スマイリー・スマイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スマイリー・スマイル
ザ・ビーチ・ボーイズスタジオ・アルバム
リリース 1967年9月11日
録音 1967年6月3日 - 7月14日 Good Vibrations」は1966年2月18日 - 9月1日, 「Heroes And Villains」 backing track 1966年10月, 「Vegetables1967年4月
ジャンル サイケデリック
時間 27分36秒
レーベル ブラザー・レコード/
キャピトル・レコード
プロデュース ザ・ビーチ・ボーイズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 9位(イギリス[1]
  • 41位(アメリカ[2]
ザ・ビーチ・ボーイズ 年表
ベスト・オブ・ザ・ビーチ・ボーイズ Vol. 2
(1967年)
スマイリー・スマイル
(1967年)
ワイルド・ハニー
(1967年)
テンプレートを表示

スマイリー・スマイル』(Smiley Smile)は、1967年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズオリジナルアルバム

スマイル』に代わってリリースされた本作は、悪評高いその内容にもかかわらずカルト的な人気を博するようになった。

1966年の秋から1967年の春にかけて、音楽界ではビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』に続く作品『スマイル』が待望された。1966年後半の世界的なヒットとなった「グッド・ヴァイブレーション」も新アルバムへの関心を増加させた。

『スマイル』のリリースは1967年5月に急遽キャンセルとなった。また、ビーチ・ボーイズはモンタレー・ポップ・フェスティバルへの出演も断ることとなった。後に、ブライアン・ウィルソンが、アルバムに対する過度の期待が重圧となり、ストレスによる薬物使用も相まって、ノイローゼを悪化させ、その製作を放棄したことが明らかになった。その後、ブライアンの音楽活動は徐々に低迷していくこととなる。

曲目[編集]

  1. 英雄と悪漢 - Heroes and Villains (Brian Wilson/ Van Dyke Parks) 3:37
  2. ヴェジタブル - Vegetables (Brian Wilson/Van Dyke Parks) 2:07
  3. フォール・ブレイクス・アンド・バック・トゥ・ウィンター - Fall Breaks And Back To Winter (Woody Woodpecker Symphony) (Brian Wilson) 2:15
  4. シーズ・ゴーイン・ボールド - She's Goin' Bald (Brian Wilson/ Mike Love/Van Dyke Parks) 2:13
  5. リトル・パッド - Little Pad (Brian Wilson) 2:30
  6. グッド・ヴァイブレーション - Good Vibrations (Brian Wilson/Mike Love) 3:36
  7. ウィズ・ミー・トゥナイト - With Me Tonight (Brian Wilson) 2:17
  8. ウインド・チャイムズ - Wind Chimes (Brian Wilson) 2:36
  9. ゲッティン・ハングリー - Gettin' Hungry (Brian Wilson/Mike Love) 2:27
  10. ワンダフル - Wonderful (Brian Wilson/Van Dyke Parks) 2:21
  11. ホイッスル・イン - Whistle In (Brian Wilson) 1:04

ボーナス・トラック

  1. 英雄と悪漢(別テイク) - Heroes and Villains
  2. グッド・ヴァイブレーション(別テイク) - Good Vibrations
  3. グッド・ヴァイブレーション(初期テイク) - Good Vibrations
  4. ユー・アー・ウェルカム - You Are Welcome
  5. キャント・ウエイト・トゥー・ロング - Can't Wait Too Long

脚注[編集]

外部リンク[編集]