グレッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッチ
Gretsch Company
本店所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設立 1883年
業種 製造業:その他の製品
事業内容 ギタードラムスなどの製造
関係する人物 チェット・アトキンス
外部リンク www.gretsch.com
テンプレートを表示

グレッチ(Gretsch Company)は、アメリカ合衆国フェンダー傘下の楽器メーカー。主にドラムエレクトリックギターの製造で知られる。

歴史[編集]

黎明期[編集]

1883年ドイツからの移民であるフリードリヒ・グレッチュ(Friedrich Gretsch)ことフレデリック・グレッチ(Frederick Gretsch)によってブルックリンで創業され、当初はバンジョータンブリン、ドラムなどを扱っていた。1895年にフレデリックが39歳で死去し、子のフレッドが会社を継ぐ。フレッドは1916年にウィリアムスバーグのビルに会社を移し、これを機にグレッチはアメリカを代表する楽器メーカーへと成長することとなる。

最盛期[編集]

グレッチ G6122-1962 チェット・アトキンス・カントリー・ジェントルマン
Fホールはペイント。

1942年にはフレッドが引退。会社はフレッドの子、ウィリアムとフレッド・ジュニアに受け継がれる。この二人の経営者のもと、1950年代なかごろにグレッチはその全盛期を迎える。「6120」および「ホワイト・ファルコン」(シングルカッタウェイ、ダブルカッタウェイの2種類がある)に代表されるエレクトリックギターがヒット。さらにチェット・アトキンスが「カントリー・ジェントルマン」を使用したことによってその名声は不動のものとなった。アトキンスにならって多くのカントリーやロカビリーのギタリストがグレッチのギターを使用し、グレッチはギター業界においてギブソンフェンダーリッケンバッカー等と並ぶ地位を獲得した。

1960年代にはビートルズジョージ・ハリスンもカントリー・ジェントルマンを携えて『エド・サリヴァン・ショー』のステージに立ち、またモンキーズにギターとドラムを提供したことから、グレッチの名はテレビを通じて全米に知られるようになった。

衰退と復活[編集]

1960年代後半以降、ギブソンとフェンダーがエレクトリックギター市場で人気を二分するようになり、グレッチは次第に経営不振に陥っていく。1967年に会社はボールドウィン・ピアノに買収され、また1973年1月にはアーカンソーの工場が火災に遭う。さらに同年12月にも火災が発生。こうした不幸が続く中、1980年にボールドウィンはついにグレッチのギター製造を中止してしまう。

しかし1980年代に入り、ストレイ・キャッツブライアン・セッツァーがグレッチのギターを使用して有名となったため、これをきっかけにグレッチへの再評価が高まった。1982年にはチャーリー・ロイがグレッチを買収するが、すぐにボールドウィンに買い戻される。1985年には会社は再びグレッチ一族の手に戻り、1989年からは新たにリイシュー・モデルを中心としたラインナップで製造を再開した。これ以降現在に至るまで、主にグレッチのギターは愛知県蟹江町にある寺田楽器製作所で主に作られていることが知られていて品質への信頼を高めている[要出典]

2003年にはギター部門がフェンダーの傘下に入り、高級モデルはミリ規格からインチ規格になり、長野県フジゲンや、アメリカのフェンダー・カスタム・ショップでも作られるようになった[要出典]。また1995年頃よりエレクトロマチック(Electromatic)という廉価版ブランドが誕生。それらは韓国や中国で作られている[要出典]

モデル例[編集]

契約の問題でモデル名が変わっているモデルもある。仕様や型番も年代ごとに異なっている。同型でもカラーによってモデル名が異なるのも特徴である。ボールドウィンに移ると型番と仕様が一新された。

例えばテネシアンは当初、1ピックアップでシングルカッタウェイというカントリー・ジェントルマンの完全な下位機種であった。62年になるとカントリー・ジェントルマンはダブルカッタウェイとなり、ミュート機構が装着された。それまでのカントリー・ジェントルマンの仕様をほぼ継承、さらに変化させたのが2ピックアップのテネシアンである。同時期に6120もダブル・カッタウェイとなり、ミュートは1つ装着されたが、ミディアム・スケールとなっている(CGはロング・スケール)。

チェット・アトキンスのアーティスト・モデル「チェット・アトキンス・モデル」「カントリー・ジェントルマン」「テネシアン」「スーパー・チェット」などについては、1979年にアトキンスがグレッチとのエンドース契約を打ち切り、ギブソンと契約したため、名称を変更せざるを得なかったが、グレッチは2007年にアトキンスの遺族と再契約し、「テネシアン」「スーパーチェット」などを除いて再びオリジナルの名称を使用できるようになった。

  • チェット・アトキンス・モデル Chet Atkins Model (一時期:ナッシュヴィル Nashville)
  • カントリー・ジェントルマン Country Gentleman(一時期:カントリー・クラシック Country Classic)…時期によりモデルが変わっている
  • スーパー・チェット Super Chet
  • スーパー・アトキンス・アックス Super Atkins Axe
  • デュオ・ジェット Duo Jet
  • テネシー・ローズ Tennessee Rose(テネシアン Tennessean
  • ホワイト・ペンギン White Penguin
  • ホワイト・ファルコン White Falcon

著名な使用者[編集]

外部リンク[編集]