ベック (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベック
Beck
ベック(2006年9月29日)}
ベック(2006年9月29日
基本情報
出生名 Beck David Campbell
出生 1970年7月8日(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ロサンゼルス
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ファンク
ヒップホップ
エレクトロニカ
ローファイ
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
音楽プロデューサー
担当楽器 ヴォーカル
ギター
キーボード
ベース
ドラムス
ハーモニカ
パーカッション
シタール
バンジョー
スライドギター
12弦ギター
グロッケン
ヴォコーダー
カリンバ
メロディカ
ヒューマンビートボックス
活動期間 1988年
レーベル ゲフィン・レコード
インタースコープ・レコード
XLレコーディングス
ホステス・エンタテインメント
イリアド
公式サイト www.beck.com/ 公式サイト
著名使用楽器
1962・ヴィンテージ・シルヴァートーン・ダンエレクトロ

ベック・ハンセン(Beck Hansen、1970年7月8日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャン1990年代から活躍を続けるアメリカを代表するソロ・アーティスト[1]

来歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はミュージシャンでアイルランド系デヴィッド・キャンベル、母はノルウェースウェーデンの血をひくヴィジュアル・アーティストのビビ・ハンセン。幼少期に両親が離婚し、兄弟と共に母に引き取られた。ヒップポップからラテン音楽といった多種多様な音楽や、母親が属するアート・シーンに感化されながら育つ。少年期にはカシオ製の音の出る電卓で作曲をする[2]など、早くより音楽に興味を示す。

1980年代半ばに高校を中退。ヨーロッパを旅し、街中で演奏しながら自身の音楽を発展させていく。北欧にいる母方の祖父で、前衛芸術家集団フルクサスのメンバーであるアル・ハンセンの下で過ごした際には、1960年代に流行しオノ・ヨーコも所属していたフルクサスに祖父の手引きで触れる。

1993年、インディーレーベルからアルバム"Golden Feelings"でデビュー。同年、12インチシングルの『ルーザー』がオルタナティヴミュージック専門のラジオ局で放送されて評判を呼び、複数のレコードレーベルの争奪戦の末にゲフィン・レコード傘下のDGCレコードと契約。

1994年、DGCからメジャーデビュー作『メロウ・ゴールド』を発表。1曲目に収録した「ルーザー」が大ヒットし、アルバムはロング・セールスを記録した。

1996年にはダスト・ブラザーズのプロデュースの下、サンプリングを巧みに活用した『オディレイ』を発表。「フォーク、ロック、ヒップホップ、ブルース、ノイズ・ミュージックなどをそれまで聴いたこともないような形で自由に融合させた」「1990年代の歴史的傑作」と高い評価を受ける[3]

1998年の『ミューテーションズ』では『オディレイ』路線の踏襲という周囲の期待を意図的かつ完全に看破し、ファンキーなダンス要素を盛り込んで「セクシー&パーティー・アルバム」と高い評価を得つつも当初のチャート・アクションでは苦戦した1999年の『ミッドナイト・ヴァルチャーズ』を経て、プロデューサーにナイジェル・ゴッドリッチを迎えた2002年作の『シー・チェンジ』はローリング・ストーン誌年間アルバム・ランキングで1位に輝くなど高い評価を得た。

2005年、再びダスト・ブラザーズと組み、6作目となる『グエロ』をリリース。「E-PRO」などのキラーチューンによって全米2位を記録した。翌2006年にはナイジェル・ゴッドリッチプロデュースの7作目『ザ・インフォメーション』を立て続けにリリースしている。

グラミー賞にノミネートされた2007年の単発シングル「タイムボム」のデジタル配信リリースを経て、2008年にはデンジャー・マウスとの共同プロデュースで60年代風のガレージサイケサウンドにアプローチした『モダン・ギルト』を発表。この作品からヨーロッパではXLレコーディングス、日本ではホステス・エンタテインメントからのリリースとなった。

また、映画への楽曲提供やプロデューサー業にも手を広げ、2009年発表のシャルロット・ゲンズブールのアルバム「IRM」[4]等を手掛けた。

2014年、6年ぶりとなるアルバム『モーニング・フェイズ』を発表。リリース後のインタビューで長年脊椎損傷で苦しんでいたこと、手術によって回復したことを明かした[5]

私生活[編集]

2004年4月にマリッサ・リビシ(俳優のジョバンニ・リビシの双子の妹)と結婚[6]。一児の父となる。妻メリッサとその兄ジョバンニとは若いときから友達であるが、三人ともサイエントロジストである。雑誌のインタビューなどでは絶対にサイエントロジーに関しての質問には答えない。

ディスコグラフィー[編集]

メジャー・アルバム[編集]

  • メロウ・ゴールド - Mellow Gold(1994年、DGC/ボングロード)
  • オディレイ - Odelay(1996年、DGC/ボングロード)
  • ミューテーションズ - Mutations(1998年、DGC/ボングロード)
  • ミッドナイト・ヴァルチャーズ - Midnite Vultures(1999年、DGC)
  • シー・チェンジ - Sea Change(2002年、ゲフィン)
  • グエロ - Guero(2005年、インタースコープ)
  • ザ・インフォメーション - The Information (2006年、インタースコープ)
  • モダン・ギルト - Modern Guilt (2008年、DGC/インタースコープ、XL、イリアド/ホステス)
  • モーニング・フェイズ - Morning Phase (2014年)

インディーズ・アルバム[編集]

  • Golden Feelings(1993年、ソニックエネミー)
  • A Western Harvest Field by Moonlight(1994年、フィンガーペイントレコード)
  • Stereopathetic Soul Manure(1994年、フリップサイド)
  • One Foot in the Grave(1994年、Kレコード)
  • Beautiful Way(2000年、ゲフィン)

日本公演[編集]

1994年
8月29日 CLUB CITTA'、31日 名古屋クラブダイアモンドホール、9月1日 大阪IMPホール、2日 福岡Skala Espacio、4・5日 CLUB CITTA'、6・7日 Liquid Room
1996年
10月23日 大阪IMPホール、24日 名古屋クラブダイアモンドホール、25日 福岡Skala Espacio、27・28・30・31日 赤坂BLITZ、11月1日 Liquid Room、3日 Bayside Jenny、4日 京都CK Cafe
1997年 FUJI ROCK FESTIVAL '97
7月27日 富士天神山スキー場
1998年 FUJI ROCK FESTIVAL '98
8月1日 東京ベイサイドスクエア
1999年
4月11・12日 渋谷公会堂、14日 名古屋市民会館、15日 福岡市民会館、16日 大阪厚生年金会館、18日 仙台サンプラザ、19日 中野サンプラザ、21日 東京厚生年金会館
2000年
5月17日 大阪城ホール、18日 愛知県体育館、20・21日 Zepp Fukuoka、24日 仙台サンプラザ、26日 Zepp Sapporo、29・30・31日 日本武道館
2001年 SUMMERSONIC 01
8月18日 千葉マリンスタジアム、19日 大阪WTCオープンエアスタジアム
2003年
3月26日 大阪フェスティバルホール、28日 愛知厚生年金会館、30日 東京ベイN.K.ホール、31日 Liquid Room、4月1日 日本武道館
2005年 FUJI ROCK FESTIVAL '05
7月30日 苗場スキー場
2007年
4月6日 Liquid Room,8日 Zepp Tokyo、9、10日 Zepp Osaka、12日 Zepp Nagoya、14日 Zepp Sendai、16日 日本武道館
2009年
3月18日 Zepp Sendai、19日 Zepp Nagoya、22日 Zepp Osaka、24日 NHKホール、25日 NHKホール、 26日 Zepp Tokyo

脚注[編集]

外部リンク[編集]