サーフズ・アップ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーフズ・アップ
ザ・ビーチ・ボーイズスタジオ・アルバム
リリース 1971年8月30日
録音 1971年1月 - 6月,
Take a Load Off Your Feet」: 1969年後半,
Til I Die」: 1970年中頃,
Surf's Up」: music track 1966年11月, Brian's piano/vocal 1966年12月.
All the above were finished during 1971年
ジャンル ロック
時間 33分56秒
レーベル ブラザー・レコード/
キャピトル・レコード
プロデュース ザ・ビーチ・ボーイズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 15位(イギリス[1]
  • 29位(アメリカ[2]
ザ・ビーチ・ボーイズ 年表
サンフラワー
(1970年)
サーフズ・アップ
(1971年)
カール・アンド・ザ・パッションズ - ソー・タフ
(1972年)
テンプレートを表示

サーフズ・アップ』 (Surf's Up) は、1971年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム。タイトルは『スマイル』の中核をなす予定であった収録曲「サーフズ・アップ」から付けられた。

概要[編集]

1970年の秋、『サンフラワー』の商業的失敗の後、ビーチ・ボーイズはカリフォルニアのDJであったジャック・ライリーをマネージャーとして起用した。彼の最初の仕事は、ビーチ・ボーイズと彼らの歌に、政治的・環境的な社会的注目を集めることであった。11月にウイスキー・ア・ゴー・ゴーで行われた一連の「カムバック」コンサートが好意的に受け入れられた後、バンドは新しいアルバムの製作に着手した。

本作は当初『ランドロックド』というタイトルで、曲目も異なっていたが、ライリーは伝説の「サーフズ・アップ」をアルバムに収録することを要求した。メンバーはそれに同意し、「サーフズ・アップ」はカール・ウィルソンがヴォーカルを担当することで完成させられた。作曲者であるブライアンは「サーフズ・アップ」の収録に難色を示した。『スマイル』崩壊にトラウマを感じ、失敗を思い出したくなかったためである。しかし、ブライアンの嘆願は無視された。

前作『サンフラワー』にてソング・ライターとしての才能を示したデニス・ウィルソンは、映画『断絶』出演のためにほとんど参加せず、曲の提供もしなかった。しかし、カールやアル・ジャーディンがメッセージ色の強いオリジナル曲を提供し、ブルース・ジョンストンはその後多くのアーティストにカヴァーされた甘美な代表曲「ディズニー・ガールズ」を提供、ブライアンはジャック・ライリーにリード・ヴォーカルを取らせた「ア・デイ・イン・ザ・ライフ・オブ・ア・ツリー」と、自身の厭世感を表現した「ティル・アイ・ダイ」を提供してビーチ・ボーイズの新たな側面を示し、当時の世相にもある程度受け入れられ、『ビルボード』誌アルバム・チャート最高29位を記録した。

「フィール・フロウズ」は映画『あの頃ペニー・レインと』のサウンドトラックに収録されており、エンドロールに流れる曲である。

曲目[編集]

  1. ドント・ゴー・ニア・ザ・ウォーター - Don't Go Near the Water (Mike Love/ Al Jardine) 2:39
  2. ロング・プロミスト・ロード - Long Promised Road (Carl Wilson/ Jack Rieley) 3:30
  3. テイク・ア・ロード・オフ・ユア・フィート - Take a Load Off Your Feet (Al Jardine/ Brian Wilson/Gary Winfrey) 2:29
  4. ディズニー・ガールズ (1957) - Disney Girls (1957) (Bruce Johnston) 4:07
  5. スチューデント・デモンストレーション・タイム - Student Demonstration Time (Jerry Leiber/ Mike Stoller/Mike Love) 3:58
  6. フィール・フロウズ - Feel Flows (Carl Wilson/Jack Rieley) 4:44
  7. ルッキン・アット・トゥモロー(ア・ウェルフェア・ソング) - Looking at Tomorrow (A Welfare Song) (Al Jardine/Gary Winfrey) 1:55
  8. ア・デイ・イン・ザ・ライフ・オブ・ア・トゥリー - A Day in the Life of a Tree (Brian Wilson/Jack Rieley) 3:07
    • Features Jack Rieley on lead vocal, with Van Dyke Parks joining in at the end
  9. ティル・アイ・ダイ - Til I Die (Brian Wilson) 2:41
  10. サーフズ・アップ - Surf's Up (Brian Wilson/ Van Dyke Parks) 4:12

脚注[編集]

  1. ^ BEACH BOYS | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
  2. ^ Surf's Up - The Beach Boys : Awards : AllMusic

外部リンク[編集]