ロング・ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロング・ラン
イーグルススタジオ・アルバム
リリース アメリカ合衆国の旗1979年9月24日
日本の旗1979年10月6日
録音 1978年~1979年
Bayshore Recording Studio
Coconut Grove, FL,
One Step Up Recording Studio, Los Angeles, CA
Love 'n' Comfort Recording Studio, Los Angeles, CA
Britannia Recording Studio, Los Angeles, CA and
Record Plant Studios, Los Angeles, CA
ジャンル ロック
時間 42分45秒
レーベル アサイラム・レコード
プロデュース ビル・シムジク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
イーグルス 年表
ホテル・カリフォルニア
(1976年)
ロング・ラン
(1979年)
イーグルス・ライヴ
(1980年)
テンプレートを表示

ロング・ラン』(The Long Run)は、アメリカのロック・バンド、イーグルス1979年に発表したアルバム。アルバムから「ハートエイク・トゥナイト」「ロング・ラン」「言いだせなくて」の3枚のシングルヒットを生み出した。

概要[編集]

前作『ホテル・カリフォルニア』が全世界で1200万枚近い大ヒットを記録し、文字通り世界的な人気を決定付けた彼らにとって、新しいアルバム作りは極めて困難だった。元々78年に2枚組としてリリース予定だったがレコーディング作業に難航し、1枚に縮小の上リリースは1年遅れた。

この作品は、ビル・シムジクがプロデュースを引き続き担当、ベーシストとして加入したティモシー・B・シュミットがイーグルスのアルバムに初参加、「言いだせなくて」はシュミットの作品である。アルバム全体の雰囲気は、かつてイーグルスの爽快さは影を潜め、重苦しさが漂うものとなった。曲作りにおいても、アルバム全10曲のうち4曲がバンド外の人間との共作である。このアルバムからは「ハートエイク・トゥナイト」「ロング・ラン」「言い出せなくて」がシングルカットされてヒットを記録する。

アルバムのラストを飾るのは「サッド・カフェ」という曲で、これは1977年に亡くなったバンドのマネージャーである、ジョン・バーリックに捧げられている。しかし、曲全体を覆うたそがれた雰囲気とその歌詞から、グループ活動にピリオドを打つというニュアンスも感じられた。

ビルボード・チャートでも1位に輝いたほか、日本オリコンチャートでも週間1位を獲得。本作はイーグルス唯一のオリコンチャート1位獲得作品である。

このアルバムをリリース後バンドは再びワールド・ツアーを敢行しこのライブの模様を収めた『イーグルス・ライヴ』が1980年に発表された。79年には再来日も果たしている。バンドは1982年に解散し、このアルバムがバンドとしての最後のスタジオアルバムとなった。

収録曲[編集]

  1. ロング・ラン - The Long Run
  2. 言いだせなくて - I Can't Tell You Why
  3. イン・ザ・シティ - In the City
  4. ディスコ・ストラングラー - The Disco Strangler
  5. ハリウッドよ永遠に - King of Hollywood
  6. ハートエイク・トゥナイト - Heartache Tonight
  7. ゾーズ・シューズ - Those Shoes
  8. ティーンエイジ・ジェイル - Teenage Jail
  9. グリークスはフリークスお断り - The Greeks Don't Want No Freaks
  10. サッド・カフェ - The Sad Café