リンダ・ロンシュタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンダ・ロンシュタット
LindaRonstadtPerforming.jpg
基本情報
出生名 Linda Maria Ronstadt
出生 1946年7月15日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ツーソン
職業 歌手
活動期間 1967年 -
共同作業者 ジョージ・マッセンバーグ
公式サイト http://www.ronstadt-linda.com/

リンダ・ロンシュタットLinda Ronstadt, 1946年7月15日- )は、アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン出身の歌手ミュージシャンである。

バイオグラフィー[編集]

ドイツメキシコイングランドの血を引く両親の間に生まれる。父親もミュージシャンで、10代からギルバート&サリバン(アーサー・サリヴァンウィリアム・S・ギルバート)などを聴き始め、その他にもビリー・ホリデイサラ・ヴォーンなどの女性ジャズシンガーなどに影響を受けながら、カリフォルニアへ移り、音楽へ傾倒し始める。

リンダはアリゾナ大学を1年で退学した後1967年、女性1人、男性2人のスリーピース・バンド「ストーン・ポニーズ」のボーカルとしてデビューした。このグループのリーダー、ボブ・キンメルは、当初リンダをフィーチャーした5人編成を予定していたが、グレイス・スリックをフィーチャーしたジェファーソン・エアプレインが「あなただけを(Somebody to Love)」のヒットを放って脚光を浴び、さらにエレン・マクファーレーンをフィーチャーしたスパンキー&アワー・ギャング(Spanky & Our Gang)がデビュー、といったように出し抜かれ、当初の5人編成のプラン変更を余儀なくされた。このバンドは当時、一世を風靡していたママス&パパスラヴィン・スプーンフルの流れを汲む、カントリー&ウェスタンの要素が取り入れられたフォーク・ロックのグループであった。1967年、セカンド・アルバム『Evergreen Vol. 2』からのリカット・シングル「悲しきロック・ビート」(デイファラント・ドラム)が、1968年になってベスト・テン入りを果たすビッグヒットとなって一躍注目を浴びた。しかし、その後はヒットは出せず、バンドは解散した。

バンド時代から「レコーディングはリンダ1人で」と誘われることが多く1969年、すんなりソロ・デビュー。自ら作詞・作曲はせず、新曲でもない、ほぼ全曲、過去に世に出たカバー・ソングを歌う。カーラ・ボノフJ.D.サウザーなど、当時あまり売れていなかったミュージシャンの曲を取り上げ世に出したことでも知られる。ソロ・シンガーとして注目されはじめるのは1970年のシングル「ロング・ロング・タイム(Long Long Time)」のヒットからで、この頃から1970年代のウエストコースト・サウンド・ムーブメントの中心で活躍する女性シンガーとして次第にその名を知られるようになる。バック・バンドのメンバーとして集められたドン・ヘンリーグレン・フライバーニー・レドンランディ・マイズナーは、ロンシュタットのサポート後イーグルスとして独立した。

バンド時代とソロ2枚目あたりまではカントリーフォーク中心の曲構成だったが、徐々にロック色を強め、1971年にバックバンドを務めたイーグルスのナンバーやオールディーズナンバーをロック的なボーカルスタイルに変えて人気を得た。豊かな声量と色艶のある声の持ち主である。イーグルスの名バラード「ならず者(Desperado)」をカバーしたことがあり、こちらも熱唱として知られる。

爆発的な人気を得て、その存在を知られるようになったのは、1974年のアルバム「悪いあなた (Heart Like A Wheel)」をヒットさせてから。1977年には『夢はひとつだけ(Simple Dreams)』、1978年には『Living In The U.S.A.』などの全米No.1アルバムヒットを記録した。シングル・ヒットではバディ・ホリーのカバー「It's So Easy」などが有名。1986年には、長編アニメ映画「アメリカ物語」の主題歌「Somewhere Out There」をジェームス・イングラムとのデュエットで大ヒットさせた他、1987年にはエミルー・ハリスドリー・パートンとの夢の競演アルバム『Trio』を発表、その後も1989年にはネヴィル・ブラザーズのメンバーの一人、アーロン・ネヴィルとのデュエットで「Don't Know Much」をヒットさせるなど、数々のデュエットナンバーを多く歌う切っ掛けとなった。

自身のソロ活動だけでなく、イーグルスやニール・ヤングジェームス・テイラージャクソン・ブラウン、J.D.サウザーなどのアーティストとも深い交流を持つ。付き合う男の服装の好みで格好を替えるため、ミック・ジャガーと噂があった際はホットパンツでステージに登場し、スタイルの良さを披露した。また、ミック・ジャガーが「君にはロックが足りない」と言うと、「あなたにはバラードが足りない」と言い返したという。イーグルスの代表曲の一つ「Witchy Woman」やローリング・ストーンズの「ダイスを転がせ(Tumbling Dice)」は、彼女のことを歌ったものであり、自身もカヴァーしたことがある。1990年代に入るとジャズシンガーに転向、またメキシコ音楽にも挑戦するなど、国民的大歌手として活躍した。

甲状腺の病気を長年患っており[1]、2011年に故郷アリゾナの地元紙のインタビューで引退したことを明らかにした[2][3]

2013年8月、パーキンソン病を患っており、そのため歌手活動をやめたことが明らかになった。2013年9月、自伝『Simple Dreams 』をSimon & Schusterより出版した。但し、すでに執筆を終え印刷・製本作業に入っていたため、パーキンソン病については触れられていない[4]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 1967 The Stone Poneys featuring Linda Ronstadt (US #172)
  • 1967 Evergreen Vol. 2 (US #100)
  • 1968 Linda Ronstadt, Stone Poneys And Friends,Vol.III
  • 1969 Hand Sown...Home Grown
  • 1970 Silk Purse (US #103)
  • 1972 Linda Ronstadt (US #163)
  • 1973 Don't Cry Now (US #45)
  • 1974 Heart Like A Wheel (US #1)
  • 1975 Prisoner In Disguise (US #4)
  • 1976 Hasten Down The Wind (US #3)
  • 1976 Greatest Hits (US #6)
  • 1977 Simple Dreams (US #1)
  • 1977 A Retrospective (US #46)
  • 1978 Living In The U.S.A. (US #1)
  • 1980 Mad Love (US #2)
  • 1980 Greatest Hits, Volume 2 (US #26)
  • 1982 Get Closer (US #31)
  • 1983 What's New (US #3)
  • 1984 Lush Life (US #13)
  • 1986 For Sentimental Reasons (US #46)
  • 1986 Round Midnight (US #124)
  • 1987 Trio (With Dolly Parton And Emmylou Harris) (US #6)
  • 1987 Canciones De Mi Padre (US #42)
  • 1989 Cry Like A Rainstorm, Howl Like The Wind (US #7)
  • 1990 Mas Canciones (US #88)
  • 1992 Frenesi (US #193)
  • 1993 Winter Light (US #92)
  • 1993 Boleros Y Rancheras
  • 1995 Feels Like Home (US #75)
  • 1996 Dedicated To The One I Love (US #78)
  • 1998 We Ran (US #160)
  • 1999 Trio 2 (With Dolly Parton And Emmylou Harris) (US #64)
  • 1999 Western Wall : The Tucson Sessions (With Emmylou Harris) (US #73)
  • 1999 The Linda Ronstadt Box Set (4-CD Set containing Album Tracks And Some Rarities)
  • 2000 A Merry Little Christmas (US #179)
  • 2002 The Very Best Of Linda Ronstadt (US #165)
  • 2004 Mi Jardin Azul : Las Canciones Favoritas
  • 2004 Hummin' To Myself (US #166)
  • 2006 Adieu False Heart (With Ann Savoy) (US #146)
  • 2006 The Best Of Linda Ronstadt : The Capitol Years

シングル[編集]

1967年

  • Different Drum featuring The Stone Poneys (US POP #13)

1968年

  • Up To My Neck In High Muddy Water featuring The Stone Poneys (US POP #93)

1970年

  • Long Long Time (US POP #25)

1971年

  • (She's A) Very Lovely Woman (US POP #70)

1972年

  • Rock Me On The Water (US POP #85)

1973年

  • Love Has No Pride (US POP #51)

1974年

  • Silver Threads And Golden Needles (US POP #67)
  • You're No Good (US POP #1)

1975年

  • When Will I Be Loved (US POP #2)
  • It Doesn't Matter Anymore (US POP #47)
  • Heatwave (US POP #5)
  • Love Is A Rose (US POP #63)
  • Tracks Of My Tears (US POP #25)

1976年

  • That'll Be The Day (US POP #11)
  • Someone To Lay Down Beside Me (US POP #42)

1977年

  • Lose Again (US POP #76)
  • Blue Bayou (US POP #3)
  • It's So Easy (US POP #5)

1978年

  • Poor Poor Pitiful Me (US POP #31)
  • Tumbling Dice (US POP #32)
  • Back In The U.S.A. (US POP #16)
  • Ooh Baby Baby (US POP #7)

1979年

  • Just One Look (US POP #44)

1980年

  • How Do I Make You (US POP #10)
  • Hurt So Bad (US POP #8)
  • I Can't Let Go (US POP #31)

1982年

  • Get Closer (US POP #29)
  • I Knew You When (US POP #37)

1983年

  • Easy For You To Say (US POP #54)
  • What's New and The Nelson Riddle Orchestra (US POP #53)

1984年

  • I've Got a Crush On You and The Nelson Riddle Orchestra
  • Sky Lark and The Nelson Riddle Orchestra (US POP #101)

1985年

  • When I Fall In Love and The Nelson Riddle Orchestra

1986年

  • When You Wish Upon A Star and The Nelson Riddle Orchestra
  • Somewhere Out There & James Ingram (US POP #2)

1987年

  • To Know Him Is To Love Him with Dolly Parton & Emmylou Harris
  • Telling Me Lies with Dolly Parton & Emmylou Harris (US POP #35)
  • Thoes Memories Of You with Dolly Parton & Emmylou Harris

1989年

  • Don't Know Much & Aaron Neville (US POP #2)

1990年

  • All My Life & Aaron Neville (US POP #11)
  • When Something Is Wrong With My Baby & Aaron Neville (US POP #78)

1992年

  • Frenesi
  • Perfidia

1993年

  • Heartbeats Accelerating (US POP #112)

1994年

  • Oh No Not My Baby

1995年

  • Blue Train
  • Walk On
  • A Dream Is A Wish Your Heart Makes (US POP #101)

1999年

  • After The Goldrush with Dolly Parton & Emmylou Harris

脚注[編集]

外部リンク[編集]