グッド・ヴァイブレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッド・ヴァイブレーション
ザ・ビーチ・ボーイズシングル
収録アルバム スマイリー・スマイル
B面 少しの間
リリース 1966年10月10日
録音 1966年2月18日 - 9月
ジャンル ポップスサイケデリック・ロック
時間 3分36秒
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ブライアン・ウィルソンマイク・ラヴ
プロデュース ブライアン・ウィルソン
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ)
  • 1位(イギリス)
ザ・ビーチ・ボーイズ シングル 年表
素敵じゃないか / 神のみぞ知る
(1966年)
グッド・ヴァイブレーション
(1966年)
英雄と悪漢
(1967年)
テンプレートを表示

グッド・ヴァイブレーション」(Good Vibrations)は、ザ・ビーチ・ボーイズ1966年に発表したシングル。バンドにとって最大のヒット曲の1つである。リード・ボーカルは、制作当初はブライアン・ウィルソンが担当したが、最終的にはカール・ウィルソンがリード・ボーカルを担当した形でリリースされた。

解説[編集]

アルバム『ペット・サウンズ』(1966年)のためのレコーディング・セッションが行われていた1966年2月18日に、最初のレコーディングが行なわれた[1]。この時のセッションでは、ラリー・ネクテル(オルガン)やハル・ブレイン(ドラムス)等のスタジオ・ミュージシャンが参加している[2]。しかし、ブライアン・ウィルソンの意向により『ペット・サウンズ』には収録されず、複数のスタジオでレコーディングが繰り返され、90時間に及ぶテープを編集して、3分半のマスター・テープが完成された[2]マイク・ラヴは、「2秒から5秒ぐらいしかない同じパートを、25回から30回ヴォーカル・ダビングした」と回想している[1]

レコーディングの早い時期からテルミンが使用され、その後、マイク・ラヴによる低音域のコーラスや、チェロによる三連符のリズム等も加えられていった。また、歌詞も大幅に変更されていった。ブライアンは、この曲を「ポケット・シンフォニー」と呼んでいる[1]

1966年10月、『ペット・サウンズ』収録のインストゥルメンタル「少しの間」をB面に収録したシングルとしてリリースされると、本国アメリカでは、発売から4日で29万枚以上の売り上げを記録し[1]、全米1位に達し、最終的にはゴールド・ディスクに認定された。イギリスでも、ビーチ・ボーイズとしては初めて全英シングル・チャート1位獲得を果たした[3]。しかし、その後『スマイル』の制作が難航し、最終的には発売中止となったため、本作に続くシングル「英雄と悪漢 」は、本作から9か月を経てようやく発売され、「グッド・ヴァイブレーション」は、『スマイル』に使用予定だった音源の断片を集めたアルバム『スマイリー・スマイル』(1967年)に収録されることとなった。

1998年、SMAPが出演していたNTT東日本のCMソングにも使用された。

別ヴァージョン[編集]

1990年に発売された、『スマイリー・スマイル』と『ワイルド・ハニー』の2 in 1による再発CDで、「グッド・ヴァイブレーション」の別ヴァージョン2曲がボーナス・トラックとして収録された。「ヴァリアス・セッションズ」と題されたヴァージョンは、様々なレコーディング・セッションからの音源を編集したもので、「アーリー・テイク」は、シングルおよび『スマイリー・スマイル』で発表されたものとは、歌詞が大幅に異なる。

ブライアン・ウィルソンは、後にソロ名義で『スマイル』を再録し、2004年に発表。同作に収録された「グッド・ヴァイブレーション」のセルフ・カヴァーは、前述の「アーリー・テイク」に近い歌詞で歌われ、『ペット・サウンズ』でブライアンと共同作業を行ったトニー・アッシャーが、ソングライターとしてクレジットされている。

2011年に発表された『スマイル・セッションズ』のディスク1では、ブライアン版にほぼ即した形での編集となっているが、歌詞およびヴォーカルはオリジナルのままとなっている。また同作コレクターズ・ボックスのディスク5は、本曲のセッションのみで占められている。

評価[編集]

発表当時、グラミー賞最優秀ボーカル・グループ賞にノミネートされたが、受賞はできなかった。2004年、ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500で6位にランク・インし、2010年の改訂でも引き続き6位となった[4]

カヴァー[編集]

その他[編集]

  • 日本では、NTTサンクスフェアのコマーシャル・ソングに使用された[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d CD『スマイリー・スマイル』英文ライナーノーツ(デイヴィッド・リーフ、訳:宮治ひろみ、1990年)
  2. ^ a b 『ビーチ・ボーイズ ペット・サウンズ・ストーリー』(キングズレイ・アボット著、雨海弘美・訳、ストレンジ・デイズ、2004年、ISBN 4-902342-01-4)p.184, 付録p.4
  3. ^ ChartArchive-The Beach Boys-
  4. ^ 500 Greatest Songs of All Time: The Beach Boys, 'Good Vibrations' | Rolling Stone
  5. ^ EMI Music Japan