のアルバム『Guilty Of Love』への参加は、ジョン・リーの最も晩年のゲスト参加のひとつである。

自己名義の作品としては、前述の『Don't Look Back』がラストとなったが、その翌年1998年リリースのベスト盤『The Best Of Friends』にも新録が3曲収録されている。また、没後の2003年発表の『Face To Face』は、未発表音源にゲスト・ミュージシャンのオーバーダブを施した作品であり、事実上のラスト・アルバムとも言える内容である。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1959 - I'm John Lee Hooker (Vee Jay)
  • 1959 - The Folk Blues of John Lee Hooker (Riverside)
  • 1959 - Burning Hell (Riverside)
  • 1960 - Travelin' (Vee Jay)
  • 1960 - That's My Story (Riverside)
  • 1960 - House Of The Blues (Chess)
  • 1960 - Blues Man
  • 1961 - John Lee Hooker Sings The Blues
  • 1961 - Plays And Sings The Blues (Chess)
  • 1961 - The Folk Lore of John Lee Hooker (Vee Jay)
  • 1962 - Burnin' (Vee Jay)
  • 1962 - Drifting the Blues
  • 1962 - The Blues
  • 1962 - Tupelo Blues
  • 1963 - Don't Turn Me from Your Door: John Lee Hooker Sings His Blues (Atco)
  • 1964 - Great Blues Sounds
  • 1964 - I Want to Shout the Blues
  • 1964 - The Big Soul of John Lee Hooker (Vee Jay)
  • 1965 - Hooker & The Hogs
  • 1966 - It Serves You Right to Suffer (Impulse!)
  • 1966 - The Real Folk Blues (Chess)
  • 1967 - Live at Cafè Au Go-Go (Bluesway)
  • 1967 - Urban Blues (Bluesway)
  • 1968 - Hooked on Blues
  • 1969 - If You Miss'Im I Got'Im
  • 1969 - Simply The Truth
  • 1969 - That's Where It's At!
  • 1969 - Get Back Home (Black and Blue)
  • 1970 - If You Miss 'Im...I Got 'Im
  • 1970 - John Lee Hooker on the Waterfront
  • 1970 - Moanin' and Stompin' Blues
  • 1971 - Endless Boogie
  • 1971 - Goin' Down Highway 51
  • 1971 - Half A Stranger
  • 1971 - Hooker 'N' Heat
  • 1971 - I Feel Good
  • 1971 - Never Get Out Of These Blues Alive
  • 1972 - Detroit Special
  • 1972 - Live At Soledad Prison
  • 1973 - Born In Mississippi, Raised Up In Tennessee
  • 1974 - Free Beer And Chicken
  • 1974 - Mad Man Blues (Chess)
  • 1976 - Alone (Tomato)
  • 1976 - In Person
  • 1977 - Black Snake
  • 1977 - Dusty Road
  • 1978 - The Cream (Tomato)
  • 1979 - Sad And Lonesome
  • 1980 - Everybody Rockin'
  • 1980 - Sittin' Here Thinkin'
  • 1986 - Jealous (Pausa)
  • 1988 - Trouble Blues
  • 1989 - Highway Of Blues
  • 1989 - John Lee Hooker's 40th Anniversary Album
  • 1989 - The Detroit Lion
  • 1989 - The Healer (Chameleon)
  • 1990 - The Hot Spot (マイルス・デイヴィスとの共演)
  • 1990 - Don't You Remember Me
  • 1991 - More Real Folk Blues: The Missing Album
  • 1991 - Mr. Lucky (Pointblank/Charisma)
  • 1992 - Boom Boom (Pointblank/Charisma)
  • 1995 - Chill Out (Pointblank/Charisma)
  • 1997 - Don't Look Back (Pointblank/Charisma)
  • 1998 - The Best of Friend (Pointblank/Charisma)
  • 2003 - Face to Face (Eagle Rock Entertainment)

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: John Lee Hooker”. 2013年5月26日閲覧。

情報源[編集]

外部リンク[編集]