ホステス・エンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホステス・エンタテインメント(Hostess Entertainment Unlimited、ホステス株式会社)は東京都目黒区中目黒に本社を置く洋楽専門の独立系音楽会社である。

概要[編集]

2000年に設立され、これまでにドミノ・レコーズPIASエンタテインメント・グループコオペレイティヴ・ミュージック[1]ベガーズ・グループ(2009年9月1日~)[2]ポウ・トラックスシークレットリー・カナディアンジャグジャグウォーデッド・オーシャンズファット・ポッサム・レコーズ[3]マージ・レコードといった、欧米の独立系レーベルとライセンス契約を締結し、日本での販売流通・ マーケティング・宣伝に関わる業務全般を請け負っている。さらにレディオヘッドベックソニック・ユースM83らのアーティストとライセンス契約を結んで日本流通盤をリリースしている。流通・販売は2008年3月1日からBMG JAPAN[4]、2009年からはソニー・ミュージックディストリビューションによって行われている[5]

2011年7月には、同社初となる30曲入り2枚組コンピレーション『Hostess presents No Shit!』をリリース[6]。同作品には、アークティック・モンキーズケミカル・ブラザーズフレンドリー・ファイアーズトロ・イ・モアなどバラエティ豊かなアーティストの楽曲が収録されている。

また、2011年にはワーナーミュージック・サウスイーストアジアとの提携を発表。同社が日本国内で代理を務めるアーティストやレーベルのカタログの一部を、香港韓国台湾シンガポールマレーシアタイインドネシアフィリピンを含む東南アジア各国でリリースし、販路を拡大している。[7]

マーチャンダイジング[編集]

2011年7月には、ファッションブランドTOGAと共に、音楽マーチャンダイズブランド「HOST (Hostess Outfit Serviced by TOGA)」をスタートさせたことを発表。[8]、これまでにモグワイフォー・テットベスト・コーストなどの国内でのマーチャンダイズを担当した。

脚注[編集]

  1. ^ V2/Cooperative Musicとホステス・エンタテインメントが日本テリトリーにおける長期的ライセンス契約を締結”. Musicman-NET (2008年1月31日). 2010年2月20日閲覧。
  2. ^ ベガーズ・グループがホステスと提携、日本法人を設立”. Musicman-NET (2009年7月23日). 2010年2月20日閲覧。
  3. ^ ホステス、米国7レーベルとの長期的ライセンス契約を締結”. Musicman-NET (2010年10月13日). 2011年10月18日閲覧。
  4. ^ ホステス、3/1よりBMG Japanと販売提携を開始”. Musicman-NET (2008年2月21日). 2010年2月20日閲覧。
  5. ^ ソニーとホステス・エンタテインメントが業務提携を発表”. Musicman-NET (2009年4月1日). 2010年2月20日閲覧。
  6. ^ Hostess presents No Shit!”. Hostess presents No Shit!. 2010年2月20日閲覧。
  7. ^ ホステスがワーナーSEAと提携、東南アジア地域に販路拡大”. Musicman-NET (2011年4月20日). 2011年10月18日閲覧。
  8. ^ ホステス、新マーチャンダイズブランドをスタート”. Musicman-NET (2011年7月28日). 2011年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]