ABCレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ABCレコード(ABC Records, Inc)は1955年から1979年にかけて存続したアメリカレコード会社レコードレーベル。当初はABCパラマウント・レコード(ABC-Paramount Records, Inc)であったが、1966年にABCレコードに改称した。

沿革[編集]

1955年ABC(当時はパラマウント映画と合併してABCパラマウント)の子会社としてABCパラマウント・レコードが設立される。

1950年代後半にポール・アンカがヒットを連発し、ABCの看板スターとなる。その後数々の中小レーベルを買収して傘下に収め、アメリカの大手レコード会社(メジャー)の一角を占めるようになった。

1960年、ジャズ専門レーベルのインパルスを設立。アトランティックから移籍したジョン・コルトレーンはここで最盛期を迎えたが、1967年にコルトレーンが死去するとレーベルも退潮した。

1966年にABCレコードに改称。この年はママス&パパスをはじめとしたフォークロックの大物アーティストを多数輩出したダンヒルレコードを買収している。

1970年代にはスリー・ドッグ・ナイトスティーリー・ダンらのアーティストがヒットを生む。1974年にブルーサム・レコードを買収。

1979年MCAレコード(現・ユニバーサル・ミュージック)に買収され、レコード会社・レーベルとしてのABCの名は消滅した。

さまよえるレーベル[編集]

日本での発売元が頻繁に変わったことでも有名であるが、2000年にようやく、現在のユニバーサル・ミュージックに落ち着いた。以下に、遍歴を示す。

主なレーベル[編集]

  • ABCパラマウント(ABC-Paramount)
  • ABC(ABC)
  • アプト (Apt) シングル盤専門
  • インパルス (Impulse) ジャズ専門
  • ブルースウェイ (Bluesway) ブルース専門
  • ダンヒル (Dunhill)
  • プローブ (Probe)
  • ウエストミンスター (Westminster) クラシック専門
  • ドット (Dot)
  • バックビート (Back Beat)

主な所属アーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本での発売第1弾は、ポール・アンカのデビュー曲「ダイアナ」(レコード番号:P-1(SP盤)、PS-1(EP盤))。ABC原盤については、輸入メタル原盤からのプレスを行わず、キングレコードが自らカッティング、プレスを行った。