トニー・マカパイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トニー・マカパインTony MacAlpine 1960年8月29日 - )は、ハードロックヘヴィメタルの分野で活躍するアメリカギタリストキーボーディストアメリカ合衆国マサチューセッツ州スプリングフィールド出身。

略歴[編集]

幼いころからピアノヴァイオリンの英才教育を受ける。ピアノでの即興演奏不得手を克服するためにギターを手にする。マイク・ヴァーニーにデモテープを送り、プロギタリストとしてデビュー。ファーストアルバム、『エッジ・オブ・インサニティ』とセカンドアルバム、『マキシマムセキュリティ』はメタルインストの記念碑的名盤ともいわれる。

父、母、共に黒人。演奏の特徴としては、ロマン派的なクラシカルミュージックフュージョン等を独自の視点で捉えたコード進行に乗せるスウィープ奏法タッピング速弾きなどである。高度な技量を持っている上に音使いが独自的であり、またバッキング音でクラシカル音楽の理論を応用した複雑かつ流麗なハーモニーは他の追随によらぬ高度さを披露している。この事から日本では「褐色のイングヴェイ」という別名で呼ばれる事もある。また、ほとんどのソロアルバムで彼が演奏するショパンの幻想即興曲等のピアノ曲がおさめられている。

ソロ活動を主に行っていたが現在はスティーヴ・ヴァイのサポートメンバーとして主にキーボードを弾いている。

バニー・ブルネルデニス・チェンバースらとCABというフュージョンバンドを結成し、現在4枚のアルバムをリリースしたり、キーボーディストのヴィタリ・クープリのソロアルバムや、マーク・ボールズリング・オブ・ファイアデレク・シェリニアン率いるPLANET Xのレコーディングなどにギターリストとして参加し、類まれなる作曲能力とクオリティの高い演奏を披露している。

2007年には CAB のメンバーであるバニー・ブルネル、ヴァージル・ドナーチらと共に、ミッシェル・ポルナレフのバック・バンドを務め、フランス国内を巡業している。

2010年にはリング・オブ・ファイア、プラネットXなどで活動したマーク・ボールズ、ヴァージル・ドナティを含むメンバーと新バンド「セブン・ザ・ハードウェイ(Seven The Hardway)」を結成。今までの彼の音楽スタイルに加えて、新たな魅力を聞かせている。現在日本国内盤は発表されていない。

奏法[編集]

テクニック的にはファストプレイ、タップ、スウィープなどが特徴的である。とくに決め技として頻繁に登場するのがセヴンスコードアルペジオで、低音弦からスウィープし、最高音を右手人差し指でタップする。通常右手は人差し指親指ピックをつかうが、タップのときは人差し指でタップしピックを親指と中指でつまむ。

機材[編集]

現在、彼が使用しているギターはアイバニーズ製の6、7、8弦ギター。アンプはヒュースアンドケトナー製のスタック。

現在はアイバニーズとエンドースメント契約を締結しているが、かつてはBCリッチワッシュバーン、カーヴィン等を使用していた。カーヴィンと契約していた頃から7弦ギターを使用し始め、低音よりのアプローチを見せ始めている。

ディスコグラフィー[編集]

ソロ[編集]

  • 1986: Edge of Insanity
  • 1987: Maximum Security
  • 1990: Eyes of the World
  • 1992: Freedom to Fly
  • 1993: Madness
  • 1994: Premonition
  • 1995: Evolution
  • 1996: Violent Machine
  • 1997: Live Insanity (ライブ)
  • 1999: Master of Paradise
  • 2001: Chromaticity
  • 2006: Tony MacAlpine Collection: The Shrapnel Years (コンピレーション)
  • 2011: Tony MacAlpine

M.A.R.S. (MacAlpine/Aldridge/Rock/Sarzo)[編集]

  • 1986: Project: Driver

Planet X[編集]

  • 2000: Universe
  • 2002: Live from Oz (ライブ)
  • 2002: MoonBabies

CAB[編集]

  • 2000: CAB
  • 2001: CAB 2
  • 2003: CAB 4
  • 2008: Theatre de Marionnettes
  • 2009: CAB Live!
  • 2011: Live on sunset

Ring of Fire[編集]

  • 2003: Dreamtower
  • 2004: Burning Live in Tokyo (ライブ)
  • 2004: Lapse of Reality

Devil's Slingshot[編集]

  • 2007: Clinophobia

Seven The Hardway[編集]

  • 2010: Seven The Hardway

外部リンク[編集]