スリー・ドッグ・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリー・ドッグ・ナイト
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ロック ポップス
活動期間 1968年1976年1981年~現在
公式サイト http://www.threedognight.com
メンバー
Danny Hutton(V.)
Cory Wells(V.)
Jimmy Greenspoon(K.)
Michael Allsup(G.)
Paul Kingery(B.)
Pat Bautz(D.)
旧メンバー
Joe Schermie(B.)
Chuck Negron(V.)
Floyd Sneed(D.)
Jack Ryland(B.)
Skip Konte(K.)

{{{Influences}}}

スリー・ドッグ・ナイトThree Dog Night)はアメリカのバンド。

概要[編集]

ダニー・ハットン、チャック・ネグロン、コリー・ウェルズという3人のボーカルを擁した独特のサウンドを持つバンド。ビルボードのトップ40に21曲がチャート・インし、その内3曲が1位を獲得した。バンド名は「アボリジニが寒さの厳しい夜に3匹の犬と寝る」という風習にちなんでいる(公式サイトの記述より)。[1]

略歴[編集]

1967年、ボーカルのダニー・ハットンが中心となってグループ結成を企図、コリー・ウェルズとチャック・ネグロンという二人のボーカリストと3人組のグループをまず組み、そこにジミー・グリーンスプーンを初め4人のバック・ミュージシャンをスカウトして7人編成のバンドを組み、1968年11月、ダンヒルレコードからシングル「Nobody」でデビュー。翌1969年4月にリリースした3曲目のシングル「ワン」がトップ40で5位まで上昇、さらに1970年には「ママ・トールド・ミー」、1971年には「喜びの世界(ジョイ・トゥ・ザ・ワールド)」が1位になり、スターダムにのし上がった。その後も「ブラック・アンド・ホワイト」「オールド・ファンションド・ラブ・ソング」、「シャンバラ」、「ショウ・マスト・ゴー・オン」など74年まで数々のヒット曲を送り出した。しかし76年にダニーが脱退、さらに同年、チャックが麻薬不法所持で検挙されるといった事件が発生し、バンドは一旦解散した。その後、ダニーとコリーを中心にチャックを除くデビュー時の6人で再結成され、現在に至っている。

楽曲[編集]

彼らの曲はどれも基本的に外部の作曲家の手によるもので、そのほとんどが無名だったミュージシャンの曲をボーカルの3人がそれぞれ掘り出したものである(1人の選曲に他の2人が同意すればその選曲者をリードボーカル兼プロデューサーとしてレコーディングするというスタイルであった)。このような形で彼らが発掘したミュージシャンには後にソロ・アーティストとして成功を収めた者が多い。彼らのカバーがきっかけで日の目を見るようになった主な作家と楽曲は以下の通り。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、オーストラリア英語慣用句としてはFive dogs nightが正しく、入植した白人があまりの寒さに毛布代わりに犬を抱いて寝たことに由来する語である。