フジゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フジゲン株式会社
Fujigen Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 フジゲン、富士弦
本社所在地 日本の旗 日本
399-0014
長野県松本市平田東3丁目3番1号
設立 1960年5月
業種 製造業:その他の製品
事業内容 楽器製造・販売、木材加工
代表者 取締役社長 上條啓水
資本金 9560万円
売上高 41億8900万円
(2010年4月期)
従業員数 296人
主要子会社 オホーツク楽器工業株式会社
関係する人物 横内祐一郎(創業者、現会長)
三村豊(創業者)
杉本眞(元ビルダー)
外部リンク フジゲン株式会社
テンプレートを表示

フジゲン株式会社(英称:Fujigen Co., Ltd.)は、長野県松本市平田東に本社を置く楽器製造メーカー。旧社名は富士弦楽器製造1989年4月に現社名に変更)。 トヨタ自動車のレクサスなどのウッドパネルの製造やアイバニーズの上位機種(J.CustomやPrestige)やG&Lの楽器を製造する下請会社。 また、日本に流通しているギブソンの楽器の検品も行っている。


概要[編集]

フジゲンのオリジナルブランドの一つであるFGN

基本的にはエレキギターでは世界第3位の売上であるアイバニーズOEM生産が中心であるが、現在は自社ブランド(FUJIGEN、FGN)での楽器製造・販売も展開している。 東京都内にカスタムショップが存在し、修理などのユーザーサポートの他、オーダーメイドの受注にも幅広く対応している。

また同社ウェブサイトにて、基本となる2種類のギターから様々な仕様を選び、ウェブ上でセミオーダーギターの見積もり、発注が出来るサービスを行っている。

また、現在ではギター以外にもオルゴール和太鼓などの製作している。

楽器製造業務の他にも、その高い木工技術を応用して蕎麦打ち道具や、主にトヨタ自動車向けのウッドインパネ等の木製内装材を製作している。現在はこちらの業務が社内でのシェアの大半を占めている。

生産拠点は現在、トヨタのウッドパネルを製造する松本本社工場と楽器製造が中心の大町工場が存在する。

歴史[編集]

富士ローランドのギターシンセを演奏するパット・メセニー

大阪屋商事の社長であった三村豊が1960年5月に鈴木バイオリンの子会社を買収し、中学の同級生であった横内祐一郎と共に共同出資でギターの製造会社の富士弦楽器製造を創業した。創業当初はクラシックギターが中心であったが、1960年代後半からは星野楽器のアイバニーズや神田商会のグレコといったブランドの下請け楽器製造主体へと切り替わっていった。1978年ローランドと合弁で「富士ローランド」を設立し、ギターシンセサイザーを発明する。1982年からフェンダーの子会社「株式会社フェンダージャパン」をフェンダー、富士弦楽器製造、神田商会、山野楽器の共同出資で設立。フェンダーの日本や新興国向け製品のフェンダージャパンやスクワイアを製造することとなった。多くの企業の下請けを行っていたのもあり1983年には世界一のギター出荷量となる。1985年にCBSがフェンダーをビル・シュルツに売却し、工場拠点を失ったフェンダー社から技術支援を求められ、富士弦楽器製造が「フェンダー」ブランドを製造し、アメリカに杉本眞(現Sugi Guitars)などをはじめとする技術支援チームを送り工場新設を支援した。1987年には、フェンダーとそれぞれ4800万円の共同出資を行い、子会社のフェンダーメキシコを設立し、フェンダーブランドの復活に一役を買った。1989年フジゲン株式会社に改名する。1990年代になると新興国の企業に下請け製造のシェアを奪われるようになり、日本の景気悪化とフェンダーメキシコへの設備投資などが重なり多大な負債を抱え始め、1997年にはフェンダーメキシコとフェンダージャパンをフェンダーに売却することとなった。 2001年、東京都の池袋にオーダーギターを請け負ったり、自社ブランドの楽器を販売するカスタムハウスを開店。[1]


過去に下請けを行った企業[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] フジゲン株式会社 HP 「フジゲンの歩み」

外部リンク[編集]