サンクチュアリ・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンクチュアリ・レコード (Sanctuary Records) は、イギリスレコード・レーベルで、ユニバーサル・ミュージックの傘下。ユニバーサルに買収されるまでは世界最大の音楽マネージメント会社で、イギリス最大のインディーズ・レーベルであった。

ロッド・スモールウッドアンディ・テイラーの2名がアイアン・メイデンのマネージメントを手がけることで躍進、彼らの楽曲「聖地へ - Sanctuary」(アルバム『鋼鉄の処女』収録)に由来するレコード会社を設立するに至った。

2006年に共同設立者のひとりであるスモールウッドがアイアン・メイデンを引き連れて独立[1]、翌2007年にはアメリカでの新規営業活動を停止するなど縮小が続き[2]、ユニバーサル・ミュージックに4450万ポンドで買収されることが2007年6月に明らかになった[3]

所属アーティストはおよそ120組、楽曲カタログは世界最大の150,000曲超。傘下には Sanctuary Artist Management(アイアン・メイデンガンズ・アンド・ローゼズスリップノット)、Music World Entertainment(ビヨンセデスティニーズ・チャイルド)、Trinifold(ロバート・プラントザ・フー)などがある。

主なアーティスト[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Iron Maiden & Rod Smallwood Form Phantom (HTML)” (英語). Maiden Central (2006年11月3日). 2007年7月16日閲覧。
  2. ^ M. Walsh, Chris (2007年4月4日). “Sanctuary To Wind Down U.S. Operation (HTML)” (英語). Billboard.com. 2007年7月16日閲覧。
  3. ^ Universal Music to buy Sanctuary (HTML)” (英語). BBC News (2007年6月15日). 2007年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]