浅井健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅井 健一
基本情報
別名 ベンジー
出生 1964年12月29日(49歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市名東区
血液型 AB型
ジャンル ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1990年 -
レーベル Sexy Stones Records
公式サイト SexyStones.com

浅井 健一(あさい けんいち、1964年12月29日 - )は、日本ロック歌手ギタリスト音楽プロデューサー

愛知県名古屋市名東区出身。身長171cm、体重59kg、血液型AB型インディーズレーベルSexy Stones Records代表取締役社長を務める。BLANKEY JET CITYから浅井健一ソロ名義に至るまでの約20年間、どのユニットにおいても多作で知られている。

来歴[編集]

愛知県立長久手高等学校を中退後、高所作業員として働きながら、BLANKEY JET CITYを結成し、ギター・ボーカルを務める。1990年に出演した「三宅裕司のいかすバンド天国」で第25代目イカ天キング(6代目グランドイカ天キング)となり、翌年メジャーデビュー。

1996年に結成された、SHERBETを経て、1999年SHERBETSを結成。

2000年7月9日横浜アリーナ2Days「LastDance」を最後にBLANKEY JET CITY解散。解散後はSHERBETSに活動の主軸を移す。また、同時期に独自のレーベル“SEXY STONES RECORDS”を設立する。

2001年、SHERBETSと平行する形でUAをボーカルに迎えたAJICOや、2002年2月には、スリーピースバンド、JUDEを結成し、精力的な活動を続けた。

2006年7月からは、浅井健一ソロ名義での活動をスタートさせ、ファースト・アルバム『Johnny Hell』を発表。そして2007年6月には、アルバムを同時に2枚リリースし、全国26本のツアーを行った。

2008年5月に初の絵画個展を開く。

2010年には照井利幸有松益男3ピースバンドPONTIACS(ポンティアックス)を結成した。

人物[編集]

  • 愛称は「ベンジー」(Benzie)。 映画「グローイング・アップ」の主人公・ベンジー少年に似ていることから、BLANKEY JET CITYのベーシスト、照井利幸に名づけられた。この印象的な愛称と愛用のグレッチギターは、彼のファンである椎名林檎の歌「丸の内サディスティック」の歌詞にも登場する。
  • グレッチ・テネシアンフェンダー・ジャズマスターギブソン・レスポールなどを愛用する。
  • 左腕に刺青を入れている。
  • 実家は米屋である。ブランキーとしてデビュー後も、度々実家の店で米の配達などを手伝っていた。
  • 音楽以外の活動としては、数冊の画集絵本などを発表している。
  • シーナ&ザ・ロケッツ鮎川誠シーナとは交流が深く、雑誌音楽と人(2013年1月号)では尊敬する唯一のアーティストとして名前を挙げている。また、鮎川のホームパーティに招かれた際のロックなエピソードなども語られている。
  • 17歳の頃、交通事故で入院したことをきっかけに、絵や詩を創作するようになった。絵画を描くこともあり、これをフィーチャーした本も出版されている。竹内まりやのシングル「ウイスキーが、お好きでしょ」でジャケットのアートワークも手がける。
  • モデルの小野寺マリと結婚、3人の子供がいる。
  • ブランキー時代の一部の曲は、解散後の各バンドでもよく演奏している。これについて、後にインタビューで「俺がやらなきゃ誰もやらないだろうし。いい曲はやりたい」と語っている。
  • 推奨書籍として、前野徹の『新・歴史の真実』をインタビューで繰り返し挙げている。歌詞の中にも白人社会への批判的な表現がある。
  • 愛用の煙草は、マイルドセブンライト
  • 大のマスコミ嫌いであることから、CMや週刊誌、テレビ、バラエティ番組などからのバッシングは苛烈を極める。
  • 女性ロックバンドLAZYgunsBRISKYや全員高校生のロックバンドLEDY JOEのプロデュースも行っている。
  • 2013年5月に、セクシーストーンズ運営によるカレー屋haracchi(ハラッキ)をオープンしたと自身のFacebookで発表。

歌詞[編集]

歌詞やその比喩には過去の映画作品を引用することがあり、その映画の風景を想起させると共に一種の虚無的、皮肉的な特徴を生んでいる。しかし本人は、その点を強く意識している訳ではなく、あくまで思いつきが結果そうなると否定的な発言をしている。

BLANKEY JET CITY時代に行われたTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTとの対談では、ロンドン公演で渡英した際、白人が日本人を見下していることに腹が立ったと語った。この頃から白人至上主義への反発が強くなり、数々の辛辣な批判を歌詞として書いている。また自然や動物を好み、動物園や動物実験を批判する歌詞も残している。

NHKの番組で浅井特集が組まれ、共にAJICOを組んでいたUAからは「詩人」と評され、2回シングル曲を共作したことがある椎名林檎からは「歩く芸術」と評された。さらに椎名は「曲に日本語をのせるとかっこ悪いと思っていたのにこの人の歌を聴いて日本語でもこんなにかっこいいものが作れるんだと衝撃を受けた」とまで述べた。なお、浅井はラジオのゲスト出演で椎名の曲を「かっこいい」と評価している。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 危険すぎる(2006年7月12日)
  2. WAY(2006年9月13日)
  3. FIXER(2007年4月4日)
  4. Dark Cherry(2007年5月23日)
  5. FRIENDLY(2009年7月22日)
  6. Mad Surfer(2009年8月26日)
  7. OLD PUNX VIDEO(2012年11月22日)

アルバム[編集]

  1. Johnny Hell(2006年9月27日)
  2. Rod Snake Shock Service(2007年6月27日)
  3. CHELSEA(2007年6月27日)
  4. Sphinx Rose(2009年9月30日)
  5. CORKSCREW WORLD -best of Kenichi Asai-(2011年3月16日・ベスト盤)
  6. PIL(2013年1月16日)

DVD[編集]

  1. Johnny Heaven -Johnny Hell Tour DVD-(2007年4月4日)
  2. SPARKLING MOVIE -LIVE AT SHIBUYA-AX-(2008年4月23日)
  3. Deadly Hair -HALL TOUR MERCURY-(2010年3月31日)

LIVE[編集]

2006年8月「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006」

2006年10、11月 「Johnny Hell Tour」(全国11本)

2007年4月29日 「ARABAKI ROCK FEST.07」

2007年4、5月 「Jet Milk Hill Tour」(全国6本)

2007年6、7、9、10月 「Sparkling Head Tour」(全国26本)

2007年7月28日 「FUJI ROCK FESTIVAL'07」

2007年8月18日 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007」 等に出演。

書籍[編集]

  • SHERBET street(2000年6月)BookCD
  • TED TEX(2003年11月)絵本
  • 1991-1997(2004年9月)詩集
  • 1998-2001(2004年9月)詩集
  • 2002-2005(2006年9月13日)詩集
  • Highway Jenny(2006年9月27日)画ニメ (監督・絵/福士昌明、音楽/浅井健一、ナレーション/TERUGLAY))
  • Jet Milk Hill(2007年3月17日)画集

共演[編集]

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]