イーエスピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社イーエスピー
ESP Co.Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0054
東京都千代田区神田錦町1-14-2
設立 1975年2月
業種 製造業:その他の製品
事業内容 楽器製造・卸・小売・貿易
音楽・映像関連教育事業
出版、音楽ソフト制作・販売
代表者 渋谷尚武
資本金 7,500万円
売上高 58億円(ESPグループ18社、総計130億円)
従業員数 400人(ESPグループ総社員数1,300人)
主要株主 渋谷尚武
主要子会社 学校法人イーエスピー学園
関係する人物 椎野秀聰(創業者)
Moony K Omote(創業者)
外部リンク www.espguitars.co.jp
特記事項:2007年4月現在の公開情報
テンプレートを表示

株式会社イーエスピー(ESP Co.Ltd、Electric Sound Products)は、ギターを中心とする楽器製造および音楽関連事業、音楽教育事業などを展開する日本の企業である。

概歴[編集]

日本楽器製造を経てフジゲングレコの設計を担当していた椎野秀聰が渋谷尚武(河合楽器製作所、日本楽器製造(現ヤマハ)、元フェルナンデス常務取締役)、Moony K Omote(MOON創業者)らと共にに1975年にギターメーカーとして創業した。 [1] 渋谷にあった医院を改装したショップには、森園勝敏石間秀機高中正義大村憲司徳武弘文土屋昌巳らが訪れ、経営は順調であった。 1977年には創業者の椎野秀聰とMoony K Omoteは退職し、渋谷尚武が代表として引き継ぐ事となる。 1981年アメリカへ進出[2]し、ギターメーカーのKramerなどにボディやネックをOEMで供給するようになる。人気ギタリストのCharシグネチャーモデルや、1980年代のジャパニーズヘヴィメタル(ジャパメタ)ブームに乗り躍進。ラウドネスアクションなど当時の人気バンドの数多くのグループがESPのギターを愛用した。

日本国外においても、ジャーニーニール・ショーンのダブル・ネックギターを製作したことで注目された。その後ドッケンジョージ・リンチや当時キッスに在籍していたブルース・キューリックメタリカではジェイムズ・ヘットフィールドカーク・ハメットらの使用により有名ブランドとなった。

PEACE MAKERのデザインを取り入れたフィニッシュを持つ楽器、ドラえもんのイラストが施されたギター、機動戦士ガンダムに登場するビームライフルの形状のギターなど、旧来の楽器のイメージにとらわれない異種メディアとのコラボレーションも行っている。

主な製品[編集]

  • ESP Original
    • HORIZON
    ESPの代表的なモデルのひとつであるエレキギター。過去に様々なタイプのモデルが数多く存在していたが、現在のラインナップは、最高位にあたるHORIZON-CTM(カスタム)とアルダーボディーのスルーネック構造でフロイド・ローズ搭載のHORIZON-I、マホガニーボディーでノントレモロブリッジのHORIZON-II、HORIZON-Iの発展系で、これまでのHORIZONとはボディ形状の違うHORIZON-IIIの4つである。発音的には"ホライズン"又は"ホライゾン"の呼び方がある。主に使用しているミュージシャンは、SUGIZOLUNA SEAX JAPAN)、DIR EN GREY)、the GazettE)など。
    • FOREST
    ESPのエレクトリックベースとして有名なモデル。初期のtetsuyaL'Arc〜en〜Ciel)が使っていたことでよく知られている。4弦モデルに始まり、現在は5弦モデルも発表しているが、かつては6弦仕様のモデルも存在していた。また、このFORESTのギター・バージョンとして、当時はオーダーメイドギターとしてアイジ(PIERROT)が使用しだし更に人気が高まり、その人気を受けて「FOREST-G」が発売されるも、アイジモデルの市販化の伴う事情により短期間で製造中止となった。しかし、その後ユーザーからの反響に答え、ボディーシェイプをアレンジしフロイド・ローズを搭載したFOREST-GTや前作同様のフォルムでノントレモロ仕様のFOREST-Gが発売された。
  • Navigator ナビゲーター
    フェンダーギブソンのトラディショナルモデルのコピーモデル中心のブランド
  • LTD
    国外アーティスト・ヘヴィメタル系のシグネチャーモデルの普及品を中心にした、攻撃的なボディ形状のラインナップのブランド。なお、国外市場ではこのブランドがESPのワンランク下のブランドとして位置している。
  • EDWARDS エドワーズ
    国内アーティストのシグネチャーモデルをはじめ、幅広いラインナップを擁するESPのワンランク下のブランド
  • GrassRoots グラスルーツ
    同社の中でも価格帯として最もローレンジに位置するブランド
  • Killer Guitars キラーギターズ
    ラウドネスの高崎晃やヴィジュアル系のシグネチャーモデルを中心にしたブランド
  • セイモア・ダンカン
    ピックアップメーカーとして知られるセイモア・ダンカンの名を冠した“セイモア・ダンカン”ブランドのギター。現在は、市場展開していない。
  • ZEP-II(ゼップ・ツー)
    1980年代 - 1990年代初頭にESP Original/Navigatorの下に展開していたブランド。後のEDWARDSにブランド名を変更し、ZEP-IIは消滅した。
  • O.Z.Y
    THE ALFEE高見沢俊彦のプライベートブランド。高ランクのモデルから、コストパフォーマンスモデルまで、幅広く高見沢モデルのギターを取り扱っている。名称は、高見沢の愛称の「王子」から来ている。

国内市場では以上のブランドが展開しているが、国外市場ではESP OriginalとLTDしか展開していない。

カスタム・オーダーショップ[編集]

東京の御茶ノ水(2店舗)と渋谷、大阪の梅田にはESPのカスタムショップが存在し、オーダーができる。会員であればネックやフレットなどのチェックも無料で行うことができるなど、アフターサービスを行っている。

主なプレーヤー[編集]

アメリカ合衆国[編集]

ヨーロッパ[編集]

南米[編集]

日本[編集]

子会社・関連団体[編集]

日本[編集]

アメリカ合衆国[編集]

関連項目[編集]


出典[編集]

  1. ^ 椎野秀聰 『僕らが作ったギターの名器』 文春新書〈角川文庫〉、2010年ISBN 9784166607709 
  2. ^ 夢は叶えるもの。私たちESPグループはそう考えます。”. ESP. 2013年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]