アイバニーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイバニーズIbanez)は、日本楽器メーカー星野楽器ギターベースに名を冠されるブランド。

第二次大戦前に星野楽器が輸入していたスペインのギター製作家サルバドール・イバニェス(Salvador Ibañez)の工房がスペイン内戦によって廃業した[1]後、星野楽器が商標を買い取ったものが始まり。当初はイバニェス・サルバドール(Ibanez Salvador)ブランドであったが[2]、後にIbanezとされた。

日本ではIbanezは「イバニーズ」とも読まれていたが、1980年代の末頃、英語読みをカタカナ化した「アイバニーズ」を正式な呼称と定めた。

概要[編集]

チューブ・スクリーマーTS-9
RG550
Sシリーズ。Ibanezの代表機種のひとつである。
スティーヴ・ヴァイのシグネイチャー・モデル、JEMシリーズ。HSHレイアウトはこのモデルによって市民権を獲得した。
7本の弦を持つエレキギターはアイバニーズが初めて量産し販売した。

1970年代後半から1980年代にかけて一斉を風靡したニューミュージックバンド、オフコースギタリスト鈴木康博にAR(Artist)シリーズを提供し広告塔としていた[3]1980年代ヘヴィメタルブームの時期に看板モデルRGを誕生させ、ポール・ギルバートスティーヴ・ヴァイらと積極的にエンドースメント契約を結んで人気が高まり、コーンリンプ・ビズキットなどのヘヴィロックのミュージシャンに支持されるようになる。オフスプリングペニーワイズなどのメロコア勢にも多数使用されている。

前出の二人の他、ジョー・サトリアーニパット・メセニージョージ・ベンソンジョン・スコフィールドらにもギターを提供し、シグネイチャー・モデルを生産した。

GSRシリーズなど価格面でも操作性面でも優しく設計された初心者向けの製品の販売もしており、廉価版アンプも数種類用意されている。

エフェクターアンプも製造しているが、特にオーバードライブ・エフェクターの「チューブ・スクリーマー」シリーズはゲイリー・ムーアスティーヴィー・レイ・ヴォーンらも愛用する、この分野の定番商品である。事実上世界初の市販化となった7弦ギターやエクストラロングスケールのギターなど、先進的な製品を発売することでも知られている。さらに2008年には8弦エクストラロングスケールギターを発売[4]、2009年には7弦ベースを発売[5]した

略歴[編集]

  • 1908年星野書店の楽器部として創業。
  • 1929年、合資会社星野楽器店設立。
  • 1935年弦楽器の製造を開始。
  • 1962年、星野楽器店がエレクトリックギターギターアンプの製造メーカー「多満製作所」を設立。この頃に、輸出用ブランドとして「アイバニーズ」が誕生。
  • 1972年、アメリカの楽器販売会社「ELGER CO.」を買収
  • 1981年、「ELGER CO.」を「HOSHINO INC.」に、「星野楽器店(資)」を「星野楽器(株)」に、「多満製作所」を「星野楽器製造(株)」に改名。

主な製品[編集]

ギター
  • 2002年、オランダの楽器販売会社「SERLUI B.V.」を買収。
エフェクター

主な使用アーティスト[編集]

日本国外 ※[]内はシグネチャー・モデル

日本国内

シリアルナンバー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Historic Guitar Markers of the Valencia School http://zavaletas-guitarras.com/content/index.cfm?action=view&ContentID=68&Parent_ContentID=39
  2. ^ Ibanez Brand History http://www.hoshinogakki.co.jp/hoshino_j/history/ibanez_h.html
  3. ^ なお、同時期にARを使用していたミュージシャンに、チューリップ安部俊幸(チューリップ脱退前後は特別仕様のAM205に変更)、寺尾聰などがいる
  4. ^ 日本では予約限定生産で2009年2月発売予定。
  5. ^ 本数限定SPOT生産で2009年7月発売。http://www.ibanez.co.jp/japan/news/f_products/2009/SR7/index.html

外部リンク[編集]

  • Ibanez:公式サイト(日本語版)
  • ibanez:公式サイト(グローバル版)