チェット・アトキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェット・アトキンス
基本情報
出生名 Chester Burton Atkins
別名 ミスター・ギター
出生 1924年6月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州
死没 2001年6月30日(満77歳没)
ジャンル カントリー
ジャズ
担当楽器 ギター
レーベル RCAレコード
コロムビア・レコード
公式サイト misterguitar.com
著名使用楽器
カントリー・ジェントルマン(ギブソン)
カントリー・ジェントルマン(グレッチ
6120(グレッチ)
6122
テネシアン(グレッチ)
テネシアン(ギブソン)

{{{Influences}}}

チェット・アトキンスChester Burton Atkins1924年6月20日-2001年6月30日)は、アメリカギタリスト。基本的にはカントリーミュージシャンだが、ジャズブルースからの影響も吸収し、また、後のロック・ギタリスト(ジョージ・ハリスンスティーヴ・ハウ等)にも大きな影響を与えた。生涯において、13作品(他アーティストとの連名も含む)でグラミー賞を受賞し[1]1993年にはグラミー賞の生涯功労賞も受賞[2]

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第21位。

来歴[編集]

テネシー州生まれ。ヴァイオリンピアノを弾け、母違いのギターを弾けることもあり、チェットも早くから音楽に目覚めていった。最初はウクレレを始め、やがてギターに転向。しかし、少年時代は喘息を持っていたため、父と共にジョージア州に移る。

1939年マール・トラヴィスというギタリストの演奏をラジオで聴き、衝撃を受けたチェットは、我流でマスターしようとする。そのことが、チェット独特のピッキング・スタイルの元となっていった。そのため、デビュー当時は「マール・トラヴィスの真似事」と批判されたこともある。

ハイスクール卒業後は、ラジオ番組でギタリストとしての仕事を得る。この頃、クラシックアンドレス・セゴビアや、ジャズ畑のジャンゴ・ラインハルトを知り、影響を受けていった。

1946年、初めてシングル・レコードを発表。ほどなくRCAビクター(後のRCAレコード)と契約し、チェットの黄金時代に繋がっていく。アルバム『A SESSION WITH CHET ATKINS』(1954年)が高く評価され、1955年にはシングル「Mister Sandman」がカントリー・チャートの13位にランク・イン。これによりチェットは大きな名声を得た。また、自己名義での活動以外にも、スタジオ・ミュージシャンとしても活動。エルヴィス・プレスリーの大ヒット曲「Heartbreak Hotel」等、多くの曲に参加した。

チェット・アトキンスの独自の奏法による逸話として『ヤンキードゥードルディキシー』がある。チェットはコンサート会場でリクエストを受け付けたが、「『ヤンキードゥードゥル(アメリカ独立軍歌)』を演ってほしい」という客と「『ディキシー(南北戦争時の南軍の軍歌)』を演ってくれ」という客が争いになってしまった。チェットは「では2曲同時に弾きましょう」と言い、2つのまったく別の曲を同時に弾いて見せた。後にレコーディングされ、4曲入りEPのB面に収録された(独自のアレンジを加えており、さらに2曲とも作者不詳だったため、作曲者としてチェット・アトキンスの名前が載っている)。

ジェリー・リードとの共演作『ME & JERRY』(1970年)は、グラミー賞ベスト・カントリー・インストゥルメンタル部門を受賞。1973年には、日本歌曲のカバー・アルバム『日本の詩(DISCOVERY JAPAN)』を発表。『CHESTER AND LESTER』(1976年)は、チェットにとって憧れの存在であったレス・ポールとの連名のアルバムで、同作もグラミー賞受賞に至った。

1979年、品質改善が見込めないとしてグレッチとのエンドーズ契約を解消する。以降はギブソン製のギターを使用する。ギブソン契約前にはフェンダーなどの他社のギターも使っていた(チェットがソリッドボディのギターを弾くのは非常に珍しい)。

1982年、長年籍を置いてきたRCAレコードを去り、コロムビア・レコードに移籍。その後も精力的な活動を続ける。1990年にはマーク・ノップラーとの連名で『NECK AND NECK』発表。

2001年6月30日、のためナッシュビルで死去。

2002年ロックの殿堂のサイドマン部門を受賞。

演奏スタイル[編集]

サムピックフィンガーピッキングを多用して、ギターソロに厚みを出すのが特徴。低音弦(4~6弦)をミュートしながら弾き、高音弦(1~3弦)をで弾いてメロディコードを奏でる、マール・トラヴィスのトラヴィス・ピッキングを下敷きにしながら、開放弦を多用した独自の和音を重ねる。

受賞歴[編集]

  • カントリー・ミュージック・アソシエーション
    • 1967 年間楽器奏者部門
    • 1968 年間楽器奏者部門
    • 1969 年間楽器奏者部門
    • 1981 年間楽器奏者部門
    • 1982 年間楽器奏者部門
    • 1983 年間楽器奏者部門
    • 1984 年間楽器奏者部門
    • 1985 年間楽器奏者部門
    • 1988 年間楽器奏者部門
  • カントリー・ミュージック・ホール・オブ・フェイム・アンド・ミュージアム

1973年登録

  • ロック・アンド・ロール・ホール・オブ・フェイム

2002年サイドマン部門登録

脚注[編集]

外部リンク[編集]