ジョー・ウォルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ウォルシュ
Joe Walsh
}
基本情報
出生 1947年11月20日(66歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザス州ウィチタ
ジャンル カントリー・ロック
ロック
職業 ギタリスト
シンガーソングライター
担当楽器 ギター

キーボード
ベース
ドラムス
マンドリン
クラリネット
オーボエ
活動期間 1967年 -
レーベル ゲフィン
コロムビア
アサイラム
ABC
共同作業者 ジェイムス・ギャング
イーグルス
公式サイト Official Site
著名使用楽器
ギブソン・レスポール
フェンダー・テレキャスター
フェンダー・ストラトキャスター
ギブソン・ES-335
リッケンバッカー・330
グレッチ・カントリークラブ
Joe Walsh (1975)

ジョー・ウォルシュJoe Walsh, 1947年11月20日 - )は、アメリカカントリーロックバンドイーグルスギタリスト

1965年オハイオ州ケント州立大学に音楽を学ぶために入学するがライブ活動に熱中し1年半で退学。 1969年にハードロックバンド、ジェイムス・ギャングでデビュー、「ウォーク・アウェイ」などのヒット曲を出す。その後バーンストーム結成、ソロ活動後、1975年、イーグルスに加入。イーグルス解散後も、ソロ活動を継続している。1994年にイーグルスが再結成後はイーグルスを中心に活躍中。

イーグルスという世界的人気のロックバンドのギタリストであるが、イーグルスに加入する前からすでにソロ・ミュージシャンとしてその名は知られていた。1974年のアルバム『ソー・ホワット』にはグレン・フライドン・ヘンリーランディ・マイズナーが参加しており、イーグルスの代表的アルバム『ホテル・カリフォルニア』のプロデューサーを務めたビル・シムジクをイーグルスと引き合わせたのはウォルシュである(シムジクとウォルシュはジェイムス・ギャング時代から共に仕事をしていた)。ウォルシュ加入後のイーグルスもステージでウォルシュやジェイムス・ギャングの曲を演奏している。また、イーグルス在籍時の1978年にはソロ・アルバム『ロスからの蒼い風』を発表し、このアルバムからカットされたシングル「この人生に賭けて」(全米第12位、アルバムでは8分を超える大作)とともに大ヒットし、ウォルシュのソロキャリアでの最大の成功作である。

ウォルシュはコンサートでは非常にアグレッシブに動き回り、時には派手な衣装を身に纏うなどしてパフォーマーとしてもその力量を大いに発揮する。特にイーグルスでは、バンドのフロントマンであるドン・ヘンリーとグレン・フライよりも目立っていた。また、1980年にはアメリカ大統領選に立候補をしようとした(当時33歳。被選挙権下限の35歳を下回るので実際にはできない)。『イーグルス・ライブ』において、ティモシー・B・シュミットが「~The next president of the United States, Mr.Joe Walsh」と紹介しているのを聴くことが出来る。

最も影響を受けたギタリストとしてデュアン・オールマンを挙げており、「自分は彼が遣り残した事を遣っているに過ぎない」とインタビューで語っている。

エクストラ級免許を持つアマチュア無線家としても知られる(コールサインはWB6ACU、在留者局のコールサインは7J1AXX)。2004年10月、イーグルスの日本公演で来日した際、東京都豊島区巣鴨日本アマチュア無線連盟本部を表敬訪問している。

評価[編集]

ギタリストとして有名であり、テクニックもある。さらにスライドギターも上手く、アメリカンロックを中心に、カントリーロックやブルースなどのギターも弾く。 またジェイムス・ギャング時代にはリードボーカルも務めており、ボーカリストとしても名は知られている。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第54位。

作品[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 1972年 『バーンストーム』(『Barnstorm』)
  • 1973年 『ジョー・ウォルシュ・セカンド』(『The Smoker You Drink, the Player You Get』)
  • 1974年 『ソー・ホワット』(『So What』)
  • 1976年 『ユー・キャント・アーギュ・ウィズ・ア・シック・マインド』(『You Can't Argue With A Sick Mind』)
  • 1978年 『ロスからの蒼い風』(『But Seriously, Folks...』)
  • 1981年 『愛すべきならず者』(『There Goes The Neighborhood』)
  • 1983年 『リバティ・ベル(自由の瞳)』(『You Bought It, You Name It』)
  • 1985年 『コンフェッサー(聖なる予言)』(『The Confessor』)
  • 1987年 『ガット・エニー・ガム』(『Got Any Gum ?』)
  • 1991年 『オーディナリー・アベレージ・ガイ』(『Ordinary Average Guy』)
  • 1992年 『ソングス・フォー・ア・ダイイング・プラネット』(『Songs For A Dying Planet』)
  • 2012年 『アナログ・マン』(『Analog Man』)

外部リンク[編集]