サーフィン・サファリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーフィン・サファリ
ザ・ビーチ・ボーイズスタジオ・アルバム
リリース 1962年10月29日
録音 1961年10月4日,
4月, 8月8日,
1962年9月5日,6日
ジャンル サーフ・ロック
時間 24 53
レーベル キャピトル・レコード
プロデュース ニック・ヴェネット
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 32位(アメリカ[1]
ザ・ビーチ・ボーイズ 年表
サーフィン・サファリ
(1962年)
サーフィン・U.S.A.
(1963年)
テンプレートを表示

サーフィン・サファリ(Surfin' Safari)は、1962年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのデビューアルバム。本作発表当時はザ・ビーチ・ボーイズが後にアメリカを代表するバンドに成長することを示唆するものはほとんど見られなかった。

1961年の秋にブライアン・ウィルソンとそのいとこのマイク・ラブは「サーフィン」を作曲した。ブライアンは弟のデニスカール、高校の友人アル・ジャーディンを引き入れバンドを結成した。ブライアンはドラムを担当し、カールがリードギター、アルがベース、マイクはフロント・ヴォーカルを担当した。後にアルは学業に専念するため一時脱退、本作のレコーディングでは代役のデヴィッド・マークスがサイドギターで全面的に参加している。デヴィッドはベースが弾けなかったため、ブライアンがベースに転向し、デニスがドラムスを演奏することとなった。

アナログ盤はモノ・ミックス及び、これを擬似ステレオ化したデュオフォニック・ミックスで発売された。CDではモノ・ミックスのみが発売されている。曲によってはセッション・テープが発見されていない、もしくは現存していないため、2010年現在もボーナス・トラックの「ランド・アホイ」(「サーフィン」収録のためにトラック・リストから落とされた曲)を除き、トゥルー・ステレオ化が実現していない。

曲目[編集]

  1. サーフィン・サファリ -Surfin' Safari (Brian Wilson/Mike Love) 2:05
  2. カウンティ・フェアー -County Fair (Brian Wilson/Gary Usher) 2:15
  3. テン・リトル・インディアンズ -Ten Little Indians (Brian Wilson/Gary Usher) 1:26
  4. チャガ・ラガ -Chug-A-Lug (Brian Wilson/Gary Usher/Mike Love) 1:59
  5. リトル・ガール -Little Girl (You're My Miss America) (Catalano/Herb Alpert) 2:04
  6. 409 -409 (Brian Wilson/Mike Love/Gary Usher) 1:59
  7. サーフィン -Surfin' (Brian Wilson/Mike Love) 2:10
    • シングルB面の「ルアウ Luau」は公式アルバムには収録されなかった。1991年のアルバム『ロスト・アンド・ファウンド Lost And Found (1961-62)』に収録された。
  8. 君の勝ち -Heads You Win - Tails I Lose (Brian Wilson/Gary Usher) 2:17
  9. サマータイム・ブルース -Summertime Blues (Eddie Cochran/Jerry Capeheart) 2:09
  10. カッコー時計 -Cuckoo Clock (Brian Wilson/Gary Usher) 2:08
  11. ムーン・ドーグ -Moon Dawg (Derry Weaver) 2:00
  12. シフト -The Shift (Brian Wilson/Mike Love) 1:52

ボーナス・トラック

  1. シンディ・オー・シンディ - Cindy, Oh Cindy
  2. ランド・アホイ - Land Ahoy

脚注[編集]

外部リンク[編集]