ティモシー・B・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティモシー・B・シュミット
}
基本情報
出生名 Timothy Bruce Schmit
出生 1947年10月30日(66歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド
ジャンル ロック
カントリー・ミュージック
職業 ベーシスト
歌手
担当楽器
エレクトリックベース
パーカッション
ヴァイオリン
ギター
ハーモニカ
活動期間 1962年-
レーベル アサイラム・レコード
MCAレコード
Lucan
共同作業者 ポコ
イーグルス
リンゴ・スター
公式サイト www.timothybschmit.com
著名使用楽器
フェンダー・ジャズベース

{{{Influences}}}

ティモシー・B・シュミットの芸名で知られるティモシー・ブルース・シュミットTimothy Bruce Schmit1947年10月30日 - カリフォルニア州オークランド出身)は、アメリカ合衆国ベーシスト歌手1970年代ポコイーグルスのメンバーとして活動したことで知られる。

来歴[編集]

オークランドで生まれ、その後サクラメントに移る。15歳の頃に地元で音楽活動を開始。1970年、カントリー・ロック・バンド、ポコランディ・マイズナーの後釜として加入。ポコでの活動と並行して、スティーリー・ダンらとも共演した。1978年、イーグルスに加入。この時も奇しくもランディ・マイズナーの後釜であった。ティモシーは、アルバム『ロング・ラン』(1979年)収録曲「I Can't Tell You Why(言いだせなくて)」でリード・ボーカルを担当し、同曲はシングルとして全米8位のヒットとなった。

イーグルス解散後にソロ活動を開始。1982年、映画『初体験/リッジモント・ハイ』にザ・タイムスのカヴァー「So Much In Love(なぎさの誓い)」を提供し、日本ではミニコンポのCMにも使用され人気となった。1984年、初のソロ・アルバム『プレイン・イット・クール』発表。1992年にはリンゴ・スター・アンド・ヒズ・オールスター・バンドのツアーにも参加した。1993年、イーグルスの再結成に参加。

更に、TOTOエルトン・ジョンなど、様々なアーティストの作品でバッキング・ボーカルを担当している。

作品[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

外部リンク[編集]