ジョン・ペトルーシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ペトルーシ
John Petrucci - 05.jpg
基本情報
出生 1967年7月12日
ジャンル プログレッシヴ・メタル
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 エレクトリック・ギター
7弦ギター
12弦ギター
ダブルネック・ギター
バリトン・ギター
アコースティック・ギター
共同作業者 ドリーム・シアター
リキッド・テンション・エクスペリメント
公式サイト [1]

ジョン・ペトルーシ(John Petrucci、本名John Peter Petrucci、1967年7月12日 - )はアメリカのプログレッシヴ・メタル・バンド、ドリーム・シアターギタリストで、ミュージシャン作曲家

経歴[編集]

ドリーム・シアター以外での活動[編集]

  • サイドプロジェクトとして「リキッド・テンション・エクスペリメント」(以下LTE)が有名。ジョーダン・ルーデスキーボードに、トニー・レヴィンベースに、マイク・ポートノイをドラムに迎え入れたインストバンドで、個々の超絶的なテクニックがメロディアスな曲を珠玉の作品に仕立てており、今もって人気の高いプロジェクトである。2枚のアルバムを制作したが、ジョーダン・ルーデスをドリーム・シアターに迎え入れるにあたり、両バンドで同じメンバーが3人もいては二つのバンドをやる意味がないということから、1999年に正式に解散している。なお、現在でもLTEの曲は"Paradigm Shift"や"Acid Rain"などがドリーム・シアターのライブにてよく演奏される事がある。
  • 2000年頃から自身初のソロ・アルバムの制作に着手し、早いうちに基本的な録音は終了していたようだが、G3(後述)への参加や、ドリーム・シアターのアルバム制作などで度々中断を余儀なくされていた。しかし2005年3月1日についに初のソロ・アルバム『Suspended Animation』を発売するにいたる。2005年7月現在、購入する方法は彼の公式サイトからの通信販売のみである。
  • 2001年6月より、ジョー・サトリアーニ率いるG3のツアーに参加し、そこで早くもソロアルバムに収録されることになる曲の原型を演奏していたようである。その後に2005年5月からのG3ツアーに再度参加し、G3の日本初公演の一員となる。

音楽性[編集]

機材[編集]

  • 1990年頃から日本のギター会社、Ibanez(アイバニーズ)とエンドース契約を結び、長い間愛用していた。ピカソ風のイラストが描かれたボディは今なお独特のオリジナリティを放っている。またドリーム・シアターの3rdアルバム『アウェイク』より7弦ギターを使用し始め、スティーヴ・ヴァイとともに7弦ギターの先駆者として活躍している。
  • 2000年より使用ギターをIbanezからアメリカのErnieBall(日本では一般的にMusicManの名前で知られる)に変更してエンドース契約を交わし、ボディシェイプは同一、カラー違いなどで7、6、12弦、個別のセッティングなど複数の仕様を製作している。前モデルに対し中低音域が強い、温かみのある音を得た。また、ロック式トレモロからノン・ロック式のトレモロへとブリッジが変更されている事も大きな相違点である。
  • ギターのP.U.はIbanez時代はディマジオのAir Norton(フロント)とSteve's Special(リア)の組み合わせを使用していたが、ErnieBallに変更した際にそれぞれを改良したディマジオ製のカスタムP.U.へと変更し、これをさらにダウンチューニングに合うように改良したものが後にD Sonicとして発売された。2009年にはこれに更に改良を加えたLiquifire(フロント)とCrunch Lab(リア)を発表、ギターに搭載している。またErnieBall製になってからはピエゾP.U.が搭載されており、ペトルーシモデルの大きな特徴となっている。ライブ時に、アルバムではクリーンギターとアコースティック・ギターを重ねているパートでも、両方の出力をミックスすることにより本物に近い音色を再現している。
  • 「メインは6弦。多弦は必要な曲で使う」という趣旨の発言をしており、ライブでは曲によって頻繁に機材チェンジを行う。2008年から、更に低音よりのアプローチを見せる本人の意向を汲んだバリトン・ギターが加わった。これらをチューニングの違い、多弦、ダブルネック(市販はされていない)等、スペアを含めてライブでは十数本のギターがツアーに持ち出され、いつでも使えるよう待機している。ブリッジにピエゾピックアップが内蔵されている為、ステージでアコースティック・ギターを使用する機会は無い。マグネチックピックアップと二系統で出力し、双方をブレンドしたり、別々に鳴らしたりして幅広い音色を作り上げている。
  • アンプ、キャビネット共にメサ・ブギーのモデルを愛用している。様々な機種を変遷しているが、Markシリーズモデルの使用率が高く、他にはOctavarium前後から歪みにMarkⅣ、クリーン・クランチにLone Starを使用、Black Clouds & Silver Liningsを境にMarkVを使用している。
  • ライブではフットスイッチ群の左右に箱状の踏み台が設置されている。難しい速弾きなどの際に片足を乗せ、クラシック奏法に近い姿勢で演奏する。
  • ワイヤレスシステムはかつては使用していたが、Six Degrees of Inner Turbulanceのツアーの頃から使用せず、長いシールドを取り回して演奏している。

性格[編集]

  • 基本的には穏やかな性格である。クリニックなどでも質問には快く答えてくれる。また、歌詞や音楽性はシリアスではあるが、ユーモラスでジョーク好きでもあり、ライブやクリニック、ライブDVDに収録されたコメントなどでその一面を見ることが出来る。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

  • Suspended Animation (2005)

John Petrucci & Jordan Rudess[編集]

  • An Evening with John Petrucci & Jordan Rudess (2000)

Liquid Tension Experiment[編集]

  • Liquid Tension Experiment (1998)
  • Liquid Tension Experiment 2 (1999)

G3(ジョー・サトリアーニ、スティーブ・ヴァイとの共演プロジェクト)[編集]

  • G3 Live in Tokyo (2005)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]