僕の歌は君の歌 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
僕の歌は君の歌
エルトン・ジョン の シングル
収録アルバム 僕の歌は君の歌
リリース 1970年10月2日
規格 7インチ シングル
録音 1970年1月 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ポップス
時間 4分4秒
作詞・作曲 エルトン・ジョン、バーニー・トーピン
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位

8位(アメリカ)/ 7位(イギリス

エルトン・ジョン シングル 年表
パイロットにつれていって
(1970年)
僕の歌は君の歌
(1970年)
「フレンズ」
(1971年)
テンプレートを表示

僕の歌は君の歌」(原題:Your Song)は、イギリスのミュージシャンであるエルトン・ジョンバラード。作曲はエルトン・ジョン自身、作詞はバーニー・トーピン。1970年に発売されたアルバム『僕の歌は君の歌』に収録された。

この曲はアメリカでは1970年10月にシングル「パイロットにつれていって」のB面として発売された。しかし、ディスクジョッキーには「僕の歌は君の歌」の方がA面の「パイロットにつれていって」より好まれて取って代わられた結果、イギリスアメリカのチャートでトップ10ヒットを記録した。

デモバージョンは、1990年に発売されたエルトン・ジョンのボックスセット・アルバム『トゥ・ビー・コンティニュード』に収録されている[1]。この曲は複数のアーティストにカバーされており、エリー・ゴールディングによるカバーは全英シングルチャートで2位を記録している。

構成とインスピレーション[編集]

「僕の歌は君の歌」はフォークジャズの融合である。レオン・ラッセルにインスピレーションされたエルトン・ジョンのピアノ演奏の上に、アコースティックギターポール・バックマスターによるストリングス、リズム・セクションが重なっている。

バーニー・トーピンによる歌詞は、ロマンチックな想いが表現されていて、自虐的な表現と芝居がかった表現を用い、オールミュージックでは「感動的で甘い」(effective and sweet) と批評されている[2]

この曲はエルトン・ジョンとバーニー・トーピンが一緒に暮らしていたころに作りだめしていたものの一部で、1969年10月27日に作曲されたものである。バーニーが朝食をとっている間、エルトンはバーニーが以前から作成していた歌詞に対してわずか10分間で作曲した。エルトンはこの曲を気に入っており、コンサートでこの曲を演奏することをほとんど欠かすことはない。彼はインタビューで「私はそれ以来すばらしいラブソングを書いていない」と言っている。

「僕の歌は君の歌」は、エルトン自身のその後の楽曲「幼き恋の日々」(1975年発売のアルバム『キャプテン・ファンタスティック』に収録)にインスピレーションを与えた[3]。元の手書きの歌詞は、朝食の後の卵とコーヒーの汚れとともに、『キャプテン・ファンタスティック』の歌詞小冊子で見ることができる。

評価[編集]

「僕の歌は君の歌」は発表されて以来、批評家たちによって称賛されている。オールミュージックのビル・ジャノビッツは、「完璧に近い歌」と評している[2]ジョン・レノンは、「僕ら(ビートルズ)の出現以降、最初に起こった新しいこと」と述べた。ローリングストーンジョン・メンデルゾーンは、「マッカートニーっぽいかわいらしいバラード」と表現した[4]。2004年に発表された「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では、136位にランクインしている。

チャート・アクション[編集]

この曲はエルトン・ジョンの最初のポップ・ヒットで、Billboard Hot 100では最高8位まで上昇し、全英シングルチャートでは最高7位を記録した。2002年にチャリティで発表されたオペラ歌手アレッサンドロ・サフィーナとのデュエット・バージョンは、イギリスで最高4位を記録した。

日本のオリコンシングルチャートでは1970年当時は総合チャートの100位以内にチャートインしていないが、1992年11月11日に映画『エンジェル 僕の歌は君の歌』の主題歌としてシングルが再発(このときのカップリングは「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」)された際に、同チャート93位を記録し、1996年5月13日にはテレビドラマ『イグアナの娘』の主題歌として再発され(このときのカップリングは「イエス・イッツ・ミー」)、同チャート49位を記録した。

チャート[編集]

チャート(1971年) 最高位
Dutch Top 40[5] 10
UK Singles Chart[6] 7
US Billboard Hot 100[7] 8
チャート(1992年) 最高位
オリコンシングルチャート[8] 93
チャート(1996年) 最高位
オリコンシングルチャート[9] 49
チャート(2002年) 最高位
Canadian Singles Chart[7]

Version with Alessandro Safina

8
Dutch Single Top 100[10]

Version with Alessandro Safina

88
UK Singles Chart[11]

Version with Alessandro Safina

4
チャート(2003年) 最高位
US Hot Dance Club Play[7] 5
チャート(2007年) 最高位
Norwegian Singles Chart[12] 10

パフォーマンスとカバー[編集]

エルトン・ジョンは2007年7月1日の「コンサート・フォー・ダイアナ」で、この曲を演奏した。2010年1月31日には第52回グラミー賞で、エルトンとレディー・ガガが「僕の歌は君の歌」とガガの「スピーチレス」をメドレーで演奏した[13]

その他のアーティストによる主なカバーを以下に記述する。

エリー・ゴールディングによるカバー[編集]

Your Song
エリー・ゴールディングシングル
収録アルバム Bright Lights
リリース 2010年11月12日
規格 デジタル・ダウンロード
録音 1970年1月 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ポップスフォーク
時間 3分10秒
作詞・作曲 エルトン・ジョン、バーニー・トーピン
プロデュース ベン・ラヴェット
テンプレートを表示

イギリスのアーティストであるエリー・ゴールディングはデビューアルバムの再リリース盤に追加するため、「僕の歌は君の歌」(原題:Your Song)のカバーを録音した。アルバムは『Bright Lights』と改名された。「Your Song」はアルバムのリードシングルとして、2010年11月12日にイギリスでデジタル・シングルとして発売された[16]。プロデュースはマムフォード&サンズのベン・ラヴェットで、シングルは2010年11月20日に全英シングルチャートで39位にチャートインした。翌週には3位へ上昇し、3週目でピークとなる2位を記録した。この曲は百貨店ジョン・ルイスのテレビ・コマーシャルで使用された[17]

2011年4月29日、バッキンガム宮殿にてエリー・ゴールディングは、ウィリアム王子とキャサリンの結婚式で「Your Song」を演奏し、王子夫妻にとって最初のダンスの場を提供した[18]。2011年5月7日には、『サタデー・ナイト・ライブ』でこの曲を演奏した[19]

評価[編集]

デジタル・スパイのニック・レヴィンはこの曲について5点満点中4点をつけ、「彼女の美しくはためく声と、少しのピアノのストリングス、付け加えられたハーモニーは、バーニー・トーピンの歌詞の優しさや、エルトン・ジョンの最高のメロディーを引き立たせている。結果的に、静かでささやかな勝利である」とコメントしている[20]スピン誌のキャリン・ガンツは、彼女のカバーバージョンを「ガガのグラミー賞バージョンより脆弱」と貶した[21]オールミュージックのジョン・オブライエンは『Bright Lights』のレビューの中で、このトラックについて「想像力に乏しい」と評し、「冒険的な残りの他のトラックと比べると、一緒に収録されているのが不適当に聞こえる」とした[22]

ミュージック・ビデオ[編集]

ベン・コーランとマックス・ナイトによって制作されたミュージックビデオ[23]は、2010年11月14日にYouTubeで最初に公開された。スーパー8のホームビデオ風の映像で、エリー・ゴールディングが友人との日常生活を表している。ゴールディングの出身地であるヘレフォードの風景は、ヘレフォード駅とともにビデオを通して見ることができる。

チャート[編集]

週間チャート[編集]

チャート(2010/2011年) 最高位
Danish Singles Chart[24] 22
Irish Singles Chart[25] 5
Swedish Singles Chart[26] 25
Swiss Singles Chart[27] 56
UK Singles Chart[28] 2

年間チャート[編集]

チャート(2010年) 順位
UK Singles Chart[29] 21

脚注[編集]

  1. ^ To Be Continued: Elton John”. Amazon.com. 2009年9月27日閲覧。
  2. ^ a b Janovitz, Bill. “Your Song”. 'Allmusic'. Rovi Corporation. 2012年6月29日閲覧。
  3. ^ We All Fall In Love Sometimes, Iconic Songs with Glenn A. Baker, Afternoons with Tim Webster, Radio 2UE, 20 November 2008
  4. ^ Mendelsohn, John. “Elton John”. Rolling Stone. Super Seventies RockSite!. 2006年7月16日閲覧。
  5. ^ Nederlandse Top 40 – week 10 – 1971” (Dutch). 'Radio 538'. top40.nl. 2010年11月20日閲覧。
  6. ^ ChartArchive – Elton John – Your Song”. 'The Official Charts Company'. ChartArchive. 2012年7月2日閲覧。
  7. ^ a b c Elton John – Billboard Singles”. 'Allmusic'. Rovi Corporation. 2012年6月29日閲覧。
  8. ^ 僕の歌は君の歌、oricon style。(2012/03/20閲覧)
  9. ^ ユア・ソング、oricon style。(2012/03/20閲覧)
  10. ^ Elton John & Alessandro Safina – Your Song” (Dutch). 'MegaCharts'. Hung Medien. 2011年5月4日閲覧。
  11. ^ ChartArchive – Elton John And Alessandro Safina – Your Song”. 'The Official Charts Company'. ChartArchive. 2012年7月2日閲覧。
  12. ^ Elton John – Your Song”. Verdens Gang. Hung Medien. 2011年11月20日閲覧。
  13. ^ Smith, Lizzie (2010年2月1日). “Elton John gets dirty with Lady Gaga as they duet at the Grammys”. Daily Mail. Mail Online. 2010年2月9日閲覧。
  14. ^ Heroes – David Benoit”. 'Allmusic'. Rovi Corporation. 2012年6月29日閲覧。
  15. ^ Heroes : David Benoit”. Concord Music Group. 2010年7月1日閲覧。
  16. ^ Your Song – Single by Ellie Goulding”. 'iTunes Store UK'. Apple Inc.. 2010年11月12日閲覧。
  17. ^ Beasley, Mark. “Our Christmas 2010 TV advert”. 'John Lewis'. John Lewis Partnership. 2010年11月20日閲覧。
  18. ^ Ellie Goulding covers The Killers, Stevie Wonder at Royal Wedding reception”. NME. IPC Media (2011年5月1日). 2011年5月4日閲覧。
  19. ^ Watch Ellie on SATURDAY NIGHT LIVE this weekend”. Interscope Records (2011年5月4日). 2011年5月8日閲覧。
  20. ^ Levine, Nick. “Ellie Goulding: 'Your Song'”. Digital Spy. 2011年5月4日閲覧。
  21. ^ Ganz, Caryn. “Ellie Goulding, 'Lights'”. Spin. Spin Media LLC. 2011年5月4日閲覧。
  22. ^ O'Brien, Jon. “Bright Lights – Ellie Goulding – Review”. 'Allmusic'. Rovi Corporation. 2012年6月29日閲覧。
  23. ^ Knight, David (2010年11月18日). “Ellie Goulding's Your Song by Ben Coughlan/Max Knight”. Promo News. 2010年11月20日閲覧。
  24. ^ Ellie Goulding – Your Song”. 'IFPI Denmark'. Hung Medien. 2011年2月4日閲覧。
  25. ^ Top 50 Singles, Week Ending 9 December 2010”. 'Irish Recorded Music Association'. Chart-Track. 2011年2月10日閲覧。
  26. ^ Ellie Goulding – Your Song”. 'Swedish Recording Industry Association'. Hung Medien. 2011年2月4日閲覧。
  27. ^ Ellie Goulding – Your Song”. 'Media Control'. Hung Medien. 2011年1月18日閲覧。
  28. ^ ChartArchive – Ellie Goulding – Your Song”. 'The Official Charts Company'. ChartArchive. 2012年7月2日閲覧。
  29. ^ The Biggest Tracks of 2010”. 'The Official Charts Company'. BBC Radio 1. 2010年12月26日閲覧。