ポコ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポコ
Poco
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ロック
カントリー・ロック
フォークロック
ウェストコースト・ロック
活動期間 1968年 -
メンバー
ラスティー・ヤングボーカルギタースティールギターマンドリン
ジャック・サンドラ(ボーカル、ベース
ジョージ・ロレンスドラムスパーカッション
マイケル・ウェッブキーボード、ギター、アコーディオン、マンドリン)
旧メンバー
リッチー・フューレイ(ボーカル、ギター)
ジム・メッシーナ(ボーカル、ギター、ベース)
ランディ・マイズナー(ボーカル、ベース)
ジョージ・グランサム(ボーカル、ドラムス)
ティモシー・B・シュミット(ボーカル、ベース、ハーモニカ
ポール・コットン(ボーカル、ギター)
アル・ガースサクソフォーンヴァイオリン
スティーヴ・チャップマン(ドラムス)
チャーリー・ハリソン(ベース)
キム・ブラード(キーボード、コーラス
ティム・スミス(ドラムス)
リチャード・ネヴィル(ボーカル、ベース)
ポール・コットン(ボーカル、ギター)
リック・セラット(キーボード、コーラス)
デイヴ・ヴァネコア(キーボード)

ポコ(Poco)は、1969年に結成されたアメリカ合衆国カントリー・ロックバンド。曲にラスティー・ヤングが得意とするスティール・ギターを多く使うなど、カントリー・ロックにポップフィーリングを加えた音楽が特徴。

来歴[編集]

1968年バッファロー・スプリングフィールドが解散し、メンバーのリッチー・フューレイジム・メッシーナランディ・マイズナーラスティー・ヤングジョージ・グランサムを加えてポコを結成した。

当初のバンド名はPogo(ポゴ)であったが、当時の有名コミックにポゴという名のキャラクターがおり、コミック作者からのクレームを受けてPoco(ポコ)と改名する。

リッチー・フューレイジム・メッシーナがデビュー・アルバムの作成権限を牛耳ろうとすることに反対したランディ・マイズナーはデビュー・アルバムのリリース前に脱退し、後にイーグルスのオリジナルメンバーとなる。空席になったベーシストの位置に一旦ジム・メッシーナが付くが、ランディ・マイズナーのような高音パートを必要と考えたポコのメンバーはすぐに後任として元Gladのティモシー・B・シュミットを迎えた。

ちなみに、ティモシー・B・シュミットはポコの結成前のベースのオーディションに参加していたが、ランディー・マイズナーが採用されたため、このような形での加入となった。

1970年リッチー・フューレイのバンド運営専制化に嫌気がさしたジム・メッシーナが脱退し、後にロギンス&メッシーナを結成することになる。後任としてポール・コットンが加入した。1973年にリッチー・フューレイが、サウザー・ヒルマン・フューレイ・バンドの結成のために脱退し、1977年にはティモシー・B・シュミットがイーグルスへの加入のために脱退した。奇しくもこの時もランディ・マイズナーの後任としてであった。

その後メンバーチェンジの繰り返しや再結成での活動などをするが、2004年にはオリジナルメンバーのドラマージョージ・グランサムがステージ上で発作を起こし、半身不随となってしまったため、以降、彼は正式メンバーとして外れることになった。 また長年メンバーであったポール・コットン2010年に、収入の分割についての対立などにより脱退し、2014年現在、オリジナルメンバーはラスティー・ヤングのみとなっている。

作品[編集]