チャールズ・ミンガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ミンガス
}
基本情報
出生 1922年4月22日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州
死没 1979年1月5日(満56歳没)
メキシコの旗メキシコ
ジャンル ジャズハード・バップ
職業 ベーシストバンドリーダーコンポーザー
担当楽器 ベースピアノ
活動期間 1943年-1979年
レーベル デビュー・レコード
アトランティック・レコード
コロムビア・レコード
インパルス!レコード
公式サイト mingusmingusmingus.com

チャールズ・ミンガスCharles Mingus1922年4月22日 - 1979年1月5日)は、アメリカ合衆国ジャズ演奏家(ベーシストコンポーザーバンドリーダー・時にピアニスト)。人種隔離反対運動でも有名。

略歴[編集]

  • 1943年ルイ・アームストロングのバンドで活動。1945年に初レコーディングを経験。
  • 1950年代前半には、チャーリー・パーカーバド・パウエルと共演し、ベーシストとして名を広めていく。また、自分のレーベル、デビュー・レコードを立ち上げた。このレーベルの音源としては、チャーリー・パーカー(契約上の問題でチャーリー・チャンと表記された)やディジー・ガレスピーと共演した『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』が有名だが、ベースの音量が小さかったため、ミンガスがベースをオーバー・ダビングしたというエピソードがある。
  • 1956年、ジャズに物語的要素を持ち込んだ『直立猿人』を発表し、作曲家としてもバンド・リーダーとしても名声を高めた。
  • 1959年発表の『ミンガス Ah Um』は、差別主義者の白人を徹底的に皮肉った「フォーバス知事の寓話」や、後にジョニ・ミッチェルジェフ・ベックがカヴァーした「グッドバイ・ポーク・パイ・ハット」を収録した、ミンガスの代表作の一つ。
  • 1962年発表の『オー・ヤー』では、ベースを弾かずにヴォーカルとピアノを担当し、新たな一面を見せた。その後、ミンガス自身によるピアノ・ソロ作品『ミンガス・プレイズ・ピアノ』も発表。
  • ミンガスのバンドには、ジョン・ハンディエリック・ドルフィーローランド・カーク等の強者プレイヤーが出入りしてきた。1962年には、穐吉敏子も一時的に在籍。
  • 1960年代後半は活動が停滞するが、1970年代に入ると再び活動が活発化。晩年は、筋萎縮性側索硬化症で車椅子生活となり、ベースを弾けなくなったが、作曲・編曲活動は死の直前まで続けていた。

音楽性[編集]

人物[編集]

  • 黒人に対する人種差別には激しく抵抗していたが、有能なミュージシャンであれば白人でも迎え入れた。とりわけ、ジミー・ネッパートロンボーン)はお気に入りだったという。女性に関しても、最初の妻・2人目の妻ともに白人。
  • 『俺をチャーリーと呼ぶな、チャールズと呼べ』と名前の呼び方にもクレームをつけるなどと頑固でいつも怒っていたような印象を与えたと伝わっている。
  • うつ病、もしくは双極性障害の傾向にあった。
  • 葉巻チェスの愛好家であった。サックス奏者のポール・デスモンドもミンガスと卓を囲んだという。

主な作品[編集]

リーダー・アルバム

  • Pithecanthropus Erectus (1956)
  • The Clown (1957)
  • Tijuana Moods (1957)
  • Blues & Roots (1959)
  • Mingus Ah Um (1959)
  • Mingus Dynasty (1959)
  • Charles Mingus Presents Charles Mingus (1960)
  • Oh Yeah (1962)
  • The Black Saint and the Sinner Lady (1963)
  • Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus (1963)
  • Mingus Plays Piano (1964)
  • Revenge! The Legendary Paris Concert (1964)
  • Let My Children Hear Music (1971)
  • Mingus Moves (1973)
  • Mingus At Carnegie Hall (1974)
  • Changes One (1974)
  • Changes Two (1974)
  • Cumbia And Jazz Fusion (1977)
  • Three or Four Shades of Blues (1977)
  • Me Myself An Eye (1978)
  • Something Like A Bird(1978)

その他

補足[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『ミンガス 自伝・負け犬の下で』チャールズ・ミンガス、晶文社。

関連項目[編集]