ホステス・エンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホステス・エンタテインメント: Hostess Entertainment Unlimited、ホステス株式会社)は、日本洋楽専門の独立系音楽会社。

概要[編集]

2000年に設立。本社は東京都目黒区中目黒欧米独立系レーベル及びアーティストとライセンス契約を締結し、日本での販売流通・ マーケティング・宣伝に関わる業務全般を請け負っている。流通・販売は2008年3月1日からBMG JAPAN[1]2009年からはソニー・ミュージックディストリビューションによって行われている[2]

2011年にはワーナーミュージック・サウスイーストアジアとの提携を発表。同社が日本国内で代理を務めるアーティストやレーベルのカタログの一部を、香港韓国台湾シンガポールマレーシアタイインドネシアフィリピンを含む東南アジア各国でリリースし、販路を拡大している[3]。同年7月には、ファッションブランドTOGAと共に、音楽マーチャンダイズブランド「HOST (Hostess Outfit Serviced by TOGA)」を設立[4]

2012年より、Ynosと共同でイベント「Hostess Club Weekender」を運営。2015年現在まで計10回開催されている。

主なライセンス契約[編集]

レーベル[編集]

アーティスト単独契約[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Hostess Presents NO SHIT!』(2011年7月27日、Hostess Entertainment[8]
  • Hostess Presents NO SHIT! 2』(2011年12月21日、Hostess Entertainment)
  • Hostess Presents NO SHIT! 3』(2013年2月13日、Hostess Entertainment)
  • Hostess Presents NO SHIT! 4』(2013年9月25日、Hostess Entertainment)
  • Hostess Presents NO SHIT! 5』(2014年8月20日、Hostess Entertainment)
  • Hostess Presents NO SHIT! 6』(2015年1月14日、Hostess Entertainment)

脚注[編集]

  1. ^ ホステス、3/1よりBMG Japanと販売提携を開始”. Musicman-NET (2008年2月21日). 2010年2月20日閲覧。
  2. ^ ソニーとホステス・エンタテインメントが業務提携を発表”. Musicman-NET (2009年4月1日). 2010年2月20日閲覧。
  3. ^ ホステスがワーナーSEAと提携、東南アジア地域に販路拡大”. Musicman-NET (2011年4月20日). 2011年10月18日閲覧。
  4. ^ ホステス、新マーチャンダイズブランドをスタート”. Musicman-NET (2011年7月28日). 2011年10月18日閲覧。
  5. ^ V2/Cooperative Musicとホステス・エンタテインメントが日本テリトリーにおける長期的ライセンス契約を締結”. Musicman-NET (2008年1月31日). 2010年2月20日閲覧。
  6. ^ ベガーズ・グループがホステスと提携、日本法人を設立”. Musicman-NET (2009年7月23日). 2010年2月20日閲覧。
  7. ^ ホステス、米国7レーベルとの長期的ライセンス契約を締結”. Musicman-NET (2010年10月13日). 2011年10月18日閲覧。
  8. ^ Hostess presents No Shit!”. Hostess presents No Shit!. 2010年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]