ライ・クーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライ・クーダー
ライ・クーダー (2009年)
ライ・クーダー (2009年)
基本情報
出生名 Ryland Peter Cooder
出生 1947年3月15日(67歳)
米国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ロック
ブルース
ワールドミュージック
R&B
テクス・メクス
カントリー
ゴスペル
ジャズ
職業 ギタリスト
歌手
担当楽器 ギター
ヴォーカル
活動期間 1965年〜現在
レーベル リプリーズ・レコード
ワーナー・ブラザーズ・レコード
ノンサッチ・レコード
共同作業者 タジ・マハール
デヴィッド・リンドレー
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
ローリング・ストーンズ
アリ・ファルカ・トゥーレ
フラーコ・ヒメネス
ニック・ロウ

{{{Influences}}}

ライ・クーダーRy Cooder、本名:Ryland Peter Cooder、1947年3月15日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャンギタリスト歌手作曲家

概要[編集]

世界各国のルーツミュージックに対する造詣も深く、アメリカのルーツ・ミュージックを発掘し、世に広めたことは高く評価されている。また、ヴィム・ヴェンダースウォルター・ヒル監督作品の音楽にも携わった。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において、8位にランクイン[1]、2011年の改訂版では第31位。

来歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。父親の影響で、3歳の頃に初めて4弦ギターを手にする[2]。4歳のとき、ナイフによる事故が原因で片目を失明、以後義眼となる[3]

16歳にして、音楽活動を始める[3][2]1960年代半ばには、タジ・マハールらと組んだライジング・サンズキャプテン・ビーフハートジャッキー・デシャノン等のバンドで活動。 ローリング・ストーンズのアルバム『レット・イット・ブリード』(1969年)に参加しており、また、同作のレコーディング中に行われたジャム・セッションは、後に『ジャミング・ウィズ・エドワード』(1972年)としてレコード化された。そして、1970年にアルバム『ライ・クーダー・ファースト』でソロ・デビューを果たす。

1979年秋、デヴィッド・リンドレーと組み来日公演を行う[2]。リンドレーとは1984年の映画『パリ、テキサス』のサウンドトラックでも共演[4]。以後も1990年1995年と再度来日公演を行うなど、度々共演を重ねている。

1980年代以降は映画音楽を多く手掛けるようになり、自己名義のスタジオ・アルバム製作からは1987年の『ゲット・リズム』を最後にしばらく遠ざかることとなった。同作収録の"Goin' Back To Okinawa"では沖縄民謡風の音階やフレーズにも挑戦、喜納昌吉&チャンプルーズのアルバム『BLOOD LINE』にも参加している。

1991年、ライは、ジョン・ハイアットジム・ケルトナーニック・ロウリトル・ヴィレッジを結成。翌年同名のアルバムをリリースし、ツアーも行った。

1993年には、インドのミュージシャンV・M・バット、翌1994年にはマリのブルースマンと称される、アリ・ファルカ・トゥーレと共演作を発表。自身の音楽の幅を更に押し広げた。後者『トーキング・ティンブクトゥ』は、1994年のグラミー賞において「ベスト・ワールド・ミュージック・アルバム賞」を受賞した[5]

1996年、ライはキューバに赴き、エリアデス・オチョアコンパイ・セグンドといったキューバのミュージシャンたちとアルバム『Buena Vista Social Club』をレコーディングする。同作は、1997年グラミー賞において「ベスト・トロピカル・ラテン・パフォーマンス賞」を受賞するなど[5]、欧米を中心に高い評価を受けた。1999年には、ヴィム・ヴェンダース監督による同名の映画も封切られている。

2005年、ロサンゼルスのメキシコ系アメリカ人コミュニティーを題材としたコンセプト・アルバム『チャヴェス・ラヴィーン』を発表。以後、2007年の『マイ・ネーム・イズ・バディ』、2008年の『アイ・フラットヘッド』と同様にストーリー性を持ったアルバムを相次いで発表した。

2009年、リトル・ヴィレッジ以来17年ぶりにニック・ロウと組みツアーを行った。2009年11月には、このユニットで来日もしている[6]

演奏スタイル[編集]

スライド・ギターの名手として知られており、多くのギタリストが例外なくライの名を挙げている。フィンガー・ピッキングにも定評があり、で澄み切った音調を出している。特に両方を織り交ぜたフレーズは、オリジナリティの溢れているものとして評価が高い。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 1970年 Ry Cooder 『ライ・クーダー・ファースト』 (Reprise)
  • 1971年 Into the Purple Valley 『紫の峡谷』 (Reprise)
  • 1971年 Boomer's Story 『流れ者の物語』 (Reprise)
  • 1974年 Paradise And Lunch 『パラダイス・アンド・ランチ』 (Reprise)
  • 1976年 Chicken Skin Music 『チキン・スキン・ミュージック』 (Reprise)
  • 1977年 Show Time 『ショー・タイム(ライヴ)』 (Reprise)
  • 1978年 Jazz 『ジャズ』' (Reprise)
  • 1979年 Bop Till You Drop 『バップ・ドロップ・デラックス』 (Reprise)
  • 1980年 Borderline 『ボーダーライン』 (Reprise)
  • 1982年 The Slide Area 『スライド・エリア』 (Reprise)
  • 1987年 Get Rhythm 『ゲット・リズム』 (Reprise)
  • 1993年 A Meeting by the River 『ア・ミーティング・バイ・ザ・リヴァー』 (Water Lily Acoustics) ※V・M・バットとの共作
  • 1994年 Talking Timbuktu 『トーキング・ティンブクトゥ』 (World Circuit) ※アリ・ファルカ・トゥーレとの共作
  • 1997年 Buena Vista Social Clubブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(Nonesuch)
  • 2003年 Mambo Sinuendo 『マンボ・シヌエンド』 (Nonesuch) ※マヌエル・ガルバンとの共作
  • 2005年 Chávez Ravine 『チャヴェス・ラヴィーン』 (Nonesuch)
  • 2007年 My Name Is Buddy 『マイ・ネーム・イズ・バディ』 (Nonesuch)
  • 2008年 I, Flathead 『アイ・フラットヘッド』 (Nonesuch)
  • 2010年 San Patricio 『サン・パトリシオ』 (Hear Music) ※チーフタンズとの共作

映画サウンドトラック[編集]

編集盤[編集]

  • 1986年 Why Don't You Try Me Tonight ?: The Best Of Ry Cooder (Warner Bros.)
  • 1994年 River Rescue: The Very Best of Ry Cooder 『ベスト・オブ・ライ・クーダー』 (Warner Bros.)
  • 1995年 Music by Ry Cooder (Reprise)
  • 2008年 The Ry Cooder Anthology: The UFO Has Landed 『アンソロジー』 (Rhino)

その他プロジェクト[編集]

  • 1988年 Pecos Bill 『ペコス・ビル』 (Windham Hill) ナレーション: ロビン・ウィリアムス
  • 1992年 Rising Sons featuring Taj Mahal and Ry Cooder (Sony)
  • 1992年 Little Village (Reprise)

CM[編集]

関連項目[編集]

参照文献[編集]

  1. ^ [www.rollingstone.com/music/lists/100-greatest-guitarists-of-all-time-19691231/ry-cooder-20101202 100 Greatest Guitarists: David Fricke's Picks: Ry Cooder | Rolling Stone]
  2. ^ a b c 1990年RY COODER & DAVID LINDLEY日本公演パンフレット
  3. ^ a b Edited Guide Entry: Ry Cooder (BBC)
  4. ^ allmusic ((Paris, Texas > Overview))
  5. ^ a b Grammy Award Winners
  6. ^ ロック・シーンを代表する大御所アーティスト、RY COODER & NICK LOWEによる夢の共演ツアーが11月に日本上陸!! (bounce.com)

外部リンク[編集]