サイケデリック・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイケデリック・ロック
様式的起源 ロックブルースロックフォークロックジャズラーガ
文化的起源 1960年代中旬
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ギターベースドラムセットオルガンメロトロン、各種打楽器シタールテルミン
流行時期 1960年代後半
派生ジャンル ハードロックヘヴィメタルジャムクラウト・ロックニューエイジ・ミュージックプログレッシブ・ロックストーナー・ロックネオ・サイケデリア
サブジャンル
アシッド・ロックスペース・ロック
融合ジャンル
サイケデリック・フォークサイケデリック・ポップサイケデリック・ソウル
関連項目
ヒッピーサイケデリックサイケデリック・ミュージック
テンプレートを表示

サイケデリック・ロック (Psychedelic rock) は、1960年代後半に流行したロック音楽の一ジャンル。主に、LSDによる幻覚を体現する音楽に対して定義付けられる。

アメリカ合衆国西海岸に始まったサイケデリック・ムーブメント1967年頃世界中を席巻し、多くのアーティストがこのジャンルの作品を残した。ドアーズグレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレインなどが有名だが、2011年現在プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして知られているピンク・フロイドも、シド・バレットが在籍していた最初期はサイケデリック・ロックの代表選手であった。既に人気ポップ・バンドの地位を確立していたビートルズも『リボルバー』『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『イエロー・サブマリン』でこのジャンルを代表する作品を作り、またローリング・ストーンズも『サタニック・マジェスティーズ』で同様の作品を発表した。

極彩色の模様のスライド映写などの印象が強烈だったため、音楽とは無関係な部分で語られることが多いが、ビートルズの「トゥモロー・ネバー・ノウズ」などの楽曲は、その後の録音技術に大きな影響を与えた[1]。サイケデリック・ロックは、その後の1970年代の「ロック黄金期」の布石となった。

サイケデリック・ロックの音楽家一覧[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『サウンドの力』 サイモン・フリス、細川周平・竹田賢一訳、晶文社、1991年11月 ISBN 978-4794960269

関連項目[編集]

外部リンク[編集]