アンディ・ティモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンディ・ティモンズ(Andy Timmons、本名アンドリュー・クレイグ・ティモンズ、1963年7月26日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス生まれのギタリストマイアミ大学卒。ジャズフュージョンからロックまで弾きこなす、テクニカルギタリストとして著名。

Madrid-Andy Timmons (2010).jpg

来歴[編集]

マイアミ大学 (フロリダ州)で音楽理論等を学ぶ。その後様々なバンドを経てデンジャー・デンジャーに加入。その名を知られるようになる。デンジャー・デンジャーでの活動(現在は脱退している)のかたわらソロアルバムの製作もコンスタントに行い、2009年までにソロ5作品を発表している。現在はギター演奏活動のかたわら、オリビア・ニュートンジョン等の著名なアーティストとの競演、音楽プロデューサーとしての活動など、幅広い活動を行っている。現在テキサス州在住。

機材[編集]

Ibanez社製のシグネチュアモデルのギターを使用。

※2008年、「Ibanez」との長年にわたるエンドース契約を終了したと発表していたが、2009年2月現在、Ibanezの公式サイトには新たなシグネチュアモデルのギター「AT100CL」を製作・リリースした事が公表されており、現在も契約を続けていると思われる。

主な作品[編集]

  • 「ear X-tacy」 1994年
  • 「ear X-tacy 2」1997年
  • 「spoken&unspoken」2000年
  • 「THAT WAS THEN, THIS IS NOW」2002年
  • 「Resolution」2006年
  • 「Plays Sgt. Pepper」2011年

外部リンク[編集]