ブルース・ジョンストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・ジョンストン
Bruce Johnston 2006 Birmingham.jpg
基本情報
出生名 ベンジャミン・ボールドウィン
出生 1942年6月27日(71歳)
出身地 イリノイ州ピオリア
ジャンル ロック
担当楽器 ヴォーカル, キーボード, ベース
活動期間 1962年 - 現在
共同作業者 ザ・ビーチ・ボーイズ

{{{Influences}}}

ブルース・アーサー・ジョンストン(Bruce Arthur Johnston, 1942年6月27日 - )は、ザ・ビーチ・ボーイズのメンバーとして知られる、アメリカのミュージシャン。本名は、ベンジャミン・ボールドウィン(Benjamin Baldwin)。

来歴[編集]

イリノイ州ピオリア出身。孤児であった彼は、レクサール・ドラッグストア・チェーンの重役に養子として引き取られ、ビバリーヒルズに移り住む。

1950年代後半より、数々のマイナー・レーベルにて様々なレコード制作に携わる。1960年にはデル=ファイ・レーベルと契約、1962年に初のソロ・アルバム『サーファーズ・パジャマ・パーティ』を発表。1963年には友人となったテリー・メルチャーに誘われてコロムビア・レコードに移籍、2作目のソロ・アルバム『サーフィン・ラウンド・ザ・ワールド(サーフィン 世界をまわる)』を発表。テリーと組んでリップ・コーズのレコード制作に関わったほか、ブルース & テリーとして1966年まで意欲的にシングルを発表する。

1965年のツアーに、ブライアン・ウィルソンの代役としてビーチ・ボーイズに参加していたグレン・キャンベルバンドを離れた後に、その代わりとしてマイク・ラヴに誘われて加入した。元々はキーボードが専門でベースを弾いたことがなかった。ところが、ものの2~3週間でベースを習得した(なおギターは多少弾け、アルバム『パーティ』や80年代のライヴで演奏している)。1988年に全米No.1を獲得した『ココモ』のミュージック・ビデオにおいて、画面右の方でベースを演奏している。親指で弦を弾くブライアンと異なり、ピックで弾くのが特徴。

1968年に放映されたエド・サリヴァン・ショービーチ・ボーイズの一員として出演。隠遁生活を送っていたブライアンに代わり、キーボードを担当している。

ビーチ・ボーイズのキャピトル・レコード在籍時にはリード・ヴォーカルを取ることはなく、地味な存在だったが、ワーナー・リプリーズ移籍後初のアルバム『サンフラワー』にてヴォーカル曲「ディードリー」「ティアーズ・イン・ザ・モーニング」を発表、そのメロディの美しさと繊細なヴォーカルで、一躍注目される存在となる。

彼は1971年の『サーフズ・アップ』発表後に当時のマネージャー、ジャック・ライリーと対立し、ビーチ・ボーイズを脱退する。しかしながら、1970年代を通じてバンドの各作品にゲストとして参加し、1979年の『L.A. (ライト・アルバム)』で公式に復帰した。

ビーチ・ボーイズの1966年の傑作『ペット・サウンズ』を、当初より支持したメンバーである。彼はまた「ディズニー・ガールズ」を始めとする数々の曲を作曲している。同曲は、キャプテン & テニールと、アート・ガーファンクルによってカヴァーされた。さらに彼は、バリー・マニロウによって取り上げられた全米No.1ソング「歌の贈りもの(I Write The Songs)」で、1977年グラミー賞最優秀楽曲賞を受賞した。同年には、3作目のソロ・アルバム『Going Public』を発表している。

現在も、マイク・ラヴ率いるビーチ・ボーイズのメンバーである。また、デニス・ウィルソンに負けず劣らずのサーファーでもあり、70歳を過ぎた現在でもロングボードでサーフィンをたしなむ。

2012年4月から9月までビーチ・ボーイズのデビュー50周年リユニオン・プロジェクトに加わり、レコーディングとワールド・ツアーに参加したが、同年10月以降は再びマイクとのリユニオン前のバンドでツアーを続行している。

外部リンク[編集]