ロバート・クレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・クレイ
ロバート・クレイ (2007)}
ロバート・クレイ (2007)
基本情報
出生 1953年8月1日(60歳)
米国ジョージア州コロンバス
ジャンル ブルース
ソウル
職業 ギタリストシンガー
担当楽器 ギター
活動期間 1980年 〜 現在
レーベル トマト・レコード
ハイトーン・レコード
マーキュリー・レコード
ライコ・ディスク
サンクチュアリー・レコード
ヴァンガード・レコード
公式サイト RobertCray.com

{{{Influences}}}

ロバート・クレイRobert Cray 1953年8月1日 - )はアメリカ合衆国出身のブルースギタリストシンガー

1980年代に新世代のブルースマンとして頭角を現し、"Smoking Gun"のヒットを生んだ。メンフィス・ソウルやテキサス・ブルースなどの影響を強く受けつつ、マイナー調を多用したコンテンポラリーな独自のサウンドを築き上げた。

来歴[編集]

1953年、ジョージア州コロンバスに生まれたクレイは、生後11ヶ月で軍人だった父親の転勤のため、ワシントン州タコマへ移住し、幼少期をこの地で過ごすこととなった[1]

12歳のとき、ビートルズの影響でギターを始めた[2][1]

10代の頃からロックやブルース、ソウルなど様々な音楽を嗜み、特にジミ・ヘンドリックスアルバート・コリンズ影響を受けた[3]1974年には、自己のバンドを結成。アルバート・コリンズのバックも務めている。

1978年、映画『アニマル・ハウス』にオーティス・デイ&ザ・ナイツのベーシストとして出演した。

1980年、アルバムWho's Been Talkin'でレコード・デビューを果たす。しかし、彼のスタイルを確固たるものとしたのは続くセカンド・アルバムBad Influence (1983年)だった。特にこのアルバムのタイトル曲は、後にエリック・クラプトンがアルバムオーガストで取り上げるなど、広く知られるようになった。また、冒頭を飾る「Phone Booth」も彼の代表曲の一つとして知られる。この曲は、彼のアイドルでもあるアルバート・キング1984年のアルバムで取り上げ、アルバム・タイトルにもなっている(I'm in a Phone Booth, Baby)。

1984年ジョン・リー・フッカーの来日公演の前座として、初来日。全国6都市で演奏した。クレイは、1989年にリリースされたフッカーのアルバム『The Healer』にも参加している。

1985年、アルバムShowdown!でアルバート・コリンズ、ジョニー・コープランドと共演。このアルバムはグラミー賞も受賞し[4]、クレイも注目を集めることとなった。

1986年、大手レーベル、マーキュリーへの移籍第一弾、『Strong Persuader』を発表する。このアルバムからは、"Smoking Gun"がシングル・カットされ、ブルースとしては異例のビルボード・チャート22位に食い込む大ヒットを記録した[5]

同年、セントルイスで行われたチャック・ベリーの生誕60年を記念するコンサートに、キース・リチャーズらオールスター・メンバーの一員として出演。この模様は、翌年テイラー・ハックフォード監督の『ヘイル!ヘイル!ロックンロール』として映画化された。

1987年には、エリック・クラプトンの前座として起用され、来日公演にも同行した。

1990年のアルバム『Midnight Stroll』では、自己のバンドに加えてホーン・セクションにメンフィス・ホーンズを起用。従来以上にソウルフルでファンキーなサウンドを展開する。一方、1993年の『Shame + A Sin』では、ハウリン・ウルフアルバート・キングなどの泥臭いブルースの世界を追求している。また、1993年にはB.B.キングのアルバム『Blues Summit』にゲスト参加した。

1997年の『Sweet Potato Pie』を最後にマーキュリーを離れたが、1999年にはライコディスクからTake Your Shoes Offをリリース。メンフィス・ソウル色を感じさせるサウンドで健在ぶりを示している。

2006年、初のライブ・アルバムとなる『Live from Across the Pond』をリリースする。

2009年5月、ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバルへの出演のため、約13年ぶりに来日。同年8月、ヴァンガード・レコードよりアルバム『This Time』をリリースした。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1980年 Who's Been Talkin' (Tomato)
  • 1983年 Bad Influence (Hightone)
  • 1985年 False Accusations (Hightone)
  • 1985年 Showdown! (Alligator) アルバート・コリンズ、ジョニー・コープランドとの共演盤
  • 1986年 Strong Persuader (Mercury)
  • 1988年 Don't Be Afraid of the Dark (Mercury)
  • 1990年 Midnight Stroll (Mercury)
  • 1992年 I Was Warned (Mercury)
  • 1993年 Shame + A Sin (Mercury)
  • 1995年 Some Rainy Morning (Mercury)
  • 1997年 Sweet Potato Pie (Mercury)
  • 1999年 Take Your Shoes Off (Rykodisc)
  • 2001年 Shoulda Been Home (Rykodisc)
  • 2003年 Time Will Tell (Sanctuary)
  • 2005年 Twenty (Sanctuary)
  • 2006年 Live from Across the Pond (Nozzle/Vanguard)
  • 2008年 Live at the BBC (Universal/Mercury)
  • 2009年 This Time (Vanguard/Nozzle)
  • 2012年 Nothin But Love (Provogue)
  • 2014年 In My Soul (MRI)

編集盤[編集]

  • 1999年 Heavy Picks: The Robert Cray Collection (Mercury)
  • 2000年 The Best of Robert Cray (Universal/Mercury)
  • 2003年 Heritage of the Blues: Phone Booth" (Hightone)
  • 2005年 Ultimate Collection" (Universal Nl)
  • 2007年 Definitive Collection" (Hip-O Records)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]